タイヤ&ホイール選びはクルマの走りとコストに大きな影響あり

値段だけで選ぶのではなく性能を重視すべき

「オシャレは足もとから」なんて言葉を聞いたことがあるだろう。これは人間のファッションに対する表現だが、これはクルマにも当てはまる。

 もともとのクルマがもつデザインを崩さずに、スタイリングにアクセントを加えるにはホイールの交換が最適なのだ。ドレスアップの第1歩として、これだけでも高級感を増したり、スポーティな印象を強調することができる。

【関連記事】[土屋圭市ドリキン伝説]タイヤ構造のワイヤー1本の違いがわかる男


もちろん足もとが重要なのは見た目だけではない。クルマの性能にも大きく影響する。

 まずはタイヤだ。クルマは路面との摩擦を使って移動する乗りもの。クルマ側から見れば、その接点はタイヤしかない。雪道などを想像すればわかりやすいが、どんなにパワー&トルクのあるクルマでも、タイヤがグリップしなければ意味はない。

 さらにタイヤがもたらす影響は単純なグリップだけではない。ハンドルを切ったときの応答性、乗り心地、ロードノイズの大小による静粛性なども変化する。

 さらにタイヤによっては、同じように走っても摩耗度合いが違うために交換頻度に差が出たり、転がり抵抗によって燃費が変わったりと、クルマのランニングコストまで影響を及ぼす。


また、最初に述べたホイールに関しても、デザインだけではなく重さという要因がかかわってくる。クルマはバネ下重量といって、いわゆるサスペンションのバネより先に付いている、ブレーキシステムやホイール、タイヤを合計した重さが走りに影響する。主に乗り心地などに影響し、軽いほうがいいとされるのだ。つまり、クルマに関しては「オシャレと走りは足もとから」と表現できるだろう。

 たとえ「クルマをイジることに興味がない」という人だとしても、少なくともタイヤはその他のチューニングパーツなどと違い、どんな人でも摩耗すれば交換する必要があるもの。その際どんなタイヤを選ぶのかによって、同じクルマでも走りとコストに差が出ることになる。


タイヤ交換、そしてホイール選びは、単に値段だけでなく、タイヤであれば転がり抵抗性能とウェットグリップ性能を示すタイヤラベリングをチェックするなど、走るシチュエーションや自分の走りの好みにあった性能をシッカリと確認して選んでほしい。

 【詳しくはこちら】

YOKOHAMA ADVAN FLEVA V701[アドバン・フレバ・ブイナナマルイチ]
GOODYEAR EAGLE F1 ASYMMETRIC 3[イーグル エフワン アシメトリック スリー]
ZESTINO Gredge 07SERIES[グレッジ ゼロナナシリーズ]
BRIDGESTONE ECO FORME CRS171/SUVENCER AW5s[エコフォルム シーアールエス171/サヴェンサー エーダブリューゴーエス]
LOXARNY PAVONE[パヴォーネ]

画像ギャラリー