「タグ: 寿命」の記事一覧

寿命に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

10万キロで「限界」なんて過去の話! 電動化時代のいま「エンジンの寿命」を探ったら内燃機関の偉大さがわかった

この記事をまとめると ■いまのクルマの技術はかなり進んでいる ■しかしエンジンに寿命があることには変わりない ■いまのクルマのエンジンはどれぐらい持つのかについて解説する アメリカの通販番組では信じがたいパフォーマンスも...

続きを読む...

知られざる「消耗品」! 交換イメージがなくとも「寿命」のあるクルマの6つの部分

新品に替えると違いに気づくものもある  厳密に言ってしまうと、自動車そのものが寿命のある消耗品ではあるが、基本的には交換が不要なものと、調子や性能維持のために定期的に交換が必要なものに分かれる。前者はボディパネルやインパ…

続きを読む...

期間内なのにツヤが消えた? 意外と難解なクルマの「ボディコーティング寿命」の見極め方

各メーカー厳密な劣化テストを行ない寿命を設定している  今や施工するのが当たり前となっているボディコーティング。専門店だけでなく、新車時にディーラーであらかじめかけてもらうというのも増えてきている。成分はいろいろとあって…

続きを読む...

タイヤ交換サイクルが短いほうが儲かるのになぜ? タイヤメーカーがロングライフ化に力を入れるワケ

クルマの寿命は伸びているためタイヤ交換の機会は増えている  いまどきのタイヤに求められるのはエコ性能と安全性の両立。タイヤラベリング制度により、走行抵抗とウエット性能が可視化されているのは、ご存じのとおりだ。また、耐久性…

続きを読む...

【多くの人が知らずにやっている! 】クルマの寿命を縮める5つの日常習慣

普段何気なくやっている行為がクルマを傷める!  部品の集合体であるクルマはどうしても日常的に使用することで徐々に消耗していってしまう。とはいえその消耗具合は、日常何気なくやっている行為や動作によって差が出てくることもある…

続きを読む...

【クルマ好きがよくやるボディを押して判断は間違い!】サスペンションのヘタリと交換時期の見極め方

劣化の判断はかなり難しい!  サスペンションというのは確実に劣化していく。構成部品はさまざまで、複雑に組み合わさっているが、消耗する部分としてはスプリングやゴムのブッシュ、そして一番問題になるのはショックアブソーバーだ。…

続きを読む...

【エンジンの終わりはクルマの終わり!】寿命に達したエンジンを見分けるポイント4つ

エンジンの寿命はクルマの寿命でもある  各車両には寿命というものがある。ボディや足まわりなどさまざまなパートで寿命は異なり、そのひとつが限界に達するとそのクルマはもう乗れないということになるが、なかでも致命的となるのがエ…

続きを読む...

「HID」より暗いのになぜ? いまクルマのヘッドライトに「LED」が積極採用されるワケ

この記事をまとめると ■新車のライトのLED化が進んでいる ■理由はHIDよりもLEDのほうが利点が多いため ■この記事ではHIDとLEDの明るさ、寿命、コストを比較した HIDはLEDより約1.5倍も明るい!  90年...

続きを読む...

毎日長距離を走るからすぐダメになる? 知られざるトラックの寿命とは

大型車はだいたい100万km/10年で買い替え  乗用車の場合、以前であれば10年10万kmなどと言われ、最近はもう少し伸びているが、大型トラックや大型バスはどれぐらいの距離や期間、使うことができるのだろうか。実際、乗用...

続きを読む...

クルマの寿命を縮める「やってはいけない日常行為」

急の付く動作と暖気ゼロでの走行は寿命を縮める  同じクルマでも、乗る人によって、へたりが目立ったり、逆にいつまでも新車の輝きを維持していたり、その差はどこから来るのだろうか。要はへたりを加速させ、寿命を縮める行為について…

続きを読む...

すり減った溝の浅いタイヤでも晴天時の走行なら問題ないのか?

晴天でも摩耗に従って性能低下は起こる  タイヤの溝は排水性と密接な関係があり、溝が減ってくると雨天の駆動力、制動力が低下してくるのはご存じの通りだ。だとしたら溝の減ったタイヤでも、晴れた日に限れば使用し続けても問題ないの…

続きを読む...

【履き替え前にチェック】保管していたスタッドレスタイヤは今冬も使えるか?

溝が残っていても寿命を迎えるものもある  氷面でもガッチリと食い込むチェーンがベストとはいえ、振動や脱着の手間がないスタッドレスタイヤはやはり便利だ。最近は性能もかなりよくなり、不安もなくなってきた。しかし、チェーンと違…

続きを読む...

【疑問】クルマは普通に乗ると何万kmまで走れるのか?

この記事をまとめると ■昔のクルマは10年・10万kmを目安に、それ以上になると不具合が出てくることが多い ■最近のクルマは高剛性なモノコックと最適化した燃焼で30万〜50万kmくらいは問題ない ■電子制御に不具合が出る...

続きを読む...

デイリーランキング