「タグ: 販売台数」の記事一覧 - 5ページ目

販売台数に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

軽自動車の「好調」が原因のひとつ! 「ホンダ」と「日産」を足しても「トヨタ」に歯が立たないワケ

ホンダや日産は軽自動車の販売比率が増えたことが原因か  2020年1〜7月における4輪車の国内販売状況を見ると、国内販売総数の31%をトヨタ車が占めた。小型/普通車に限れば(軽自動車を除くと)、48%に高まり、7月のみの...

続きを読む...

意外にも「純粋なエンジン車」が好調の要因! ライズとヤリスが「コロナ無視」の販売を記録するワケ

2020年上半期で一番売れたライズはコンパクトさが支持された  国内販売の総合1位は2017年から一貫してホンダN-BOXだが、小型/普通車は順位が頻繁に入れ替わる。2019年1〜12月はトヨタ・プリウスだったが、202...

続きを読む...

ハイブリッドなしでも「上半期販売首位」のライズ! 同門の伏兵に負けた「トップを狙う」カローラの秘策とは?

ライズは5ナンバーサイズSUVというパッケージが大ヒットに  自販連(日本自動車販売協会連合会)統計によると、2020暦年締め上半期(2020年1月~6月)の通称名別(車名別)登録車ランキングトップは、5万8492台を販...

続きを読む...

一番売れたのは「70年代」の「4代目」で13代目まで記録更新できず! それでもスカイラインが続くワケ

大衆受けするクルマを作れと言われて誕生した4代目が大ヒット  かつて、多くの自動車好きは「クルマの基本はセダンだ」と主張していたが、現実的にはセダンというカテゴリーは衰退の一途をたどっている。  自販連が発表している20...

続きを読む...

本当にホンダの「復活」と喜んでいいのか? N-BOXに続きフィットもバカ売れする「裏」にある「ブランド」の変化

従来型から新型フィットに乗り替える人も多い  2017年以降、国内の販売1位はホンダN-BOXが守り続ける。2020年上半期(1〜6月)のトップ3車は、N-BOX、スズキ・スペーシア、ダイハツ・タントで、すべて全高が17...

続きを読む...

スポーツカー「不況」といわれる現在! 誰もが「良かった」と語る90年代は本当に「売れていた」のか?

30年前は全体の1割程度を占めていた!  自動車業界の華といえばスポーツカー。「ニュルブルクリンクで最速タイムが出た」だの、「F1直系のテクノロジーを採用」だのといった謳い文句に、ワクワクするクルマ好きは少なくないだろう...

続きを読む...

バカ売れRAV4に「10倍」もの差を付けられたCR-V! ここまで明暗が分かれた理由とは

CR-Vの登録台数はRAV4の10%程度  最近はSUVの人気が高い。2019年4月に登場したトヨタRAV4は、同年5月から10月まで、国内で登録されたSUVの販売ナンバーワンだった。11月以降はコンパクトで価格の割安な...

続きを読む...

爆売れするにはワケがある! ミニバン・軽・SUVなど各ジャンル「1位」のクルマ5台の「唯一無二」っぷり

コンパクトなボディでも使い勝手や安全性の高いモデルが人気  好調に売れるクルマは、多くのユーザーが使っている実績があり、優れた商品と判断できる。各ジャンルの販売1位車種が備える唯一無二の「売れる魅力」を考えたい。 1)ホ...

続きを読む...

苦しい「日産&三菱連合」に盤石の「チームトヨタ」! コロナ禍で露呈した日本の自動車メーカーの体力

コロナウイルスの影響がなくても厳しい決算になっていた  中国・武漢で新型コロナウイルスの発生が話題となったのは、2020年1月あたりが最初でした。当初は中国もしくは東アジア限定の流行と考えられたこともありましたが、3月以...

続きを読む...

ハッキリ言って売れてない! でも「私乗ったらスゴイんです」な国産車3選

大人気のクロスオーバーSUVでも売れてないモデルも!  いいクルマという概念は難しく、どういう使い方をするのかによっても評価は大きく異なってくるもの。とはいえ、販売台数ランキングの上位の常連となる車種は多くのユーザーに支...

続きを読む...

コロナ禍で5月の新車販売台数は「超人気軽」でも前年比の約半分! それでも販売現場に楽観論が流れる理由

新規受注が少なかったことや生産調整が原因でマイナスとなった  自販連(日本自動車販売協会連合会)から登録車、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)から、軽自動車の2020年5月の新車販売台数が発表された。それによると、登録乗...

続きを読む...

乗用なのにビジネスカーに分類? 全車全店扱いで車種整理を進めるトヨタが「新旧カローラ」を併売するワケ

新車販売台数のデータは旧型を含めた数字  トヨタ・カローラが売れています。自販連の新車販売データを見ると、2020年に入ってから1月は8480台(登録車ランキング2位)、2月は9898台(同3位)、3月は1万6327台(...

続きを読む...

4月の登録台数で全メーカー中ダイハツだけが前年比プラス! それでも喜べない数字のカラクリ

クルマを購入する人の約80%が乗り替え  2019年10月以降、クルマの売れ行きは一貫して下がっている。2019年10月1日には、消費税が従来の8%から10%に引き上げられ、同月には台風19号も甚大な被害をもたらした。こ...

続きを読む...

モデル末期なのに販売絶好調! トヨタ・シエンタがホンダ・フリードをぶっちぎる理由

シエンタがマイナーチェンジし売上が加速した  自販連(日本自動車販売協会連合会)から登録車、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)から軽自動車の、それぞれ2020年4月の販売台数統計が発表された。例年でも新車販売が鈍るとされ...

続きを読む...

売れないセダンの中でもさらにマイナー! 稀少さが逆に渋い現行セダン6選

レアでありながら実力は想定外に高い1台も!  時代はスーパーハイト系やハイト系ワゴンの軽自動車、SUV、クロスオーバーSUV、コンパクトカー全盛だ。2020年3月の乗用車販売台数では、1-2月の1位トヨタ・ライズに代わり...

続きを読む...

デイリーランキング