「タグ: モデルチェンジ」の記事一覧

モデルチェンジに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

歴代すべてが成功! ついに4代目が登場するミニバンの金字塔ノア&ヴォクシーをまるっと振り返り

この記事をまとめると ■商用車「タウンエース」をベースとしたミニバンとして「タウンエースノア」が生まれた ■初代モデルは20年も前のクルマになるが、今でも古臭さはあまり感じない ■2022年1月に登場したモデルで4代目と...

続きを読む...

手放し運転も可能! 自動駐車もある! ここまでやるかの新型ノア&ヴォクシーの進化に圧倒される【新型ノアヴォク詳細リポート#02】

この記事をまとめると ■新型ノア&ヴォクシーのミニバンならではの機能性や快適性、利便性について解説する ■2列目キャプテンシートがストレートなロングスライドを実現した ■最新のトヨタチームメイトのアドバンストドライブの使...

続きを読む...

「ヘイ! トヨタで窓の開閉も可能」「ハイブリッドも新システム」オラ顔だけじゃないノア&ヴォクシーは目玉機能だらけだった【新型ノアヴォク詳細リポート#01】

この記事をまとめると ■Mクラスミニバンのノア&ヴォクシーが4代目にモデルチェンジした ■プラットフォームの刷新により走行性能・快適性が大幅にアップしている ■先代モデルの唯一の弱点であった運転支援機能に関しても最新世代...

続きを読む...

シリーズ初となる3列シートの7人乗りも設定! 新型レンジローバーの発売を開始

この記事をまとめると ■第5世代となる新型レンジローバーの日本導入が発表された ■シリーズ初となる3列シート7人乗りやPHEVを設定 ■特別仕様車「SVローンチエディション」も限定60台発売 第5世代に進化した新型レンジ...

続きを読む...

伝統の水平対向4気筒を搭載した待望の新型登場! スバルWRX S4の日本仕様を発表

この記事をまとめると ■新型スバルWRX S4の日本仕様が発表された ■アグレッシブなエクステリアに2.4リッター直噴ターボ“DIT”エンジンを搭載 ■4グレードを設定し、価格は400万4000〜477万4000円 アグ...

続きを読む...

時代に合わせて「脱皮」したつもりが残念な結果に! イメチェンしすぎて売れなくなった悲運のクルマ4選

この記事をまとめると ◼︎メーカーを盛り上げた1台もモデルチェンジで失敗してしまった例を紹介 ◼︎失敗どころかそれにより生産を終えた車種も ◼︎日本ではイマイチとなっても世界ではヒットしてる場合もある 革新が良かれと思...

続きを読む...

普通のクルマは4~6年でモデルチェンジなのに10年以上もザラ! スポーツカーが長寿にならざるを得ないワケ

この記事をまとめると ■スポーツカーはモデルライフが長いことが多い ■その理由のひとつに人気が長続きすることがある ■自動車メーカーの技術力やブランド力を象徴する存在であるということも大きい デビューから14年たった日産...

続きを読む...

ロゴを一新し新モデルも導入! イタリアの名門プレミアムブランド「マセラティ」が2022年モデルを発表

この記事をまとめると ■マセラティがMY22モデルを発表 ■ロゴやグレードの整理を実施 ■一部車種にハイブリッドモデルを追加 新グレードやハイブリッドを追加!  イタリアの名門ブランド「マセラティ」は、スポーツカーやセダ...

続きを読む...

クルマの評価で語られる「質感」ってそもそも何?

この記事をまとめると ■質感という言葉は手触りや見た目の高級感を指していることが多い ■数値化・定量化し難い「人の感覚」で判断される主観的な領域の商品性が「質感」だ ■質感が高いかそうでないかではなく感性にあった質感のモ...

続きを読む...

三菱アウトランダーPHEVの室内はどう進化した? 新旧を実測して「居住性」と「積載性」を徹底比較!

この記事をまとめると ■新型アウトランダーPHEVは全長15mm、全幅60mm、全高35mm拡大した ■前後席ともに上質感や車内のゆとりでは新型が旧型を圧倒 ■収納力はほぼ同等ながらも新型では荷室の床下収納がなくなった ...

続きを読む...

23インチホールなどを装備して日本向けに先行販売される特別な1台! 新型レンジローバーに限定車「ローンチエディション」登場

この記事をまとめると ■新型レンジローバーに日本向け先行販売モデル「ローンチエディション」を用意 ■23インチアロイホイールや24ウェイ電動フロントシートなどの高級感を高める装備を採用 ■12月19日までの期間限定受注で...

続きを読む...

GT-RもデリカD:5も「10年以上」フルモデルチェンジなし! 超長寿クルマが誕生する3つの理由

この記事をまとめると ◼︎GT-RやデリカD:5のように、長く売られているクルマには3つの理由がある ◼︎メーカーの象徴的モデルでもあるので、安易に生産を打ちきれない ◼︎大量に売れないモデルに限っては、コストを考えると...

続きを読む...

ドッチが新型? 先代「そっくり」のモデルチェンジを行う理由と「知られざる」メリットとは

ニューモデルのはずだが、素人どころかプロにも差がわからない!  新型車の登場、フルモデルチェンジは、先代オーナーはもちろん、クルマに興味がある人にとって、大きな関心事。しかし、劇的に変わるクルマもあれば、パッと見、先代と…

続きを読む...

ハッキリ「進化」したのにファンはNO! 伝統を捨てたモデルチェンジで「苦渋を舐めた」クルマ4選

個性を突き詰めたクルマたちは変化を嫌う?  伝統的なモデルになるほど、過去の成功に縛られるというか、ファンが保守的であることを望む傾向にある。しかし、それでは進化するライバルの遅れを取り、パフォーマンスの面でブランド力を…

続きを読む...

10年分の進化が凄すぎる! ジープのフラッグシップ「グランドチェロキー」がフルモデルチェンジ!

フルモデルチェンジによって名称も変更へ!  アメリカ生まれのクロカンキング「ジープ」の、日本におけるラインアップで最上位に位置するグランドチェロキーが10年ぶりのフルモデルチェンジを敢行した。これにより名称が「グランドチ...

続きを読む...

デイリーランキング