「タグ: キズ」の記事一覧

キズに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

レーシングドライバーが絶賛の添加剤! 「レヴィテック・パワーショット」のエンジン性能回復と寿命延長力が凄い

シリジウム粒子がエンジンのダメージを埋めつつ表面を保護!  自動車を走らせるために必要なエンジン。低燃費を追求したものから速さのために鍛え上げられたものまで、さまざまなタイプが存在する。しかし、どのエンジンも長年乗り続け…

続きを読む...

コインパーキングの跳ね上がる車止め! ボディに傷はつかないのか

この記事をまとめると ■コインパーキングにはロック板式駐車場が多い ■ロック板がボディ下面に接触するが、ボディに傷はつかないのだろうか ■三井のリパークのHPの内容も含めて解説する パーツ装着車やミニバンは注意が必要な場...

続きを読む...

クルマ好きがやりがちだが本当はNG! 円を描くようにワックスをかけてはいけないワケ

ワックスは薄く伸ばすのが基本  洗車場などでワックスをかけるときに、クルクルと円を描くように塗り込んでいる人をよく見かける。このような手法でワックスをかける人は昔からいるが、じつはこの塗り方はNGなのだ。  確かにこの塗...

続きを読む...

新車のような輝きを取り戻したい……クルマの小傷を自分でキレイに消すコツ5選

キズのタイプによって対処法が異なる  大事に乗っていても、街を走っていれば避けられないのが、ボディやバンパーなどへの小キズ。バンパーやドアミラーの擦り傷や、ドアの淵を壁などに当ててしまった傷、狭い道で垣根や木の枝などが擦…

続きを読む...

ボディへの飛び石放置はNG! 誰でもできる対処法とは

この記事をまとめると ■飛び石で塗料が剥げても白い下地が出ている場合はさび止めが活きているので緊急性はなし ■白い下地が見えていない場合は鉄板までキズが達しているのですぐに対処したい ■中性洗剤で洗っってタッチペンのイン...

続きを読む...

自分で直せるクルマの小キズと直せないキズの「見分け方」と「直し方」

まずはキズの度合いを爪でチェック  クルマは走るもの。走る以上は避けられないのがキズだ。大きなキズやヘコミは、気にしていれば防げないことはないが、細かいキズは気をつけてもなかなか難しく、知らない間に増えていくばかりだ。こ…

続きを読む...

【意外と知らない】クルマの内装の傷の直し方とは?

超極細のコンパウンドか保護つや出し剤で小さいキズは直せる  車内には土足で乗るし、さまざまな形状の荷物を積むこともあるだけに、内装にキズが付くことは珍しくない。そのままにするのもなんともみっともない感じなのだが、なんとか…

続きを読む...

【今さら聞けない】クルマのドアノブまわりに付く小傷の対策とは

保護シートもあるがコンパウンドで簡単に消せる 新車の頃はパリッとしていたのに、次第にボディの印象がぼやけて見えるようになってくる理由のひとつが、塗装面のキズだ。それも付けばすぐに気がつく大きなキズではなく、気がつくと付い…

続きを読む...

デイリーランキング