現行N-BOXもなんのその! かつて爆発的ヒットを遂げた軽自動車3台 (1/2ページ)

現行N-BOXもなんのその! かつて爆発的ヒットを遂げた軽自動車3台

この記事をまとめると

■いま軽自動車が売れていてとくにホンダN-BOXは大ヒットとなった

■しかし過去にもバカ売れした軽自動車が存在した

■この記事では3台の具体例を挙げて解説する

左側ドアの鍵穴まで省いてコストダウン!

1)初代スズキ・アルト(1979年発売)

 現在ラインアップされている軽自動車には、かつて好調に売れた実績のある車種も多い。とくに歴史の長い軽自動車がスズキ・アルトだ。初代アルトは1979年に発売されてヒット作になった。

 初代アルトがヒットした一番の理由は47万円の低価格だ。当時の軽自動車の価格は、スズキ・フロンテでもっとも安価なスタンダードが56万8000円だったから、アルトはその83%の価格設定であった。

 低価格を実現できた理由は、軽乗用車ではなく、軽商用車(ボンネットバン)として開発されたことだ。1989年に消費税が導入される前は、クルマの価格には卸値に課税される物品税が含まれていた。その税率は、軽乗用車は15.5%だが、軽商用車は非課税であった(この後に5.5%まで課税)。従って軽商用車の規格を使えば、価格を安く抑えられた。

【関連記事】レーシングドライバーが選ぶ! MTで楽しめる歴代軽自動車ランキングTOP5

スズキ・アルト(初代)のフロントスタイリング画像はこちら

 そこでアルトは軽商用車として開発され、コストダウンも徹底させている。ラジオや時計はオプションで、左側のドアの鍵穴まで省いた。

 商用車規格で開発すると後席が狭まるが、当時はセカンドカー需要が増え始めた時期だから、軽自動車は2名以内の乗車で使うことが多い。何よりも低価格のインパクトが強く、アルトの売れ行きは急増した。

 アルトの後には、ダイハツ・ミラ(1980年)、三菱ミニカエコノ(1981年)、スバル・レックスコンビ(1981年)など、ボンネットバンの軽商用車が追随している。

スバル・レックスコンビのフロントスタイリング画像はこちら

画像ギャラリー