「トヨタ/レクサス ヴォクシー」の記事一覧

トヨタ/レクサス ヴォクシーに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

オラオラ顔ダントツ1位のノア&ヴォクシーは圧巻のデキ! 攻めに攻めてるモデリスタの中身【東京オートサロン2022】

この記事をまとめると ■デビュー直後の新型ノア&ヴォクシー純正カスタムスタイルが登場 ■クローム加飾がきわだつノアはハデさが強調されるスタイルに ■シグネチャーイルミグリルが水平基調を強調する安定感を感じさせるスタイルに...

続きを読む...

強すぎるトヨタの国内販売! そんななかトヨタに唯一勝ったクルマとは?

この記事をまとめると ■トヨタグループで2021年に売れたクルマは、国内メーカーの売り上げの約半分を誇る ■トヨタ一強に思われるが、一部敵わない車種もある ■ただ、総じて見るとほぼトヨタ一強とも言える状況に変わりはない ...

続きを読む...

普通に買った人が怒りたくなるほどお得な特別仕様車! じつはメーカーの苦肉の策だった

この記事をまとめると ◼︎特別仕様車を用意する理由を解説 ◼︎ライバルがマイナーチェンジや新型を出すと設定されがち ◼︎特別仕様車の有無がそのクルマの人気度を示す指標になる 特別仕様車を設定するメリットとは  2021年...

続きを読む...

【価格も判明!!】1月発表の新型ノア&ヴォクシーの情報をキャッチ! スマホでの駐車にフリーストップバックドアも採用

この記事をまとめると ■次期型トヨタ・ノア&ヴォクシーの情報をキャッチ ■バリエーション及び価格リストを作成した ■室内空間やシートアレンジ、装備などについても解説する 次期型は約10万円の価格アップ  2022...

続きを読む...

同じミニバンなら広いほうがいいに決まってる! 後席まわりを「実測」して広さランキングを決めてみた

この記事をまとめると ■国産ミニバンやトール軽を寸法のプロ(!?)が徹底比較! ■軽自動車でも普通車より広い車内を持つクルマがある ■LLクラスミニバンの車内は圧巻の広さだった 車内の寸法を徹底考察! 広くて快適なクルマ...

続きを読む...

どれがおすすめ? トヨタのミニバン徹底比較

この記事をまとめると ■トヨタはミニバンのラインアップが豊富で現時点で6車種をラインアップ ■それぞれの特徴についてまとめた ■最近販売を終了した中古で買える3モデルの情報も伝える トヨタはミニバンが充実している  世界...

続きを読む...

かつてはオデッセイやウィッシュがバカ売れしたのにナゼ? 「非スライドドア」ミニバンが消えたワケ

走りに振ったミニバンが減った  日本のミニバンブームの火付け役となったのが、初代が1994年にデビューしたホンダ・オデッセイ。発売以来、大ヒットしたことは記憶に新しいが、以来、トヨタ・ウィッシュ、イプサム、ホンダ・ストリ...

続きを読む...

3女だけが売れず! 「ノアヴォク」と基本は同じも「エスクァイア」が販売不振に陥るワケ

上質感のあるデザインだが高価で選択肢が限られるのがネックに  クルマのビジネスは難しい。「どうして?」と思う売れ方をすることも多いからだ。トヨタ・アルファードとヴェルファイアの姉妹車では、かつてヴェルファイアが好調に売れ…

続きを読む...

ミニバン市場に異変! バカ売れだった「ノアヴォク・セレナ・ステップワゴン」が売れないワケ

この記事をまとめると ■ノアヴォク・セレナ・ステップワゴンが苦戦している理由を解説 ■ミニバンユーザーのダウンサイズ化が進んでいる ■残価設定ローンによるアルファードへのアップグレードも多い ミニバンクラスでもっとも売れ...

続きを読む...

自宅より車内で「仕事したくなる」のはどのミニバン? ノアヴォク・セレナ・ステップワゴンを徹底比較した

車内をオフィス化しやすい2列目席にも微妙な違いがある!  コロナ禍、在宅やリモートで仕事をすることが日常的になったとも言える昨今。そこで注目されているのが、家の中でなく、クルマの中での在宅勤務、あるいはクルマでどこかに出.…

続きを読む...

アウトドア派や車中泊派にバカウケ必至! ノア&ヴォクシーから2列シート仕様が消えたワケ

需要が想定より少なかったため2列シートモデルは消滅した  トヨタのMクラスボックス型ミニバンのベストセラーモデル、ノア&ヴォクシーの2代目モデル(2007-2014年)の大きな特長といえるのが、同クラスのライバルにない2...

続きを読む...

ミニバンの使わない3列目席の収納方法! 各車違うが「使える」のはどの方式?

大きく分けて左右ハネ上げ式と床下収納タイプの2つがある  ミニバンユーザーでも、普段は3列目席を使わず、格納してラゲッジスペースを拡大して大容量ワゴン的に使っている人もいるはずだ。ここでは、そんなミニバン、それも各自動車.…

続きを読む...

いま急増中の「車内仕事」! より快適な「オフィス環境」を実現できる国産車トップ5

アルファード&ヴェルファイアの後席は仕事しやすい環境が整う  ここ最近、コロナ禍の影響で、ステイホーム、リモートワークという新しい生活、仕事の様式が注目、というか余儀なくされている。自宅に仕事部屋があれば問題ない...

続きを読む...

高齢者が家族にいるなら絶対ミニバン! 足腰が弱くても乗り降り「楽ちん」な5台とは

開口部高が1200mm以上あると足腰に負担がかかりにくい  高齢者の両親などをドライブや通院などに連れていってあげる場合、やはり、クルマの乗り降りのしやすさがポイントになる。  高齢になると足腰が弱くなるのは当然で、80...

続きを読む...

乗り替え時の「安心度」この上なし! 「3代」or「15年」以上コンセプトが変わらないコンサバ国産車9選

派生モデルが登場するほど人気が出てきたモデルも存在!  クルマにはモデルチェンジで大きくコンセプトを変えるものがあるのと対照的に、長年キープコンセプト(正常進化)を続けているものもある。今回は3世代もしくは15年以上キー...

続きを読む...

デイリーランキング