「タグ: 原因」の記事一覧

原因に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

コロナ禍で売れなくなった商品ランキング1位は酔い止め薬! 恐怖の「車酔い」が起こる理由と予防策

乗り物酔いに苦労している人は多い!  楽しいはずのドライブが、一転して辛い時間になってしまう「車酔い」。子供の頃から酔いやすかったという人は、すでに「クルマに乗る」と考えただけで気分が悪くなってしまうこともあるといいます…

続きを読む...

なんと個人の運転で「渋滞」は減らせる! 誰でもできる「たった3つ」のポイントとは

すべてはまわりの運転者への配慮が基本となる!  自らが渋滞の原因とならないための第一は、キープレフト、左車線を守って走ることだ。高速道路などで右側の追い越し車線を走り続けることは、通行帯違反という交通違反になる。  一方.…

続きを読む...

買ったのに乗れない! いま話題の新型車の「納期遅延」が常態化しているワケ

正式発表前のプレ受注が納期遅延の要因に!?  最近発売される新型車では、ほぼ常態化しているのが“納期遅延”。「目標販売台数の約4倍」などというニュースを目にしたひとも多いはず。たとえば、トヨタ・ライズでは2019年11月...

続きを読む...

なんと1日10件以上も発生していた! クルマから火が出る「車両火災」の原因とは

後付け配線やバッテリーのショートなどに注意が必要だ  今年8月、ロックバンド「SOPHIA」のボーカル、松岡充氏が所有する1968年型のシボレー コルベットC3が世田谷区の路上で出火炎上するというニュースが流れたが、車両...

続きを読む...

危険な「横転」は意外にも「単独事故」で多かった! その発生原因とは

横滑りや乗り上げなどが車両単独での横転につながる  高速道路の事故現場や、交通事故のニュースなどでときどき見かける横転事故。横転事故には車両単独事故と他のクルマに接触して転倒する車両相互事故の2種類があるが、国内の事故統.…

続きを読む...

新型コロナウイルス関連の報道で聞く自動車の「サプライチェーン」とは

部品生産から消費者の手もとに届くまでのことを指す  新型コロナウイルス騒動は、直接的な健康面だけでなく、さまざまな面に影響を与えている。産業界でも深刻で、自動車でいえば部品の供給が途絶えるなど、製造現場を直撃。もちろん中…

続きを読む...

GWのドライブでもお財布にダメージ! 誰でも避けられるクルマの燃費を悪くする原因8つ

ふんわりアクセルは必ずしも効率的ではない  燃費なんていうものはムキになって稼ぐものではないと思うが、ノー天気に走っていると意外にロスが多いもの。ちょっとしたことで効率がよくなり、燃費にも好影響を与える要素があるので、新…

続きを読む...

親しまれた名前と決別! 自動車メーカーが伝統の車名を捨てる理由とは

伝統の名前と決別した3車種の事例から考える  伝統的な車名が消えることがある。長年のファンは悲しむが、消滅するにはそれなりの理由があるものだ。後継モデルの車格が変わることで名前が変わったり、そもそも同カテゴリーのモデルか…

続きを読む...

ライトの消し忘れだけじゃない! 誰でも起こるバッテリー上がりの要因5つ

オルタネーターの発電量以上に使用すればバッテリーは上がる  バッテリーがないとエンジンをかけることはできないし、場合によっては走ることもできない。そう考えると、すべてのクルマは電気自動車と言っていいのだが、そもそもバッテ…

続きを読む...

速度レンジは高いのに慢性渋滞を解消できないモスクワの道路事情

古い街並みで高架道路を作るに作れない  モスクワを初めて訪れた時に驚いたのは市内中心部(市の中心部となる赤の広場から徒歩15分ほどの場所)の大通りを走るクルマの速度レンジの高さである。目算でだいたい時速80㎞で走り抜けて...

続きを読む...

車両火災は年間1293件! クルマに消火器は積んでおくべきか

古いクルマは必要性が高いがあくまで乗員の安全を重視してほしい  原動機を積んだ車両の火災件数というのは、年間4000件程度が起きている。2000年頃は9000件に迫る勢いだったことを考えればずいぶんと減っているが、けっし...

続きを読む...

渋滞の先頭は何をやっているのか? 素朴な疑問を専門家に直撃

交通容量がいっぱいになると渋滞が発生する 編集部・原田(以下、原):先生。渋滞の先頭は一体なにをしてるんでしょう。 永福ランプ(以下、永福):そんなことを今さらオレに聞くのか。 原:はい。永遠の疑問です。   ...

続きを読む...

デイリーランキング