SUVブームなのに徐々に「減少」! 本格オフロード4WD車に立ちはだかる「壁」とは (1/2ページ)

SUVブームなのに徐々に「減少」! 本格オフロード4WD車に立ちはだかる「壁」とは

ジムニーはイギリスで販売中止に

 世界的にSUVがブームとなっている。いかにも悪路走破性が期待できるロードクリアランスの大きなモデルを“街なか”で見かけることは日常だ。とはいえ、SUVのなかには2WDのモデルも少なくないし、4WD機構についてもスタンバイタイプであったりして悪路走破性が期待できないことも珍しくない。

 もちろん、FWDベースのAWDであっても、ブレーキLSDやトラクションコントロールなどの電子制御を緻密にセッティングすることで、かなり高いオフロード走破性を実現していることもあるが、それでも極限的なステージになるとハードコアなオフロード車にはかなわない。

【関連記事】なんちゃってヨンクだらけの今こそ乗りたい「悪路御用達」の男前国産SUV4選

トヨタ・ヤリスクロスのドライブモード等のスイッチ画像はこちら

 そんな本格オフロード車の条件といえば、フレームシャシー、ローレンジの用意された変速機、デフロック(直結デフ)をもつ駆動系といったところだろう。こうした条件を満たすクルマといえば、国産車でいえばトヨタ・ランドクルーザー、ハイラックス、そしてスズキ・ジムニーくらいしか存在しない。輸入車でもメルセデスGクラス、ジープ・ラングラー、ランドローバー、レンジローバーくらいで、SUVブームのなかで少数派となっている。

 その理由は環境性能だ。たとえば、ジムニーはイギリスで販売中止になってしまったというニュースもあるが、CAFE(企業別平均燃費)と呼ばれる規制が厳しくなっていることに原因がある。フレームによるシャシーはモノコックに対して重くなりがちであるし、ローレンジを持つ直結4WDシステムというのも駆動ロスが大きい傾向にあり、素性として燃費(環境性能)には不利という面があるのだ。

スズキ・ジムニーのオフロード走行画像はこちら

 たとえば、660ccターボエンジンを積むジムニー(5速MT)の車両重量は1030kgでWLTCモード燃費は16.2km/Lとなっている。一方で、同じくターボエンジンを積むハスラー(4WD・CVT)の車両重量は880kgで、WLTCモード燃費は20.8km/L。この一例だけをもって一般論化するのは難しいが、同じようなエンジンでフレームシャシーのオフロード4WDとモノコックボディのSUVを作ったとき、車両重量や燃費性能にこの程度の差がつくというのは、ひとつの事実として見逃せない。

名前:
山本晋也
肩書き:
自動車コラムニスト
現在の愛車:
スズキ・エブリイバン(DA17V・4型)/ホンダCBR1000RR-R FIREBLADE SP(SC82)
趣味:
モトブログを作ること
好きな有名人:
菅麻貴子(作詞家)

画像ギャラリー


新着情報