「タグ: 旧車」の記事一覧

旧車に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

ガチで古いクルマは故障が怖い……は間違い!? 旧車で起こるちょい古より激古のほうが維持しやすい「逆転現象」の正体とは

この記事をまとめると ■ネオクラシックと呼ばれる1980〜90年代のクルマは意外と維持が大変だ ■クラシックカーは壊れても簡単に直せるしパーツも思いのほか見つけることができる ■旧車に乗るのであれば世界中で名車と認められ...

続きを読む...

令和ギャルの「かわいい」確実! 昭和ブームのいま復活したら若者に大ウケしそうなレトロ装備5選

この記事をまとめると ■復活したら盛り上がりそうな懐かしの装備を振り返る ■絶滅した装備たちも決して使いづらかった装備というわけではなかった ■音などは今だからこそON/OFF機能などをつけて復活できそうな雰囲気もある ...

続きを読む...

ただの「いいクルマ」では足りない! 伝説があってこその名車! GT-R・ロードスター・ハチロク・ランクルが愛される理由

この記事をまとめると ■日本には数々の名車がある ■なかでも熱烈的なファンを持つのがGT-R、ロードスター、ハチロク、ランドクルーザー ■これらのクルマが愛される理由に迫る 愛されるクルマにはストーリーがある  誕生から...

続きを読む...

令和の世に空前の昭和ブーム到来! その勢いでクルマでも復活希望の「昭和アイテム」10選

この記事をまとめると ■最近は昭和カルチャーが流行中だという ■クルマにも復活してほしい懐かしの装備をピックアップ ■法規の問題で難しいものもあるが、現代の技術でリバイバルすると面白いかもしれない 空前の昭和ブーム! 今...

続きを読む...

旧車の「レストア」は手軽に手を出せるシロモノじゃなかった! 莫大な費用と時間がかかるフルレストアの現実

この記事をまとめると ■伊藤かずえさんが愛車のシーマをレストアしたことが話題となった ■実際クルマのフルレストアを行うのは簡単なことではない ■かかる費用や時間について解説する フルレストアは決して簡単なことではない  ...

続きを読む...

回り回ってGT-RもRX-7もスープラも中古価格が下がる!? アメリカで「日本の中古スポーツ」に排ガス規制の流れ

この記事をまとめると ■ここ数年で日本では旧車はすっかりブームとなった ■いまでは驚くほど高額になっているモデルも ■その背景にあるのがアメリカの25年ルールだと言われている いまでは驚くほど高額になっているモデルも  ...

続きを読む...

スカイラインの生みの親は「プリンス」! たった10年足らずしか存在しないのに「伝説」となった自動車メーカー

この記事をまとめると ■日産と合併する前のプリンス自動車工業が生んだクルマをプレイバック ■プリンスから誕生したクルマの一部が日産を支えていた ■今でもプリンス自動車出身のクルマとしてスカイラインが生き残っている 技術者...

続きを読む...

「伊藤さんのシーマ」に憧れる女子って最高じゃないか! ギャップ萌え必至な「個性派国産旧車」5選 

この記事をまとめると ■女性でも楽しめる旧車をピックアップ ■バブル期に作られたクルマは今のクルマにはない雰囲気がある ■旧車といえども結構な数が売れた国産車なので思い切って愛車にするのも手だ 今のクルマにはない雰囲気が...

続きを読む...

事故っても買い直せない! 修理代も出ない! 価格高騰の中古車でも古いがゆえに車両保険が安い恐怖とは

この記事をまとめると ■車両保険の金額は基本的に低年式になるにつれて下がっていく ■時間経過によって価格が上昇した中古車も例外ではない ■クラシックカー保険に加入するのもひとつの手 AE86は車両保険に入れない!?  令...

続きを読む...

日本車は「若造」すぎて旧車はあれどクラシックカーは存在しない!? 「クラシックカー」や「ヴィンテージカー」の定義とは

この記事をまとめると ■クラシックカーやヴィンテージカーには地域によって異なる定義が存在する ■2000GTやスカイラインGT-Rは1960年代登場なのでクラシックカーとはいえない ■クラシックカーはクルマとしての価値だ...

続きを読む...

なぜか今テレビCMで引っ張りだこの「バリカン」コロナ! プチブレイク中の3代目コロナって何もの?

この記事をまとめると ■最近テレビCMなどで3代目コロナをよく見かける ■日本のモータリゼーションを3代目コロナがけん引していた時期があった ■フロントまわりのデザインから「バリカンコロナ」という愛称が付けられた カロー...

続きを読む...

「フツーの人」が旧車に乗るなら意外にも「欧州車」がオススメ! 手厚い「パーツ」事情と一生乗れる「旧車銘柄」

この記事をまとめると ■国民車のような輸入車の場合はリプロダクションも含めればほとんどが手に入る ■メルセデス・ベンツやポルシェなどはヘリテージ部門に力を入れている ■かつてはパーツ入手が困難だった国産旧車も最近はメーカ...

続きを読む...

楽しい苦労がそこにある! 乗ればカーマニア化確実な「お安い」ネオクラ中古車4選

この記事をまとめると ■子どもの頃から馴染みのあるクルマを買うと愛着が持てる ■電子制御デバイスなどの少ないクルマを操るとドライビングスキルが上がる ■構造が簡単なので古いクルマはDIY感覚で直して、クルマを学べる あえ...

続きを読む...

元祖クルマ系マンガ「サーキットの狼」で多くの日本人が知った「伝説の名車」4選

この記事をまとめると ■自動車漫画の金字塔「サーキットの狼」で活躍したクルマは今でも大人気 ■登場する輸入車たちは、後のスーパーカーブームの礎ともなったクルマたちでもある ■45年以上前の漫画ではあるが、今でもカーマニア...

続きを読む...

25年ルール以外に「ゲーム」や「Youtube」の影響も! 国産旧車スポーツの中古価格「爆上げ」が止まらないワケ

アメリカの「25年ルール」による影響は無視できない  旧車の価格高騰が止まらない。ネオヒストリックと呼ばれる1980~90年代のモデルも含めて、もはや新車時を超えるプレミア価格となっていることは珍しくない。その象徴といえ...

続きを読む...

デイリーランキング