「タグ: インサイト」の記事一覧

インサイトに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

ライバルのプリウスだけが理由じゃなかった! 2代目インサイトが売れなかった3つの要因

あとから登場した3代目プリウスに顧客を奪われてしまった……  ホンダ・インサイトはトヨタ・プリウスと同様、ノーマルエンジンを用意しないハイブリッド専用車だ。初代モデルは1999年(初代プリウスの2年後)に、空力特性の優れ...

続きを読む...

ホンダも日産も「後出しジャンケン」なのに苦戦の歴史! 熾烈極まる「ハイブリッド車」開発バトル

ホンダはガソリンエンジン中心の考え方だった  世界初の量産市販ハイブリッド車(HV)として、トヨタ・プリウスは1997年に発売された。そのあと、99年にはホンダ・インサイトが発売になった。日産からも、2000年にティーノ...

続きを読む...

惜しい! 条件も素質も揃っているのに「なぜか」名車扱いされない残念な国産車3選

注目されていないが評価されてしかるべき機能を持った車種もある  毎年数多くの新型車が登場しているが、そのなかには「名車」と呼ばれ後世まで語り継がれる車種も存在する。その多くがエポックメーキングな機構を備えていたり、ずば抜…

続きを読む...

ホンダ・インサイトに新グレード「PRIME STYLE」追加! 上級モデルも専用装備を充実

上級グレードの専用装備もさらに充実  ホンダは、ハイブリッドセダンのインサイトをマイナーチェンジした。今回の改良では質感を高めた新グレードを追加したほか、専用装備などを設定するなどユーザーの選択肢を広げている。  現行イ.…

続きを読む...

【ほとんどの車種でハイブリッドが選べる時代】プリウスやアクアなど「HV専用車」に存在意義はあるのか?

多くのメーカーの販売台数でHVは半数を占める  世界中の自動車メーカーが電動化を推し進めるなか、現時点での圧倒的勝ち組は、ハイブリッドカーと言っていいだろう。その証拠に、2019年1~12月期の新車販売台数ランキングでは...

続きを読む...

1周回ってセダンが新鮮! デキる男に乗って欲しい「脱オッサン」最新セダン5選

かつて「オッサンセダン」の代名詞だったモデルも大変身  イイ男、デキる男が乗るクルマといえば、そりゃもうセダンに決まってるでしょ。という時代は高度経済成長期の終焉とともに消え去り……。今やすっかり、SUVがトレンドの時代...

続きを読む...

今後義務化される新燃費基準「WLTCモード」と従来の「JC08モード」がカタログに混在するワケ

従来から発売されている現行車もWLTCモード表記は可能  最近、新車のカタログで燃費項目を見ていると、計測モードのところに「WLTC」という文字を見つけることができる。これは『Worldwide-harmonized L...

続きを読む...

【試乗】ホンダイチ押しの「スポーツハイブリッドi-MMD」イッキ乗りで見えたパワートレインの可能性

スポーツハイブリッドは3種類を設定している  先日、報告したようにホンダが「スポーツハイブリッドi-MMD テクニカルワークショップ&エクスペリエンス」というイベントをメディア向けに開催した。イベントが開催された地は静岡...

続きを読む...

その勝敗をわけたものとは! 2018年に登場した新車の「勝ち組」「負け組」20選

勝ち組1位は本格オフローダー!  今は新型車の発売が滞っている。そこでグレード追加、2018年に試乗したプロトタイプ(試作車)なども含めて、勝ち負けを考えたい。 ■勝ち組 12位 スペーシアギア  人気の高いスペーシアを...

続きを読む...

【試乗】クロスオーバーSUVならもっと売れる!? 新型ホンダ・インサイトは走りも気持ちいいHV

ネックになるのは日本での販売価格か?  あまり認知されていないものの、3代目インサイトはホンダがホンキになって開発した「プリウスキラー」である。こう書くとクルマ好きなら初代と2代目の惨敗劇を思い出すと思う。初代は初代プリ...

続きを読む...

ホンダはレーシーなイメージで展開! 無限のシビック・タイプRに注目【東京オートサロン2019】

サーキット仕様の無限シビック・タイプRは夏頃市販予定!  2019年1月11日から13日にかけて行われる東京オートサロン2019。ホンダブースはステージ上にホンダが行うモータースポーツ活動のレーシングカーを並べ、レーシー...

続きを読む...

インサイトやR35GT-R! 地方に激レアのご当地パトカーが存在するワケ

パトカーには国費購入と県費購入のものの2種類が存在する  白黒パンダカラーといえばAE86トレノ……と思い浮かべる「頭文字D」ファンもいるかもしれないが、やはり多くのドライバーにとって白黒2トーンといえばパトロールカー(...

続きを読む...

新車当時は見向きもされず……今になってジワジワ人気上昇中のモデル3選

新車価格を上まわる価格で取り引きされる個体も  どんなにメーカーが満を持して開発した車種であろうとも、市場で人気がなければ静かに消えていく運命というのが自動車のシビアなところ。鳴り物入りで登場したにもかかわらず、販売台数…

続きを読む...

ホンダが新型インサイトを発表! 先代の面影は一切ナシ

ミドルサイズセダンに生まれ変わって登場  ホンダはハイブリッド車、新型「INSIGHT(インサイト)」を発表。2018年12月14日より発売を開始する。  初代インサイトは1999年にホンダ初のハイブリッドカーとして誕生...

続きを読む...

通ぶったつもりが混乱必至! クルマ好き泣かせの型式カブリ車3組6台

ネットオークションで買い間違えてしまうケースも  クルマ好きのなかでは当たり前のように会話に出てくるのが車両型式だ。現在発売中のトヨタのスポーツカー「86」も、もともと4代目のスプリンタートレノ/カローラレビンのツインカ...

続きを読む...

デイリーランキング