「タグ: 販売台数」の記事一覧 - 7ページ目

販売台数に関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

発売後7年でも販売首位争いのトヨタ・アクアの数字を鵜呑みにできない裏事情

発売から7年経っても日産ノートe-POWERに迫るトヨタ・アクア  自販連(日本自動車販売協会連合会)の直近の統計を見ると、テレビCMなどでもお馴染みだが、2018暦年締めでの上半期(2018年1月~6月)の軽自動車を除...

続きを読む...

売れてるクルマはいいクルマという勘違い! メーカーが公表する新車登場時の販売台数の裏

そもそも目標台数自体がメーカーが独自に決めた数字  自動車産業で働く人や、自動車メーカーについてよく知りたいという人の中には、自動車メーカーからのニュースを入手している人もいることでしょう。基本的に自動車メーカーのサイト…

続きを読む...

圧倒的販売力をもつトヨタでもトヨタブランドの軽自動車が売れない理由とは

収益の低い軽自動車をあえて推さない戦略  全軽自協(全国軽自動車協会連合会)によると、2018暦年締めでの上半期の軽四輪車総販売台数は100万120台。自販連(日本自動車販売協会連合会)の販売統計によると、2018暦年締...

続きを読む...

日産ノートが日産車48年ぶりの販売首位を手放しで喜べない複雑な事情

人気は確かだがNO.1獲得のための自社登録やフリート販売も目立つ  7月5日に自販連(日本自動車販売協会連合会)と全軽自協(全国軽自動車協会連合会)がそれぞれ、6月単月の通称名別販売台数とともに2018暦年締めでの上半期...

続きを読む...

日産セレナのミニバン販売台数1位の影にある販売現場の笑えない「裏事情」

ディーラーの車庫に並ぶ数十台の「黒いセレナ」  過去には“カローラvsサニー”や、“ブルーバードvsコロナ”など、各メーカーがガチでコンセプトの被るライバル車を設定し、激しい販売競争を展開していた。しかし、いまやそんな“...

続きを読む...

改良で販売台数トップに返り咲くもトヨタ・アクアの抱える苦しい現実

「ハイブリッド」というおまじないは利かない時代に  4月3日にトヨタ・アクアが一部改良を行った。今回の大きな改良点としては、衝突回避支援パッケージ“トヨタセーフティセンス”について、昼間の歩行者も検知対象に加えた、“プリ...

続きを読む...

プリウスに暗雲! 2代目・3代目オーナーが現行モデルに乗り替えたがらない本当の理由とは

台数を見ると成功しているように見えるが内実は深刻  自販連(日本自動車販売協会連合会)の統計によると、2017事業年度(2017年4月~2018年3月)の軽自動車を除く登録車のみでの車名別販売ランキング第1位は14万90...

続きを読む...

販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

クルマを操るという楽しさを存分に味わうことができる  21世紀になって大きく変わったのがクルマ選びの基準だ。ファミリーカーは、セダンではなく使い勝手のいいミニバンやクロスオーバーSUVに取って代わられている。また、スポー...

続きを読む...

販売ランキング上位が人気車とは限らない! 販売台数数字に隠された真実とは

登録車と軽自動車を合わせたランキングトップ10内に軽が6台  一般社団法人・日本自動車販売協会連合会(以下自販連)と、一般社団法人・全国軽自動車協会連合会(以下全軽自協)からそれぞれ、2018年2月の車名別販売ランキング...

続きを読む...

メルセデス・ベンツが日本で8年連続販売増! 日本車離れが進んでいるのか?

メルセデス・ベンツの販売台数は三菱自動車の倍近い数字  輸入車きってのプレミアムブランドながら、日本では最量販ブランドでもあるメルセデス・ベンツ。2017年の販売台数は6万8221台(前年比101.2%)と過去最高の数値...

続きを読む...

基本は同じクルマも販売台数で大きな差! 明暗わかれた悲運の兄弟車3選

政府も関係した肝いりのモデルでもダメだった……  自動車のなかには兄弟車(もしくは姉妹車)と呼ばれるものが存在する。これは基本コンポーネントを共有しながら、別車種として販売されているものを指すのだが、中には兄弟車にも関わ...

続きを読む...

混戦のMクラスミニバン2番手争い! ホンダ・ステップワゴンが日産セレナを逆転した理由とは?

自動運転技術「プロパイロット」を搭載したセレナを逆転  5ナンバー(小型車)サイズを基本とした3列シートのスライドドア・ミニバンは、日本の自動車市場を象徴するカテゴリーのひとつだ。具体的には、トヨタ・ヴォクシー/ノア/エ...

続きを読む...

前年同月比で48.4%! 完成検査不正問題で日産の新車販売に影響は?

数字の下落は不正問題よりもフリート販売の影響が大きい  日産自動車の完成検査不正問題は、その後の神戸製鋼や三菱マテリアルなどの不祥事と合わせて、“モノ作り大国・日本”の崩壊のはじまりとも言っていいほど、組織の硬直化が顕在...

続きを読む...

デイリーランキング