「タグ: コスト」の記事一覧

コストに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

お金はないがクルマは欲しい! 「激安」の中古車は総額いくらあれば乗れるのか?

車検や車庫証明などの費用は車両本体価格には含まれない  今まで乗っていた愛車が突然故障してしまったとか、急な転勤などでクルマが必要になったとか、急ぎでクルマが欲しいというシチュエーション。しかし、潤沢な予算がない場合は当…

続きを読む...

メリットよりもデメリットが目立つ! いま脱「アイドリングストップ」の流れが加速するワケ

メンテナンスなどユーザーの費用負担は非搭載車よりも大きい  以前からなにかと話題に上ることが多かった、アイドリングストップ。話題といっても、いい内容は少なくて、ネガなことが中心なだけに「微妙な装備」として語られ、その点は…

続きを読む...

買い替えのタイミングは? 実用車は「どこまで乗る」のがお得か

10万キロを過ぎると徐々に劣化が進み交換が必要になってくる  クルマ好きにとって愛車は自分を彩る大切な存在であることは言うまでもないが、その一方で実用的な移動のアシという側面も持ち合わせている。そのため、なかには趣味車の...

続きを読む...

そこまで速度の出ないクルマに210km/hのタイヤを装着! なぜ純正で「オーバースペック」のタイヤを履くのか?

高性能化するほど量産効果が低くなり価格も高騰していく  クルマ好きならば、タイヤのサイドウォールに表記されている数字の意味を知っている方も多いはずだ。タイヤの種類によって表記方法は違うが、一般的なラジアルタイヤでは次のよ…

続きを読む...

自宅か? 洗車機か? プロに任せるか? 洗車の費用とメリットを徹底比較

スタンドのセルフ洗車を利用するとかかる費用は倍に!  クルマの一番身近なメンテナンス、洗車。まめな人は週に一度は洗車するかもしれないし、ズボラな人は年に数回という人も! 汚れたら洗車するというのが基本だとして、ざっと月に…

続きを読む...

軽自動車はターボかNAか? ホンダN-BOXに5年乗る費用を比べてわかった「意外」な結果!

日本で一番売れているホンダN-BOXを一例に比較してみた  スーパーハイトワゴンやハイトワゴンといった軽自動車を買う際、「安価なNAにするか、ちょっと高いターボにするのか」というのはなかなか難しいテーマである。ここでは新...

続きを読む...

コスト削減に繋がることも! 自動車メーカーが「別グルマ」かのようなビッグマイナーチェンジを行う複雑な事情

売れているからこそコストをかけてマイナーチェンジができる  年次改良、商品改良……呼び方はいろいろあるが、多くの量産車は1~2年に1回程度のペースでマイナーチェンジを繰り返している。なかでもバンパー形状をまるっきり変えて...

続きを読む...

「HID」より暗いのになぜ? いまクルマのヘッドライトに「LED」が積極採用されるワケ

HIDはLEDより約1.5倍も明るい!  90年代半ばから、圧倒的な明るさを武器に、多くのクルマのヘッドライトに採用されてきたHID。ところが最近、10年ほど前に登場したLEDが普及するにしたがって、ヘッドライトの主役か...

続きを読む...

欧州は脱ディーゼルが顕著! それでも日本はディーゼル車ファンが消えないワケ

ディーゼル車の高い車両価格は免税でカバーできる  日本では未だに高い注目度を集めるディーゼルエンジン搭載車。一方、欧州ではすでにディーゼルエンジンから電気自動車(EV)へのシフトが着々と進みつつあり、脱ディーゼルへ歩みを...

続きを読む...

充電器設置代などの全コストを含めて比較! 電気自動車とガソリン車ホントにお得なのはどっち?

3年乗ればEVの充電器設置代が取り戻せる!  電気自動車(EV)用に、自宅に200ボルト(V)の普通充電器を設置する際の費用は、約10万円というのが相場だ。もちろん、知り合いの電気技師に頼んで、より安くできた例があるし、...

続きを読む...

軽自動車にディーゼルエンジン搭載車がない理由とは?

重量とコストを考えると軽自動車のメリットを損なう  軽自動車規格の変遷において、ディーゼルエンジンではいけないという記載はない。だが、直噴ターボディーゼルが誕生するまでのディーゼルエンジンは、大排気量で、低回転で大きな力…

続きを読む...

ハイブリッド車はガソリン代が安いからお得という大いなる勘違い

同じ車種のエンジン車との価格差はガソリン代ではペイできない  同じモデルで、ガソリンエンジンとハイブリッド・パワートレインが設定されているとき、「ハイブリッド車を選べば価格差をガソリン代でペイできる」と考えてクルマを選ぶ…

続きを読む...

アルミホイール全盛時代でも鉄ホイール+カバーが消えない理由とは?

日本は材料としてのアルミが高く今なお鉄ホイール+カバーのほうが安い  スポーツカーですらスチール&ホイールキャップのグレードも多かったりして、その昔はアルミホイールなんていうのは高嶺の花。  ドレスアップ&...

続きを読む...

デイリーランキング