「タグ: ラインアップ」の記事一覧

ラインアップに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

怒濤のCX-○○を大量投入でFRもラインアップ! マツダがここにきて「SUV攻勢」を強化する理由とは

この記事をまとめると ■マツダが2022年以降にクロスオーバーSUVを拡充すると発表 ■搭載される駆動方式にFRが加わる ■日本には2車種加わる予定 怒涛の「CX-◯◯」シリーズの展開! 本当の狙いとは?  マツダのライ...

続きを読む...

日産の歴代軽自動車をご紹介! デイズとルークスの違いについても解説

軽トールワゴンのデイズと軽スーパーハイトワゴンのルークス  従来、他社からのOEMで軽自動車をラインナップしていた日産。近年は三菱と共同で立ち上げたNMKVで開発した軽自動車を展開しています。  現在ラインアップされてい...

続きを読む...

トヨタのSUVラインアップをご紹介! あなたにピッタリのモデルは?

この記事をまとめると ■いま自動車市場ではSUVの人気が高い ■トヨタは現在6種類のSUVをラインアップしている ■それぞれの特徴について解説する ■トヨタは6種類のSUVをラインアップ!  いま流行のSUV。日本におい...

続きを読む...

BMWのSUVラインアップ一覧! 各モデルの特徴や価格について徹底解説

日本での販売台数を支える屋台骨としての役割を担うSUV ■SUVシリーズが日本での販売を牽引  2020年の販売台数こそ前年比マイナスとなりましたが、近年、好調な輸入車販売台数を維持するBMW。その原動力となっているのが...

続きを読む...

ダイハツのOEMで軽自動車を販売するトヨタ! なのに「タント」や「ムーヴ」など売れ筋モデルが「存在しない」ワケ

この記事をまとめると ■トヨタはオリジナルの軽自動車を製造せずダイハツからのOEM供給 ■そのラインアップには売れ筋のタントやムーヴなどが入っていない ■トヨタにとって軽自動車は本気で取り組む必要のないジャンル トヨタブ...

続きを読む...

メルセデス・ベンツのSUVのラインアップをおさらい

この記事をまとめると ■現在メルセデス・ベンツはSUVのラインアップを拡充している ■SUVには電気自動車も登場した ■どんな人にどのモデルがオススメかという選び方を指南している ■いまや巨大ファミリーを形成! 気がつけ...

続きを読む...

MZRacingが展開するマツダ100周年記念グッズに最新のiPhone12シリーズ用ケースを追加設定

使い込むほどに味が出てくるオシャレなアイテム!  マツダ車のモータースポーツ活動などを応援し情報発信するMZRacing。これまでマツダ100周年を記念したオリジナルグッズを多数発売してきたが、最新作として話題のスマート...

続きを読む...

SUVブームなのに徐々に「減少」! 本格オフロード4WD車に立ちはだかる「壁」とは

ジムニーはイギリスで販売中止に  世界的にSUVがブームとなっている。いかにも悪路走破性が期待できるロードクリアランスの大きなモデルを“街なか”で見かけることは日常だ。とはいえ、SUVのなかには2WDのモデルも少なくない...

続きを読む...

アナウンスもないけど買えないの? 最近ひっそり消えていった悲しいクルマ8選

クルマの品質としては高かったが人気が出なかった悲しいモデルも  誕生するクルマがあれば、消えゆくクルマもある。EJ20エンジンを搭載したスバルWRX STIはファイナルエディションという限定車を最後に発売し、倍率23倍強...

続きを読む...

マツダMX-30は「マイルドハイブリッド」から登場! 「EV」への消極姿勢は未来への「黄色信号」か

マイルドHV投入は仕向地で最適なパワートレインを検討した結果  マツダは、昨年の東京モーターショーで公開したMX-30の、マイルドハイブリッド車(MHV)を日本で発売すると発表した。MX-30は電気自動車(EV)として開...

続きを読む...

レヴォーグの孤軍奮闘状態! ヨーロッパじゃ人気なのに日本で「ステーションワゴン」が「衰退」するワケ

日本市場ではもはや風前の灯ともいえるほど縮小傾向  日本にステーションワゴン・ブームを巻き起こしたモデルといえば、なにを思い浮かべるだろうか。1980年代までのワゴンは、「ライトバン」と呼ばれた商用車をベースに乗用仕立て...

続きを読む...

いまやRC Fのみ! なぜレクサスは「AMG」や「M」のように「F」を広く展開しないのか

5リッターV8エンジン搭載という縛りがあった  レクサスのラインアップにおいて“F”というアルファベットは特別な意味を持っている。もともとは2007年にIS Fという特別なモデルの登場時に使われたもので、当時は「富士スピ...

続きを読む...

マークXにエスティマにキューブも消滅! いまトヨタや日産が車種整理を行うワケ

少子高齢化で縮小する日本市場の変化に対応している  世界的な環境対応だけではなく、トヨタが販売網の再編を進めるなど、日本の自動車業界は大きな変革期となっている。とくに2019年は、ビッグネームのモデルが続々とディスコンと...

続きを読む...

【意外と知らない】なぜメーカーはOEM車を販売するのか?

開発費用をかけずにラインアップを充実させる  自動車業界ではよく行われているOEM供給というものがある。これは他メーカーが生産している車両を少々手直しして自社ブランドで売ることで、バッジエンジニアリングなどとも呼ばれてい...

続きを読む...

デイリーランキング