70%に達する猛者も! 「クルマ好きって多かったのね」って安心する「MT販売比率」の高い国産車5選 (1/2ページ)

70%に達する猛者も! 「クルマ好きって多かったのね」って安心する「MT販売比率」の高い国産車5選

この記事をまとめると

■新車でMTをラインアップする車種はまだまだある

■MTが大不況なのにも関わらず総販売台数の70%以上がMTという脅威的な車種も

■小排気量車はMTの方が楽しめるのでオススメだ

MTの方が圧倒的に売れているのは楽しいクルマの証

 今は新車として販売される乗用車の98〜99%がATを搭載する。売れ行きを伸ばしているハイブリッドにMT(マニュアルトランスミッション)は用意されず、ATが圧倒的な売れ筋になった。しかし、第1種普通運転免許の取得状況を見ると、AT限定免許の比率は約70%に留まる。残りの30%はMTを運転できる。MT取得の理由は、業務で商用車を運転するなどさまざまだが、MTのニーズが皆無になったわけではない。

 それなのに搭載車が減ったから、MTの需要が一部のMT車に集中している。そのラインアップを見ると、コンパクトなスポーティカーが多い。

1)マツダ・ロードスター:70%以上

 代表車種はロードスターだ。国内販売総数の70%以上を6速MTが占める。

【関連記事】レーシングドライバーが選ぶ! MTで楽しめる歴代軽自動車ランキングTOP5

NDロードスター走り画像はこちら

 コンパクトな後輪駆動のスポーツカーとあって、MTを駆使する峠道の走りは楽しい。エンジンパワーをフルに引きだす醍醐味も味わえる。ロードスターでは、車両のコンセプトと運転感覚がMTの価値に合っているから、MT比率も高まった。

NDロードスターシフトノブ画像はこちら

2)スズキ・アルトワークス:70%以上

 アルトワークスもMT比率が70%以上に達する。エンジン回転の上昇に伴って加速が活発になり、ターボの特性を相応に感じさせるが、MTを駆使して走るとじつに楽しい。

アルトワークス全体画像はこちら

 足まわりも硬めの設定だから、中高年齢層のユーザーが運転すると、若かった頃のスポーティカーを思い出して懐かしくなるだろう。MTが6速ではなく5速なのも、懐かしさを盛り上げる。

アルトワークスインパネ画像はこちら

画像ギャラリー