「タグ: 販売台数」の記事一覧

販売台数に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

アルファードを超える豪華ミニバンとして期待は大きかった! なのに「グランエース」が低迷する理由

アルファードより圧倒的に少ないが販売目標はクリアしている  2021年1〜3月の販売統計を見ると、トヨタ・アルファードが各月ともに1万台以上を登録した。2020年にトヨタの全店が全車を扱う体制に移行して、姉妹車となるヴェ...

続きを読む...

販売上位独占に他メーカーは白旗! コロナ禍のなか高級車から不人気のセダンまで「バカ売れ」させるトヨタの秘密

全店舗で実車をじっくり見られるようになったのは大きい  4月6日に、自販連(日本自動車販売協会連合会)と、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)から、通称名(車名)別となる2021年3月単月と、2020事業年度締め(2020...

続きを読む...

2020年度「軽自動車」販売戦争! 乗用車台数で「スズキ」が「ダイハツ」に勝てた要因「パワーユニット」の差とは

ハイブリッドは軽自動車でも販売に有利  2021年4月1日に全軽自協(全国軽自動車協会連合会)は、2021年3月単月の軽自動車販売台数の速報値を発表した。同時にこちらも速報値ではあるが、2020事業年度締めでの、年間販売...

続きを読む...

発売1カ月で2万台を受注! それでも「日産ノート」が「売れている」とはいえないワケ

登録台数はまだ少ないが受注台数は2万台を突破  新型ノートの売れ行きには、いろいろな評価がある。トヨタヤリスは2021年1月に8180台、2月には9950台を登録した(スポーツモデルのGRヤリスとSUVのヤリスクロスを除...

続きを読む...

2020年はトヨタが世界一! なぜそこまでクルマが売れるのか?

多品種かつ市場に合わせたラインアップで成功している  トヨタが5年ぶりに首位に返り咲いた。  2020年の世界新車販売台数で、トヨタは953万台となり、2位のフォルクスワーゲン(931万台)を抑えた。3位はルノー・日産・...

続きを読む...

フリート販売の鈍化に半導体問題! 不安要素が影を落とす「新車販売」のいま

半導体不足の影響がいまだに続いている  自販連(日本自動車販売協会連合会)と、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した、2021年2月の単月新車販売台数によると(軽自動車は速報値)、登録車の新車販売台数は26万237...

続きを読む...

経済的不安が叫ばれるいま2台の高額車が絶好調の不思議! トヨタ・アルファード&ハリアーが売れるワケ

全店舗全車取り扱いがアルファード人気を加速させた  最近はクルマの価格が高まった影響もあり、軽自動車の販売比率が増えた。2021年1月&2月には、国内で売られた新車の39%が軽自動車であった。  その一方で、高価格とされ...

続きを読む...

現行車なのに月販「ひと桁」! 中身はスゴイのに「売れなさすぎ」のクルマ5台とその理由

高額すぎる価格帯とニーズの不一致が原因で売れていないものもある  2021年、コロナ禍においても国産車市場はほぼ元通りになっています。1月にもっとも売れたのはトヨタ・ヤリスで、その販売台数は1万8516台。2番手のホンダ...

続きを読む...

年度末セールでも「トヨタ一強」状態は続く! コロナ禍でも好調の新車販売の中身

コロナ禍でうまく営業できなかった分を年度末で挽回したい  自販連(日本自動車販売協会連合会)、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)から、2021年1月の新車販売台数統計が発表された。登録乗用車は20万8279台(前年同期比...

続きを読む...

登録車販売はトヨタが独走! 経済的に厳しいコロナ禍で高収益の「高額車」が売れる理由とは?

僅差ではあるもののスズキの販売台数を上まわる!  2021年1月上旬に、自販連(日本自動車販売協会連合会)が登録車、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が軽自動車、それぞれの2020年12月の単月新車販売台数を発表した。2...

続きを読む...

王道のミニバン&セダンが苦戦! ユーザーが「流れた」2つのジャンルとは?

広々室内空間とユーティリティ性が充実した軽自動車が人気  2020年の新車販売台数ランキングが発表され、登録車を含むすべての新車のトップに立ったのは、軽自動車のホンダN-BOX。なんと、4年連続となる快挙です。このニュー...

続きを読む...

いまじゃ考えられない「スポーツカー」がバカ売れした時代! 驚きの台数を記録した5台

「スポーツカーの春」をけん引した国産クーペ! 「スポーツカー 冬の時代」といわれて久しいが、スポーツカーが売れていた時代は、どのぐらいの台数が販売されていたのだろう? 近年で一番スポーツカーの人気が高かった時期は、やはり…

続きを読む...

スズキvsダイハツの軽自動車「販売台数」争い! 2020年の勝者が「ダイハツ」濃厚な理由とは

2020年の販売台数はダイハツが優勢  全軽自協(全国軽自動車協会連合会)の統計によると、2020年11月の単月軽四輪車総数において、ダイハツが5万2523台を販売。スズキの4万8584台に3939台差をつけてトップとな...

続きを読む...

突如アルファードがバカ売れ! 知られざるディーラーマンの「うま味」が鍵

アルファードは台当たり収益率が抜群に高いモデルだ  すでに多くのウェブニュースで伝えられているが、自販連(日本自動車販売協会連合会)が発表した、2020年11月の単月登録車通称名(車名)別販売ランキングにおいて、トヨタ・...

続きを読む...

わずか1年後に「EV」の販売台数が「ハイブリッド車」を抜く! 驚きの予測の現実味と「特殊」な日本の事情

日本ではハイブリッド車ガラパゴス化している?  いま(2020年11月)から1年後に、年間販売数でEV(電気自動車)がハイブリッド車を抜く。調査会社や自動車業界の一部で、そんな予測を立てている。これは、世界市場全体につい...

続きを読む...

1 / 512345

デイリーランキング