「タグ: インドネシア」の記事一覧

インドネシアに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

日本に負けじと百花繚乱! 多様化が進む「世界のタクシー」車種事情

タイやインドネシアでは圧倒的にトヨタ比率が高い  日本では日産セドリックタクシーが生産終了となり、トヨタ・クラウンセダン及びクラウンコンフォートの生産も終了し、タクシー専用車としてはトヨタのJPNタクシーが後継車種として...

続きを読む...

乗り方がわからずパニックに! 近代化するインドネシアのバスには指南役の車掌が乗車

日本では当たり前のシステムもジャカルタではまだ浸透せず  ジャカルタ市内中心部でネタを求めて歩いていると、“metro trans”と書かれた路線バスを見かけた。昨年訪れたときには見かけた記憶がなかっただけに、そのmet...

続きを読む...

ショーのメインが三菱のOEM車……インドネシアで苦戦する日産の現状

新車販売台数ではトヨタに20倍以上の差を付けられている  7月18日からインドネシアの首都ジャカルタ近郊でGIIAS2019(ガイキンド・インドネシア国際オートショー)が開催された。そのGIIAS2019会場内にある日産...

続きを読む...

タクシーと同名だと乗用車が売れない! クラウンやセドリックのようにいかないインドネシアの複雑なタクシー事情

インドネシアでもトヨタはタクシー専用車を投入する  インドネシアといっても筆者はジャカルタとその周辺以外は訪れたことはないのだが、筆者が初めて訪れた2014年によく走っていたタクシー車両は、日本で言うところの”...

続きを読む...

東京モーターショーは世界からみれば異色! クルマを売ってはいけないオートショーに未来はない

1台でも多くクルマを売るためセールスマンが大量投入される  GIIAS(ガイキンド・インドネシア国際モーターショー)2019は7月18日から行われた。18日はプレスデーおよびVIP招待日となり、一般公開初日は19日。毎度...

続きを読む...

消えゆくインドネシアの風景、近代化と三輪タクシーの減少

近代化にそぐわないため簡易な四輪が台頭  東南アジアや東アジア地域でよく目にするのが、三輪タクシー。タイでの呼び名“トゥクトゥク”が有名だが、インドネシアでは“バジャイ”と呼ばれている。インドネシアの首都ジャカルタでは昨...

続きを読む...

大渋滞時は「お金」を払うとパトカー先導で抜けられる? インドネシアのトンデモ警察事情

日本と違ってカラーリングもかなり派手なインドネシアのパトカー  日本でパトカーといえば、日本では車体を真横に見て下半分が黒で上半分が白となり、“パンダ”などと呼ばれるカラーリングを誰でも連想するはず。  ところが世界は広...

続きを読む...

カオスで不思議なインドネシアの交通手段6つ

思わず日本かと思うような「払い下げ」車両も  世界の都市のなかでも交通渋滞のひどさで有名なのがジャカルタ。そのジャカルタではいま2019年前半の開業をめざして地下鉄工事を行っているが、いまのところ市内の移動手段は車輪の数...

続きを読む...

インドネシアタクシー戦線異状アリ!? 続々ミニバンタイプが導入される背景とは

配車アプリサービスの普及と共にMPV人気が上昇  筆者が初めてインドネシアの首都ジャカルタで開催されるモーターショーの取材に行ったのは2015年。その当時はインドネシアのタクシー会社最大手“ブルーバード”のタクシー車両は...

続きを読む...

インドネシアで感動! 日本よりも愛される日本の旧車たち

単に「丈夫だから」ではなくシッカリ愛されている  いまではASEAN域内では最大ともいわれる自動車市場を形成するインドネシア。そのインドネシアの首都ジャカルタでは、かなり昔の日本車が街なかを走っているのを見かけることが意...

続きを読む...

ダイハツがインドネシアで観音開きドアのコンセプトカー2台を世界初披露!

デザインにこだわったクーペライクなセダンと6人乗りMPV  インドネシアで開催された第25回ガイキンド・インドネシア国際オートショーでワールドプレミアされた二台のダイハツ製コンセプトカー。セダンタイプがDN F-SEDA...

続きを読む...

第25回インドネシア国際オートショーに大阪オートメッセが出展!

日本車が95%を占めるインドネシアでカスタマイズ文化を広める  大阪オートメッセ(※)事務局は、インドネシアで自動車のアフターパーツやマーケットを取り仕切り、現地で偽物パーツなどを排除しているNMAA(自動車アフターパー...

続きを読む...

三菱が小型7人乗りクロスオーバー「X PANDER」を世界初公開

1.5リッターエンジンでMTとATが選択可能  東南アジアで大人気となっているパジェロ・スポーツに続けと開発され、MPVとSUVの使い勝手やエクステリアデザインを融合させた次世代クロスオーバー、X PANDERが、第25...

続きを読む...

【現地取材を敢行!】東南アジア最大級の第25回インドネシア国際オートショーが開幕

日本メーカーの新型車ラッシュ  世界4位となるインドネシアの人口は2億4千万人。そのインドネシアで東南アジア最大級の「第25回ガイキンド(インドネシア自動車製造社協会)・インドネシア国際オートショー2017(GIIAS)...

続きを読む...

デイリーランキング