「タグ: ベトナム」の記事一覧

ベトナムに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

日本に負けじと百花繚乱! 多様化が進む「世界のタクシー」車種事情

タイやインドネシアでは圧倒的にトヨタ比率が高い  日本では日産セドリックタクシーが生産終了となり、トヨタ・クラウンセダン及びクラウンコンフォートの生産も終了し、タクシー専用車としてはトヨタのJPNタクシーが後継車種として...

続きを読む...

韓国車が圧倒していたベトナムの自動車市場に変化! 発展途上の覇権争いの行方は?

中国車や日本車などが着実に力を付けている  ベトナムにおいては、韓国系企業がいち早くベトナム市場でのビジネスを積極化させ、その存在感を高めていると筆者は聞いていた。そしていざベトナムに降り立つと、道路を走る乗用車は確かに…

続きを読む...

毎日が命がけでの道路横断! 信号もなければ歩行者優先もないベトナムの道路事情

日本での当たり前にありがたみを感じる結果に  ホーチミン市はベトナム南部最大の都市。かつてはフランス統治下であったので、街は“1区、2区”とパリのように区分されており、フランスを思わせるような建物も市内では見ることができ...

続きを読む...

ベトナムでは約2000万円! それでもトヨタ・アルファードが大人気のワケ

アジアに富裕層は押し出しの強い顔に魅了される  中国、タイ、インドネシアなどのアジア地域を訪問する機会の多い筆者。それらの国の主要都市を訪れると、決まったかのようにアルファードが日本並みかそれ以上の頻度で街なかを走ってい…

続きを読む...

クルマのディーラーステッカーに電話番号! ベトナムのちょっと変わったステッカー事情

日本のステッカーをまねて発展させた可能性大  日本では一般的に新車を購入すると、リヤバンパーやリヤバンパー真上、またはリヤウインドウに、購入したディーラーの名前の入ったステッカーが貼られてくる。  なかには「そんなステッ.…

続きを読む...

四輪への関心度が低いベトナムのモーターショーでは有名芸能人が歌い踊る!

国民のショーへの注目を集める施策か  2018年10月24日より、ベトナム南部のホーチミン市で“ベトナム・モーターショー2018”が開催された。もともと、VIMA(ベトナム自動車工業会)とVIVA(ベトナム輸入事業者組合...

続きを読む...

バイクが歩道を爆走! 歩行者お構いなしのカオスなベトナム交通事情

長距離を歩く習慣がないベトナムはバイクが生活の中心  ベトナムにおける2017年の四輪新車販売台数は約27万台となる一方で、二輪車は約327万台と、まさに“桁違い”にオートバイが売れ、そして街なかを数多く走り回っているの...

続きを読む...

デイリーランキング