「日本最強」いや「世界最強」の呼び声も高い「ランクル」と「ジムニー」の悪路走破性が凄すぎた! (1/2ページ)

「日本最強」いや「世界最強」の呼び声も高い「ランクル」と「ジムニー」の悪路走破性が凄すぎた!

流行りのSUVとは一線を画す性能を持つ2モデル

 気候変動の影響だろうか、降雨量が想定以上に多くなり、水害のニュースを見かけることも多くなっている。また、日本は地震大国でもあり、災害時の移動手段として愛車の活用を考えている人もいることだろう。

 実際問題としては、状況がわからないなかで無暗に移動するというのは逆に危険な行為であり推奨できないのだが、災害時の移動といった話題になると名前が挙がるのが、世界に誇る日本のクロスカントリー4WD、トヨタ・ランドクルーザーとスズキ・ジムニーだ。

【関連記事】なんちゃってヨンクだらけの今こそ乗りたい「悪路御用達」の男前国産SUV4選

トヨタ・ランドクルーザーやスズキ・ジムニーは悪路をどこまで走れるのか画像はこちら

 4.6リッターV8エンジンに各種電子デバイスを満載したランドクルーザーと、660cc 3気筒ターボで駆動系はシンプルなジムニーという両極端なモデルだが、いずれもローレンジを持つ本格的な4WD機構を持つ。流行りのSUVとは一線を画す性能を持っている。

 さらに、シチュエーションによりそれぞれに良し悪しがあり、ランクル VS ジムニーの最強クロカン対決というのは、クルマ趣味人のディスカッションテーマとしては盛り上がるものだ。パワフルなランクルと、ボディがコンパクトで自由度の高いジムニー、それぞれにメリットがあるのは直感的に思い浮かぶだろう。

トヨタ・ランドクルーザーやスズキ・ジムニーは悪路をどこまで走れるのか画像はこちら

 では、クロスカントリー4WDの基本スペックで比べてみるとどうなるのだろうか?

■ランドクルーザー走破性スペック

最低地上高:225mm

アプローチアングル:32度

デパーチャーアングル:25度

ランプブレークオーバーアングル:25度

■ジムニー走破性スペック

最低地上高:205mm

アプローチアングル:41度

デパーチャーアングル:51度

ランプブレークオーバーアングル:28度

 こうして見比べると、障害物とボディとの干渉に左右するアプローチアングル、デパーチャーアングルではジムニー有利に見えるが、最低地上高で20mmの違いというのは大きい。

画像ギャラリー