「タグ: エンジンオイル」の記事一覧

エンジンオイルに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

「高い方のオイルにします?」 ディーラーで勧められる「上のクラス」のエンジンオイルを入れる意味はあるのか

メーカーが純正指定しているグレードや粘度で問題ない  エンジンオイルについての話題は、クルマ好きの好物でもあり、諸説紛紛、議論百出、いつでも話題に事欠かない。 「めんどくさいので、ディーラーで純正指定オイルに交換」と思っ.…

続きを読む...

クルマの電動化が「旧車乗り」に危機をもたらす! 消えゆく可能性のある「パーツ」とは

非エンジン車が増えると手に入りにくいパーツが出てくる可能性も  2030年にはすべての新車を電動化にするべく計画があるということで、旧車オーナーにとっては気が気でない日々が続いているかもしれない。  といっても、あくまで...

続きを読む...

GRヤリスに最適! GRモーターオイル最新作「Endurance 0W-20」発売

ワンメイクレース専用車にも最適な仕様も登場  TOYOTA GAZOO Racingは、スポーツモデルに最適な高性能エンジンオイル「GRモーターオイル」に新シリーズとなる「Endurance 0W-20」を追加設定し発売...

続きを読む...

エンジンオイルにウォッシャー液! クルマの「液体物」は「蒸発する」から定期点検が重要

バッテリー液やエンジンオイルなどは蒸発する  毎年酷暑続きだし、クルマというものは場所によっては季節を問わず高温にさらされる。そうなると気になるのが、各部に使われている油脂類を始めとする、液体モノは蒸発しないかということ…

続きを読む...

あまり乗らなくても交換って必要? クルマのオイル類は「自然に劣化」するのか

空気に触れると劣化するものも!  クルマにはいろいろなところに油脂類が使われているのはご存じのとおり。エンジンオイルやミッションオイル、ブレーキフルード。オイルではないが、冷却水というのも液類という点では、同じような扱い…

続きを読む...

イマドキのクルマのエンジンオイルは粘度だけじゃダメ! 「規格」をチェックすべき理由とは

APIやILSACはエンジンの進化に合わせて更新される規格  エンジンオイルを選ぶとき、どこに注目しているだろうか? 燃費重視で0W-20のような柔らかいオイルを選ぶという人もいれば、ハードな使い方での安心感につながるよ...

続きを読む...

「エンジンに入る量」と「缶の量」が合わない問題! 入りきらず残った「クルマのエンジンオイル」はどうする?

半年程であれば新品と同等の性能や質を維持できる  エンジンオイルの容量はクルマによってけっこうマチマチ。ところが、カー用品店で見かけるオイルは4リットル缶がレギュラーサイズ。軽自動車用に3リットル缶も売ってたりするが、種...

続きを読む...

交換時期の前に減ったクルマのエンジンオイルは継ぎ足せば問題ない?

エンジンオイルはロングライフ化が進んでいる  エンジンを保護するために必要不可欠なオイル。1分間に何千回転も高速回転を続けるだけに、その役割は非常に重要なものと言える。  そんな重要な役割を持つエンジンオイルだが、最近の...

続きを読む...

マイナス何十度にもなる場所もある日本でも「クルマのオイル」の凍結対策が不要なワケ

夏と冬でオイルを変えていた時代もある  クルマの液類、油脂類は凍結するものがある。ウォッシャー液や冷却水がよく知られているが、濃度を守らないと凍ってしまい使えなくなるだけでなく、配管の破損などが起こる可能性が出てくるため…

続きを読む...

【漏れた形跡はないのになぜ?】クルマのエンジンオイルが減る理由

エンジン内部の摩耗によってオイルが減る  エンジンオイルというのは、エンジンにとって血液のようなものと言われるほど重要。潤滑だけでなく、洗浄や冷却など、さまざまな役割がある。それだけに普段からの管理が重要なのだが、じつは…

続きを読む...

新型トヨタ・ヤリスに採用! 省燃費性能を高めた「超低粘度オイル」を発売

エンジンの始動を繰り返すハイブリッド車の燃費性能向上に貢献  トヨタ自動車は新開発のエンジンオイル「トヨタ純正モーターオイルGLV-1 0W-8」を2020年2月10日に発売した。メーカー希望小売価格(税抜き)は4L缶で...

続きを読む...

粘度の差だけじゃなかった! トランスミッションオイルとエンジンオイルの違いとは

ギヤオイルのベースには目的に合った添加剤が含まれている  最近は減ってしまったが、マニュアルミッションには専用のギヤオイルを入れる必要がある。また4WDにも使われているデフにも同じものを入れるのが基本だ。同じオイルである...

続きを読む...

性能劣化じゃ済まない! エンジンオイルを交換しないと起きることとは

最悪エンジンが再起不能に……  以前は3000kmもしくは3カ月毎という時代もあったオイル交換。最近ではオイル質やエンジンの性能向上などによって、1万2000kmもしくは1年毎というのが純正指定では増えているし、ドイツ車...

続きを読む...

エンジンオイルの交換サイクル! NA車よりターボ車のほうが短いのはなぜ?

ターボ車は5000kmもしくは6カ月ごとの交換が必要  クルマのメンテナンスの定番メニュー、エンジンオイル交換のサイクルが伸びている。NAの一般的なガソリン車なら、1万5000kmもしくは1年ごとの交換(シビアコンディシ...

続きを読む...

特別なテクニックは必要なし! 誰でもできる燃費を向上する奥の手5つ

素人でもできる方法で燃費アップは可能  クルマの燃費は、運転の仕方によってかなり変わる。あまり燃費の良くない旧世代のクルマでも、工夫次第ではカタログに記載される数字よりも良い燃費を出すことは難しくない。今回は愛車の燃費を…

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング