エンジン車よりも「消耗品」が少ない! 乗ってみたら電気自動車は「お財布」にも優しかった (1/2ページ)

noteで書く
エンジン車よりも「消耗品」が少ない! 乗ってみたら電気自動車は「お財布」にも優しかった

この記事をまとめると

■コストメリットに優れる電気自動車

■消耗品の交換などについてもメリットが大きい

■EVの消耗品と交換時期について解説する

EVにはガソリン車にある多くの消耗品が存在しない

 モーター駆動ならではの俊敏なレスポンスやシームレスな加速感はもちろんのこと、コストメリットにも優れている電気自動車。とくにここ最近ではガソリンの店頭価格が上昇し続けているため、そのメリットがより強くなってきている。

 そんな電気自動車であるが、じつは走行するためのコストメリットだけでなく、乗り続けていく上で必要な消耗品の交換などについてもメリットが大きいのだ。

 たとえばエンジンが搭載されていないため、当然ながらエンジンオイルや点火プラグなどの油脂類や消耗品の交換が必要になることはない。

【関連記事】満充電のはずが乗ろうと思ったら半分! 充電待ちで牛歩! 初めてのEVあるある5つ

ホンダeのフード内画像はこちら

 一応、インバーターを冷却するために冷却水は使用しているが、エンジンのように高い温度になることもほとんどないため、車検のタイミングでも交換ではなく添加剤の追加程度でOKとなることが多いようだ。

 また、多くの電気自動車はトランスミッションをもたないため、トランスミッションオイルというものも存在しない。とはいえ、モーターの回転を適切な回転数にするための減速機というものが存在し、そこに少量のギヤオイルが使用されている。

 ただこちらも通常のトランスミッションのように多量のオイルは使っておらず、日産リーフの場合で1.41リットルと少量のため、コストも少なくて済むのだ。

NO IMAGE
名前:
小鮒康一
肩書き:
-
現在の愛車:
日産リーフ(2代目)/ユーノス ロードスター/マツダ・ロードスター(2代目) /ホンダS660/ホンダ・オデッセイ(初代)/ 日産パルサー(初代)
趣味:
長距離ドライブ
好きな有名人:
ザ・リーサルウェポンズ
noteで書く

画像ギャラリー


新着情報