メルセデス・ベンツのSUVのラインアップをおさらい (1/2ページ)

メルセデス・ベンツのSUVのラインアップをおさらい

この記事をまとめると

■現在メルセデス・ベンツはSUVのラインアップを拡充している

■SUVには電気自動車も登場した

■どんな人にどのモデルがオススメかという選び方を指南している

■いまや巨大ファミリーを形成! 気がつけばSUV帝国に

 アラフィフの筆者にとって、メルセデス・ベンツといえばC、E、SクラスのセダンとオフローダーのGクラス、といったラインナップをひと昔前はイメージしていました。

 しかし、気がつけばラインアップがどんどん拡大、いまやセダンとともにSUVは数多くのラインアップを誇るほどに。

 そんなSUVラインアップについて深堀りしていきましょう。

■メルセデス・ベンツのSUVラインアップを紹介

 多彩なバリエーションを誇るメルセデス・ベンツの車種バリエーションのなかでも、SUVは数多くのラインアップが用意されています。

 それらをシリーズごとに紹介していきましょう。

・メルセデス・ベンツGLA

【関連記事】F1から市販車までメルセデスと共に見かける「AMG」って何?

メルセデス・ベンツGLAのフロント画像はこちら

 国内導入年:2020年 車両本体価格:508.0〜900万円

 全長:4415mm 全幅:1835mm 全高:1620mm

 クーペライクなスタイルと(メルセデス・ベンツにしては)リーズナブルな価格で人気を集めた初代の後を受け、2020年に国内導入されたのが2代目となる現行GLA。

 末尾に“A”が付く車名からわかるように、GLBとともにFFレイアウトを採用するSUVラインアップのエントリーモデルを担う一台です。

メルセデス・ベンツGLAのリヤ画像はこちら

 ただ、後ほど説明するGLBが機能性を重視したボクシースタイルを採用したことに対して、GLAは都会的でスタイリッシュなデザインを身にまとうことで、差別化を図りました。

 パワーユニットは最高出力150馬力を発揮する2リッター直4ディーゼルエンジン、ならびにハイパフォーマンス仕様「AMG GLA35」「AMG GLA45 S」に用意される2タイプの2リッター直4ガソリンエンジンをラインアップ。AMG GLA35の最高出力は306馬力、AMG GLA45 Sは421馬力を発揮します。

・メルセデス・ベンツGLB

メルセデス・ベンツGLBのフロント画像はこちら

 国内導入年:2020年 車両本体価格:518.0〜737.0万円

 全長:4640mm 全幅:1835mm 全高:1700mm

「使い勝手の良いコンパクトなボディ」、「3列シート」、「メルセデスなのにリーズナブル」と、とくにファミリーユースからの購買欲をそそる3つの神器(?)を揃えた初代からフルモデルチェンジ。2020年に国内デビューしたのが2代目GLBです。

 GLA同様、FFレイアウトを採用。実用性が高いにもかかわらず国内の道路環境でも持て余すことがないサイズが人気の理由です。

メルセデス・ベンツGLBのリヤ画像はこちら

 スクエアなデザインを採用したことで室内スペースも余裕があり、3列目シートは床下に格納することができるなどユーティリティ性は抜群。

 用意されるパワーユニットはGLAにも搭載される2リッター直4ディーゼルと最高出力306psを発揮する2リッター直4ガソリンの2種類。ともに8速ATが組み合わされます。

・メルセデス・ベンツGLC

メルセデス・ベンツGLCのフロント画像はこちら

 国内導入年:2016年 車両本体価格:708.0〜1526.0万円

 全長:4670mm 全幅:1890mm 全高:1645mm

 メルセデス・ベンツの中軸モデルといえばCクラス。同様に、多彩なパワーユニットやグレードを用意しSUVシリーズのコアモデルとなるべく登場したのがGLCです。

 2008年から販売されていたSUVモデルGLKの後継モデルとしてデビューしました。

メルセデス・ベンツGLCのサイド画像はこちら

 近年、車種別のグレードを絞っているメルセデス・ベンツのなかでは、パワーユニットが5種類用意されているのが特徴です。

 そのパワーユニットとは2リッター直4ディーゼル、2リッター直4ガソリン、2リッター直4+モーター、3リッターV6ガソリン、4リッターV8ガソリン。エントリーモデルからハイパフォーマンス仕様のAMGまでユーザーのニーズに合わせてグレードを選択できることからも、SUVシリーズの中核モデルと位置づけられているのがわかりますよね。

