月販わずか130台ってアルヴェルの2%だぞ! このご時世にハイブリッドもなし! それでも日産エルグランドが新型を出さずに売り続けられるワケ (1/2ページ)

この記事をまとめると

■日産エルグランドはすでに約14年間フルモデルチェンジせずに販売が続けられている

■エルグランドは高額車なため少台数であっても販売されると売り上げがプラスになる

■いまエルグランドを終売にすると顧客を繋ぎ止めておくことができなくなる

14年間フルモデルチェンジされていないエルグランド

 各メーカーのホームページに掲載される「カーラインアップ」を見ると「あのクルマ、まだ売っていたの?」と意外に思うことがある。そのひとつが日産エルグランドだ。Lサイズミニバンだが、現行型の発売は2010年に遡り、約14年間にわたってフルモデルチェンジされていない。

 そのために売れ行きも下がり、2024年1〜4月の1カ月平均登録台数は約130台だ。同じ日産が扱うミドルサイズミニバンのセレナ、あるいはライバル車のトヨタ・アルファードに比べると約2%に留まる。

 発売から長期間が経過しても、ほかの車種とは違う強いセールスポイントがあったり、綿密な改良を受けていれば堅調な販売を保つことも可能だ。たとえば三菱デリカD:5は、2007年の発売だからエルグランドよりも古く17年を経過する。それでも2024年1〜4月の1カ月平均登録台数は約1600台だ。三菱の販売店舗数は全国に約550か所で、日産の3分の1以下と少ないことも考えると、デリカD:5は設計が古い割に堅調に売れている。

 その理由は、デリカD:5には、ほかのミニバンでは得られない強い魅力があるからだ。SUV並みの悪路走破力、SUVに匹敵する存在感の強いボディスタイル、ミニバンでは少数派になるクリーンディーゼルターボエンジン、全長が4800mm以下のミニバンではもっとも広い3列目シートなどがそれに該当する。

 しかもデリカD:5は、2019年にフロントマスクなどの外観、ディーゼルエンジンの動力性能、走行安定性、乗り心地、安全装備、運転支援機能などを刷新するフルモデルチェンジ並みの改良を実施した。これらの相乗効果により、デリカD:5はいまでも堅調な売れ行きを保っている。


渡辺陽一郎 WATANABE YOICHIRO

カーライフ・ジャーナリスト/2023-2024日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員

愛車
フォルクスワーゲン・ポロ(2010年式)
趣味
13歳まで住んでいた関内駅近くの4階建てアパートでロケが行われた映画を集めること(夜霧よ今夜も有難う、霧笛が俺を呼んでいるなど)
好きな有名人
-

新着情報