アウディのEVに初のハイパフォーマンスモデルが登場! e-tron S/e-tron S スポーツバックを発売 (1/2ページ)

noteで書く
アウディのEVに初のハイパフォーマンスモデルが登場! e-tron S/e-tron S スポーツバックを発売

この記事をまとめると

■アウディのBEVに初のSモデルとなる「e-tron S / e-tron S スポーツバック」が登場

■モーターを3基搭載し、パフォーマンスを高めているほか、専用デザインとなっている

■デジタルマトリクスLEDヘッドライトを初めてオプションとして採用

e-tronファミリーとして初のSモデルが登場

 アウディのBEVであるe-tronは、まだ日本ではあまり馴染みのなかったBEVをドイツ御三家のひとつがリリースしたことで大きな話題となった。2021年1月にSUVタイプのアウディe-tronを発売すると、同年11月にはプレミアム電動グランツーリスモのアウディe-tron GT/RS e-tron GTを追加し、2022年1月には新たにプレミアムコンパクトSUVのアウディQ4 e-tron/Q4 e-tron スポーツバックを発表するなど、アウディは電動車のラインアップを拡大し続けいる。

 そんなアウディから、BEVのe-tronシリーズで初となる「S」の名を冠したモデルが登場する。それが、アウディe-tron S/e-tron S スポーツバックだ。

【関連記事】【試乗】e-tron GT quattroがアウディの解答! EVでも思いっきり楽しいクルマを作ってきた

e-tron S / e-tron S Sportback並び画像はこちら

 このモデルは、バッテリー総容量95kWhで、ベースモデルの前後にモーターを各1基、計2基に対して、フロントに150kWのモーターを1基、リヤに132kWのモーターを2基の計3基の駆動用モーターを搭載していることが特徴だ。システム最高出力370kW、最大トルク973Nmを発揮し、ブーストモードでの0-100km/h加速は4.5秒と圧倒的な動力性能を実現。Sモデルの名に恥じないスペックを有している。なお、一充電走行距離は415km(WLTCモード)となっており、長距離移動も可能となる。

e-tron S / e-tron S Sportback走り画像はこちら

 また、電動トルクベクタリング機構を搭載する伝家の宝刀、quattroシステムももちろん搭載される。通常走行時は効率を高めるため、リヤモーター2基で駆動し、ドライバーがより多くのパワーを求めた際、あるいは天候や路面状況に応じて、フロントモーターが作動して四輪駆動となる仕組みだ。リヤにある2基のモーターは、左右独立してホイールに駆動力を伝達することが可能で、従来のリヤスポーツディファレンシャルと同じ機能を果たし、より俊敏で自然なハンドリング特性を実現し、旋回性能を向上させている。

noteで書く

画像ギャラリー


新着情報