メルセデス・ベンツGLCのエンジン画像はこちら

 また、550Lの荷室容量を備えているなど、高い実用性と使い勝手の良さにも定評があります。

 なお、メルセデス・ベンツ的にはSUVではなくクーペとして区分されているGLCクーペもラインナップされています。

メルセデス・ベンツGLCクーペ01画像はこちら

・メルセデス・ベンツGLE

メルセデス・ベンツGLEのフロント画像はこちら

 国内導入年:2019年 車両本体価格:964.0〜1958.0万円

 全長:4955mm 全幅:2020mm 全高:1785mm

 GLEとは、GLCとGLSの間に位置するミドルクラスSUV。現行モデルは、ハリアーなどをきかっけにブームとなったラグジュアリーSUVとして1997年に登場し、3代目(モデル途中でGLEへ車名変更)まで販売されたMクラスの後継モデルになります。

メルセデス・ベンツGLEのリヤ画像はこちら

 パワーユニットは2リッター直4ディーゼルや3リッター直6ガソリンなどが用意されますが、注目はISGと名付けられたマイルドハイブリッド。燃費性能と加速、エンジンフィールの向上を可能とするシステムで、GLEには幅広いグレードに採用されています。

 また、GLC同様、全高を抑えスポーティーな外観を身にまとうGLEクーペも用意されています。

メルセデス・ベンツGLEクーペ画像はこちら

・メルセデス・ベンツGLS

メルセデス・ベンツGLSのフロント画像はこちら

 国内導入年:2020年 車両本体価格:1277.0〜2183.0万円

 全長:5245mm 全幅:2030mm 全高:1840mm

 数多くの車種をラインアップするメルセデス・ベンツのSUVシリースにおいて、旗艦となるのがGLS。

 2006年にデビューしたGLを源流に、途中で車名がGLSになった2代目を経て現行モデルは3世代目のモデルとなります。

メルセデス・ベンツGLSのリヤ画像はこちら

 インテリアはフラッグシップSUVとして恥じない質感の高さを当然のように備えていますが、2枚の液晶パネルで構成されたインパネなど新しさも兼ね備えていることにも注目。

 また、シートは7人乗りの3列シートを備えています。

 パワーユニットは最高出力330馬力の3リッター直6ディーゼルと、489馬力&612馬力と最高出力が異なる2タイプの4リッターV8ガソリンを用意。V8エンジンにはISGが組み合わされているほか、このシステムを活かしたエアアクティブサス「Eアクティブボディコントロール」が備わりオンオフ問わない走行性や快適性を実現しました。

・メルセデス・ベンツGクラス

メルセデス・ベンツGクラスのフロント画像はこちら

 国内導入年:2018年 車両本体価格:1251.0〜2218.0万円

 全長:4665mm 全幅:1985mm 全高:1975mm

 軍用車両を源流とするゲレンデヴァーゲンが登場したのが1979年。数々の改良が行われ発展してきたGクラスが初めてのフルモデルチェンジを2018年に実施して、同年に国内販売を開始したのが現行モデルです。

 丸形のヘッドライトやオーバーフェンダーなど、デザインは初代のイメージそのままに踏襲。一方、インテリアは横長のコックピットディスプレイなどを備えたインパネやシートなどエッセンスは残しつつ、初代から刷新されました。

メルセデス・ベンツGクラスのインテリア画像はこちら

 シャシーはラダーフレームを踏襲しましたが構造を見直し軽量化と剛性向上を実現。また、サスペンション形状も見直されたことでオフロード走破性はもちろん、オンロードでの快適性が大きく向上しました。

 用意されるパワーユニットは、最高出力286馬力を発揮する3リッター直6ディーゼル、422馬力を発揮する4リッターV8、さらにAMG仕様に積まれる最高出力585馬力の4リッターV8をラインアップ。

 メルセデス・ベンツのSUVラインアップでは他に類を見ないオフロード性能を備えたGクラスはオンリーワンの存在といえるSUVです。

メルセデス・ベンツGクラスのリヤ画像はこちら

■新世代SUV「EQC」とは

メルセデス・ベンツEQCのフロント画像はこちら 多くのSUVラインアップのなかで近年とくに注目を集めたのがこの1台。メルセデス・ベンツ初となるEVとして登場したEQCです。2020年春に国内導入を果たしました。

 ボディサイズはGLCに近い、全長4761mm、全幅1884mm、全高1623mm。フロントとリヤそれぞれに1基ずつモーター(電動ドライブモジュールeATS)を搭載しトータルで408馬力を発揮します。

メルセデス・ベンツEQCのリヤ画像はこちら

 気になる1充電走行距離はWLTCモードで400km。駆動用バッテリーを搭載するEVにもかかわらず、荷室容量は500L(5人乗車時)を誇るなど、SUVとしてのユーティリティ性も高く仕上げられています。

画像ギャラリー