「タグ: 消耗品」の記事一覧

消耗品に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

クルマの異常も「早期発見」が大切! 「匂い」「音」「振動」など注意すべきポイント7つ

クルマに乗る前や運転席に座ったときに分かることも!  メンテナンスフリー化が進んできているといっても、クルマには3万点もの部品があり、使用していれば摩耗したり、消耗したり、壊れるようなこともある。  そうしたクルマのトラ...

続きを読む...

高くても「純正」の選択が吉! 社外品は避けるべきクルマのパーツ7つ

ディーラーなどで純正パーツを取り寄せることも可能!  純正パーツが用意されているもののなかにもアフターパーツがあるのはご存じだろうか。広い意味ではオイルやタイヤがそうだし、メンテナンスパーツでもオイルフィルターやエアクリ…

続きを読む...

不具合がなくても「要交換」! クルマの健康を保つための「16の消耗品」の替え時とは

ゴムは劣化度合いによって交換が必要になることもある  クルマにはたくさんの消耗部品があるが、メンテナンスフリー化が進み、交換時期はいつ?というパーツも増えている。  そこで、そうした交換時期のわかりにくい消耗品の交換目安.…

続きを読む...

定期チェックの「サボり」や交換の「ケチり」で大惨事! 故障したら「高額出費不可避」のクルマの消耗品

ケチったことでかえって高くつくことも!  クルマの部品は約3万点。困ったことにどれもこれも消耗品だが、定期消耗部品を上手に交換することで、より大きな出費を防ぎ、良好なコンディションを保つことができる。  そうした重要部品...

続きを読む...

「高い」モノを選ぶべきクルマの消耗品と「安く」ても十分なモノとは! 代表的な6つのパーツで「差」を解説

長い目で見ると価格差による効果が感じられるものも!  自動車に限らず、価格の差は品質の差。品質は素材や構造だけでなく、デザインのよさというものも含まれ、安い物よりは高い物のほうが優れているというのが一般論だ。しかし、高い…

続きを読む...

クルマ好き昭和オヤジの「当たり前」が通用しない! イマドキの自動車メンテ新常識

走りに問題ない範囲でロングライフ化が進んでいる!  クルマの技術というのは、日進月歩。恐ろしい勢いで進化しているのはご存じのとおりで、クルマの作りそのものだけでなく、メンテナンスでもその恩恵はいろいろとある。そのいい例が…

続きを読む...

消耗部品を指定のタイミングよりも早くこまめに交換すればクルマの寿命は延びるのか

交換時期を守っていても各パーツは劣化する  クルマだけでなく、機械というのは消耗品の塊だ。極端なことを言うと、本体そのものが消耗品で、永久に摩耗などもせずに使い続けられるわけではない。ただ、本体も含めて、ほとんどの部分は…

続きを読む...

貧乏なクルマ好き必見! クルマに長く乗るならケチってもいいとこ・ダメなとこ

エンジンオイルなど油脂類の交換はケチるべからず!  クルマを所有するには、何かとお金がかかる。貧窮生活を送るなかでカーライフを充実させるのは大変なことだ。しかし、たとえ貧乏でも、好きなクルマにはいつまでも調子よく乗り続け…

続きを読む...

【維持費の高騰は運転に問題あり!】消耗品のヘタリを激しくするNGなクルマの乗り方5選

急がつく動作やちょい乗りはクルマを傷めやすい  クルマというのは消耗品の塊だ。所有している間に寿命が来るかは別として、ボディだって消耗品のひとつ。最終的には各部に力が溜まり過ぎて、形を維持するのが困難になって、ガタガタに…

続きを読む...

【ケチった結果が大惨事に!】クルマの消耗品を交換しないと何が起こるか「10のポイント」別に解説

クルマが動かなくなってしまうこともある  最近のクルマはメンテナンスフリー化がどんどん進んでいる。にも関わらず、今でも残っているメンテポイントというのは、逆に言えばなくすことができないほど重要ということでもある。そうした…

続きを読む...

【エンジンやミッションだけじゃない!】交換後に「ならし」が必要なクルマパーツ4+αとその方法

交換直後は普段より控えめな運転を心がけるべし  新車時のエンジンは、今やならしが不要と言われるが、機械である以上、やらないよりはやったほうがいい。そもそもならしの目的はなにかというと、こすり合う部品同士や動く部分などにア…

続きを読む...

【オイルにタイヤにブレーキパッド!】山のように出るクルマの消耗品の行方とは

消耗品のほとんどはリサイクルされている!  クルマを安全かつ快調に走らせるためには、消耗部品の定期的な交換が欠かせない。ただ、このエコの時代に、交換した消耗品が廃棄されてしまうとなると……、と気になる人もいるだろう。そこ...

続きを読む...

クルマに詳しくなくてもたまにはボンネットを開けるべき理由5つ

最低でも各季節の変わり目には一度点検する必要あり  クルマというのは時間が経てば経つほど、そして走行距離が延びれば延びるほど、部品が劣化し消耗していくもの。そのため道路運送車両法により、ユーザーの定期的な点検を義務付けら…

続きを読む...

古いクルマのファン悲鳴! 旧車パーツの価格が高騰し続ける理由とは

パーツが数年前の2倍の価格になっているものも!  旧車が人気ということもあり、パーツ供給に注目が集まっている。パーツがないことには維持もできない。日本車についてはよく言われるようにかなり厳しい状況ではあるが、想像以上に数.…

続きを読む...

新車時ってこんなに良かったっけ? 古いクルマで交換すると効果絶大のパーツ6つ

早めに交換することで新車時の乗り味が戻ってくる  クルマというのは消耗品の塊と言っていい。走ればもちろん、駐車しておくだけでも消耗は進み、交換時期を迎える。これに合わせて交換や調整をするのがメンテナンスという行為だ。そも…

続きを読む...

1 / 212

デイリーランキング