「タグ: 価格」の記事一覧

価格に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

いまクルマの「再塗装」価格が高騰! そのお値段とは?

全塗装は仕上げに凝ると100万円を突破することも!  キズが増えてきたとか、凹んではいないけど、塗装にキズを付けてしまった。さらには気分を変えるために、全塗装をしたいという場合、鈑金はしないとしていくらぐらいかかるのだろ...

続きを読む...

新型BRZの発表で中古車相場に異変! 初代86&BRZの価格が「上昇」の兆し

北米で2代目スバルBRZがアンヴェールとなった  先月、北米にて新型がアンヴェールされたスバルBRZ。もはや説明不要ではあると思うが、トヨタと共同開発によって誕生したモデルの2代目であり、2021年の秋から北米市場で販売...

続きを読む...

700万円もしたミライが100万台の中古価格! 台数も少ない「激レア車」がわずか6年で「大下落」したワケ

新車時は700万円オーバーで販売されていたが……  2014年に発売されたトヨタMIRAI(ミライ)は、世界初の量産セダン型燃料電池自動車。水素燃料と酸素の化学反応を利用して発電してモーターで駆動するというもので、当然な...

続きを読む...

タマ数は豊富なのになぜ? いま86&BRZの中古価格が上昇している理由

限定モデルへの注目度も高まっている  まもなく新型が登場するという話も見え隠れしてきたトヨタ86&スバルBRZ。すでにBRZは今年の8月をもって生産を終了しており、新車として購入できるのはごくわずかに残った流通在庫のみと...

続きを読む...

JPNタクシーの普及に暗雲! いま「シエンタ」や「カムリ」のタクシーが増えているワケ

地方ではJPNタクシーの価格がネックになっているという  東京都内のタクシーは、トヨタのJPNタクシーが目立つようになった。しかし、東京のような状況は全国的に稀なケースといえるし、その東京都内ですらJPNタクシー以外のタ...

続きを読む...

90年代スポーツカーに加えて「フィガロ」も価格高騰! 海外人気の高まりで苦しむ「日本の業者」

販売現場からは「仕入れが大変」との声も  今、海外で日本の中古車が流行している。アメリカでは中古車輸入25年しばりが続々と解除されるのに合わせて、日本車の人気が高まっている。新車当時は海外のメディアから安っぽい、おもちゃ...

続きを読む...

ジムニーの魅力がすべてわかる! 最新の現行モデルについても紹介

長年愛される本格4WDの代表格がジムニー  誕生から50年。1970年にラダーフレーム構造にパートタイム4WDを組み合わせて登場した初代ジムニー。約20年ぶりのフルモデルチェンジした現行4代目の解説やライバル比較などを中...

続きを読む...

「アクア」から「フィット」など他メーカー車への乗り替えは「下取り」で損をする?

他メーカーのクルマはオークションに流通させられることが多い 「今はトヨタのアクアに乗っているが、ホンダ新型フィットを見たら、内外装のデザインと後席の広さが気に入った。そこでフィットに買い替えたいが、メーカーをトヨタからホ…

続きを読む...

コロコロ変わるガソリンの価格! スタンドの「儲け」も増減するのか?

ガソリンの卸価格と小売り価格は公表されている  日本で売られている大抵の商品にはメーカー希望小売価格があり、そこからの値引きやバーゲンはあっても、基本となる価格はある程度固定されていることが多い。しかし、ガソリンなどの石…

続きを読む...

ドアの開閉にスモークガラス! 現役タクシードライバーが語るJPNタクシーの不満点とは

スモークガラスやスライドドアに変わったことによる難しさも  大都市圏から導入が進み、今では地方でも見かけるのがトヨタのタクシー専用車両(個人でも購入は可能)であるJPN(ジャパン)タクシーだ。すでに乗ったことがある人も多...

続きを読む...

高すぎるいまどきの軽自動車! 普通車と同じ値段でも選ぶ価値はあるのか

コンパクトカーと比べても今どきの軽自動車は高額  軽自動車は日本独自のベーシックカーだ。かつては価格の安さと維持費の安さが売りだったが、いつの間にか価格が高騰。NAで150万円、ターボで170万円したりする。一例として、...

続きを読む...

えっ! こんな値段で買えるの!? 憧れの中古車が安くても飛びついてはいけないケースとは

クルマは買えてもパーツが入手困難な場合も  中古車の醍醐味と言えばさまざまあるが、そのなかでも一番大きな点と言えば、やはり新車価格よりも大幅に安い価格で購入することができるという点ではないだろうか? もちろん、限定車であ…

続きを読む...

在庫期間や色でも差が付く! 同一車種で同程度の中古車でも価格がかなり異なる理由

車種によってはボディカラーの違いで10〜20万円差が出ることも  同じ状態の個体は2台とない、というのが常識の中古車。とはいえ、おおまかな相場というのは形成されており、販売店舗が違っていても同じ車種グレードで同じような車...

続きを読む...

「買うは高く売るは安い」という常識を覆す「値落ちしにくい」輸入車とは

輸入車特有のキュートさやオシャレさを加えた実用車も!  輸入車というと“買う時は高いけど売るときは安い“というイメージをお持ちではないだろうか。確かに高級輸入車の上級モデルなどは、一年乗っただけで半額近くまで買い取り価格...

続きを読む...

万年人気のセレナ・ノアヴォク・ステップワゴン! 年度末決算「買いのグレード」をズバリ指南

ライバル同士であるからこそ価格は割安に設定されている  最近はSUVの人気が高まっているが、ファミリーカーの代表はミニバンだ。今は大半の車種の全高が1700mmを上まわり、後席側のドアはスライド式だから乗り降りもしやすい...

続きを読む...

1 / 3123

デイリーランキング