「タグ: カタログ燃費」の記事一覧

カタログ燃費に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

クルマは不可能と思われていた領域を達成! 「限界値」を突破したイマドキの「超高効率エンジン」と燃費の進化

この記事をまとめると ◼︎EV化の流れが来ているが、まだまだガソリンエンジンも健闘している ◼︎WLTCモードでの表示へとなったことで、数値も変化している ◼︎ル・マンなどのレース現場直系の技術がフィードバックされている...

続きを読む...

以前は「そんな燃費出ない」とクレーム多数だったクルマのカタログ表記! いまのWLTCは本当に出せる?

一部を除いてWLTCモードと実用燃費の乖離は少なくなっている  カタログに掲載される燃費の測定方法はここ20年で10・15モード、JC08モード、走行パターンごとの燃費も測定されるWLTCモードと変わっている。10・15...

続きを読む...

運転が悪い? 記載された数字はウソ? カタログ燃費と実用燃費に差があるワケ

地域差などからエアコン装備を利用せずに燃費計測されている  カタログ燃費と実用燃費とは、常に差が生じざるを得ないと思う。なぜなら、燃費性能を測る運転モードは改善が続けているが、今日もなお測定時には空調(エアコンディショナ…

続きを読む...

電動化時代になぜ? ハイブリッドが存在する車種にいまだガソリンエンジン車が設定されるワケ

最新のヤリスやフィットにもガソリンエンジン車が設定されている  電動化の時代でも、ガソリンエンジン車が新車に加えられる理由は経済性にある。国内コンパクトカーの代表的なトヨタ・ヤリスやホンダ・フィットにも、ガソリンエンジン…

続きを読む...

【現代のクルマは本当にエコなのか?】30年前といまのクルマの燃費はどれぐらい違うのかを6車種で比較! 

現在のほうが厳しい基準のモード燃費だがそれでも数値は向上  時代とともに変化していく物価。しかし労働政策研究・研修機構(JILPT)の発表によると、2015年度と1990年代後半の消費者物価指数はそこまで大きく変化してい...

続きを読む...

デイリーランキング