「タグ: フルモデルチェンジ」の記事一覧

フルモデルチェンジに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

ホンダ・ヴェゼルがまもなくフルモデルチェンジ! 先行情報を特設ホームページにて公開

洗練されたスタイリングを予感させるシルエット!  ホンダは、人気のコンパクトSUV「ヴェゼル」の新型モデルに関する先行情報を、ホームページにて公開した。デザインの世界初公開となるワールドプレミアイベントは、2月18日(木...

続きを読む...

見た目! 使い勝手! 運転のしやすさ! 三拍子揃った「女性にオススメ」2020年登場の最新車7台

人気の小型のクロスオーバーSUVも選択肢は多数!  世の中が一変してしまった2020年でしたが、そんな苦難にも負けず、新型車の登場に関しては1989年以来のヴィンテージイヤーと言われた1年でもありました。メーカーの看板車...

続きを読む...

三菱デリカD:2がフルモデルチェンジ! 荷室空間の拡大と安全装備の充実で魅力アップ

荷室空間をアップし機能も充実!  三菱自動車は、コンパクトミニバン「デリカD:2」をフルモデルチェンジ。12月24日より販売を開始した。メーカー希望小売価格(税込み)は、188万3200円〜239万9100円。  デリカ...

続きを読む...

三菱アウトランダーが2021年2月にフルモデルチェンジ! デザインの一部を先行公開

よりアグレッシブなスタイリングを採用!  三菱自動車は、人気クロスオーバーSUV「アウトランダー」を2021年2月にフルモデルチェンジすると発表した。アメリカ、カナダ、プエルトリコなどグローバルに順次投入されていく。  ...

続きを読む...

トヨタ「MIRAI」がフルモデルチェンジ! FCVらしい走りの楽しさを実現

環境性能だけでなく走る楽しさや快適性を追求  2020年12月9日(水)、トヨタはFCV(燃料電池車)、「MIRAI(ミライ)」をフルモデルチェンジし、発売を開始した。  FCVは水素を燃料とし、ゼロエミッションでありな...

続きを読む...

スズキ・ソリオがフルモデルチェンジ! ボディサイズ拡大で広々室内空間を確保し乗り心地や静粛性も向上

先代に採用されていたストロングハイブリッドは採用されず  スズキのAセグメント背高ワゴン「ソリオ」が5年ぶりにフルモデルチェンジ。2000年デビューのワゴンRソリオから数えて4代目となる新型が12月4日に発売される。  ...

続きを読む...

日産ノートがフルモデルチェンジ! パワートレインはe-POWERのみでアリア譲りの先進的スタイルに大変身

プロパイロットがナビ連動になるなど先進安全装備も充実!  日本向けの日産車ではデイズ、セレナに並ぶ人気のコンパクトカー、ノートが8年ぶりに世代交代。3代目となった新型は、ひと目見た瞬間「なんだこれは!?」と目が点になる驚...

続きを読む...

成功か失敗か? フルモデルチェンジで「コンセプト」を「激変」した国産車6選

時代によってコンセプトが左右されたモデルも存在!  クルマは継続されればフルモデルチェンジを重ねる商品である。そのため、フルモデルチェンジされてもコンセプト(開発思想)やターゲットユーザーが変わらないものと、対照的にフル…

続きを読む...

「廃止はムリ」「フルモデルチェンジも不可能」! 10年経ったいまMCをする「エルグランド」の苦しい事情

「10年後のマイナーチェンジ」は縁起が悪い!?  ミニバンは今でも国内の売れ筋カテゴリーで、新車として売られるクルマの15%前後を占める。そのなかでも日産エルグランドは、Lサイズミニバンの代表として知名度が高い。  しか...

続きを読む...

レーシングドライバーも驚愕! ホンダ・フィットに「隠された」外から見えない「スゴ技」とは

フィットの進化にエンジニアの努力のあとが見受けられる  エクステリアデザインやインテリアなど、クルマを印象づける特徴は「目に見える」部分であることが多い。かっこいいフロントマスクや流麗なルーフライン、オーバーフェンダーや…

続きを読む...

ホンダN-ONEがまもなくフルモデルチェンジ! 先行情報をホームページにて公開

FFターボ+6速MTで軽快な走りを楽しめるグレードも!  ホンダは、まもなくフルモデルチェンジとなる軽自動車「N-ONE」に関する先行情報を、公式ウェブサイトにて公開した。  N-ONEは2012年にNシリーズの派生モデ...

続きを読む...

売れなくても「ヤメちゃダメ」! まもなく消える可能性大&すでに消えた「本当は大切な」国産車5台

車種構成の見直しによって廃止される車種の条件がある  今の自動車メーカーは、電動化を含めた環境性能の向上、安全装備や自動運転技術の開発などに取り組む。その一方で商品の売れ行きは伸び悩み、国内と海外の両方で、生産規模の縮小…

続きを読む...

絶えない「絶版」の噂! 現行モデル限りでひっそり消える可能性の高い国産車5選

トヨタはモデル数が多いため別のモデルに吸収される可能性も  最近ホンダのグレイスとシビックセダン、ジェイドが近々生産終了となることが明らかになった。日本車のラインアップを見ると販売台数や登場時期などから「そろそろなくなる.…

続きを読む...

【既存オーナーには悲報!】フルモデルチェンジじゃないのに走りや見た目が激変したクルマ4選

安全性を高めたり、キャラクターを進化させた  クルマは何年かのタイミングでフルモデルチェンジを行うだけでなく、シリーズの途中でもマイナーチェンジと呼ばれる改良を行うことがある。それは市場のニーズだったり、新車開発時に織り…

続きを読む...

スズキから新型ハスラーが登場! パワートレインは「先代とは別物」といえるほど進化

内外装はよりタフで機能的に!  東京モーターショー2019で「ハスラーコンセプト」として、一般来場者も車内に乗り込める形で出品され大きな注目を集めていた、スズキの新型2代目「ハスラー」が、クリスマスイブの2019年12月...

続きを読む...

1 / 3123

デイリーランキング