「トヨタ/レクサス レクサスLS」の記事一覧

トヨタ/レクサス レクサスLSに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

LiDARの追加による運転支援技術の性能向上とノーマルタイヤへの変更による乗り心地の向上が実現! レクサスLSを一部改良でさらに快適に

この記事をまとめると ■ノーマルタイヤへの変更によりLSの原点である静粛性と乗り心地の向上を実現 ■システム制御の改良でレーントレーシングアシスト(LTA)のセンタートレース性能を向上 ■LiDAR追加で高度運転支援技術...

続きを読む...

成功者は「緑」を身につけるという噂も! 緑色のボディが印象的なクルマ7選

この記事をまとめると ■グリーンが印象的なクルマは意外にも多い ■限定車やオーダーで頼める特別なグリーンも存在する ■成功者はグリーンを愛用しがちらしい 心が落ち着くグリーンの愛車でのんびりドライブはいかが?  心を落ち...

続きを読む...

「マッサージ機能」に「熱帯魚の飼育」まで! デートで乗ったら「女子イチコロ」の助手席をもつクルマ5台

助手席が良すぎてドライバーの好感度まであがっちゃう!?  梅雨明けして、いよいよ夏本番! 彼女と夏の思い出を作りたいなら、密を避けて猛暑でも快適な空間で移動できる、ドライブデートがいちばんですよね。女性からすると、好きな...

続きを読む...

松山英樹選手メジャー初制覇おめでとう! レクサスが限定モデル発売でお祝い

メジャー初制覇記念の限定車を各種10台限定で発売!  2011年の初出場から10年、ついに日本人として初めてマスターズを制覇してグリーンジャケットに袖を通した松山英樹選手。そんな松山選手と2014年1月から所属契約を結ん...

続きを読む...

「レクサスLS」と「トヨタMIRAI」に手放し運転が可能となる高度運転支援技術「Advanced Drive」搭載車を設定し発売

ドライバーの視認しなければ車線変更などは自動で行わない!  トヨタ自動車は、ドライバーとクルマが一心同体のようになることを感じさせる、先進の高度運転支援技術「Advanced Drive」を搭載したレクサスLS、トヨタM...

続きを読む...

盗難車ランキング上位5位は全部がトヨタ! 狙われやすい理由とは?

この記事をまとめると ■盗難にあったクルマの台数トップ5はすべてトヨタ車 ■被害に遭うクルマは海外で人気の車種が多い ■被害を最小限に抑えるために保険を見直すべき 海外からの注目が高い車種は盗難も急増している  「駐車場...

続きを読む...

新型レクサスLS発売! 洗練された内外装と進化した運動性能でフラッグシップらしさを徹底追及

内外装に磨きをかけて静粛性と乗り心地も追求  レクサスは、フラッグシップセダンであるLSの改良モデルを発表。11月19日より発売を開始した。なお、後述する最先端の高度運転支援技術「アドバンスド・ドライブ」搭載モデルは、2...

続きを読む...

新型レクサスLSが世界初公開! 静粛性と乗り心地を進化させ最先端の高度運転支援技術も搭載

最新の最先端安全装備を搭載している!  レクサスは、フラッグシップセダン「LS」の改良新型モデルを世界初公開した。日本市場への導入時期は、2020年初冬を予定している。  1989年に初代が登場し、高い静粛性と快適性を兼...

続きを読む...

【当選確実!】名機殿堂入り間違いなしの現行エンジンとその搭載車5選

エンジンの鼓動を楽しめる「現代の名機」!  電動化が進む昨今、純粋にエンジンだけで走っているクルマは確実に減っている。熱効率に優れたエンジンであっても、ハイブリッドを前提としていることも多い。  そこで現行ラインアップか.…

続きを読む...

【買うには勇気が必要!】お堅いトヨタのイメージを覆す奇抜な内装色で攻めに攻めたクルマ3選

外装色に合わせて内装の細部まで同系色にカラーチェンジした  限定車などでときどき奇抜なボディカラーをまとったクルマが登場することは少なくない。例えば先代クラウンに特別仕様車として設定された「ReBORN PINK」などは...

続きを読む...

【なぜレクサスLSだけ?】国産車メーカーが最上級セダンをラインアップしないワケ

8気筒以上のFRがフルサイズラグジュアリーの条件だった  国産ショーファードリブンといえばトヨタ・センチュリーを思い浮かべるが、センチュリーはドメスティックカーであり、グローバルマーケットで認知される国産ショーファードリ...

続きを読む...

元走り屋オヤジ御用達! スポーツカー顔負けの400馬力オーバー激速セダン5選

スカイライン400Rをはじめ、国産車でも400馬力を発揮する  日産スカイラインのマイナーチェンジで登場した新グレード「400R」は、その名の通り400馬力オーバーの3リッターV6ツインターボエンジンを搭載したことで話題...

続きを読む...

歯止めが利かないクルマのオラオラ顔化! 最近日本車のグリルが巨大化するワケ

技術的にはグリルなしでもクルマは作れる 最近クルマのグリルがとにかく巨大化している。国産車では軽からミニバンまでどんどん大きくなっているし、デザイン自体も強烈だ。一方、輸入車では一時アウディが大きくなったが、最近では全体…

続きを読む...

いずれは庶民カーにも標準化を希望! まるで夢のような超快適&超便利な高級車の装備4選

シートヒーターもかつては高級車のみの装備だった  20年前の思い出です。生まれた時から実家のクルマはメルセデス・ベンツSクラス、ほかにもお父様の趣味でポルシェやジャガーといった高級車が何かしらいつもガレージに置いてあった...

続きを読む...

デイリーランキング