「タグ: AT」の記事一覧

ATに関する記事の一覧ページです。WEB CARTOP では、新型車や試乗記、自動車のイベントや著名な自動車評論家によるコラム等、自動車好きの方が欲しい情報が満載です。

なぜ2倍も違う? MT車よりAT車のほうが「事故率」が高いワケ

この記事をまとめると ■AT車よりMT車のほうが事故率が低いと言われることがある ■ペダル操作のラクさが諸刃の剣となっている可能性がある ■考えられる理由について詳しく解説する ペダル操作のラクさが諸刃の剣となっている可...

続きを読む...

MT車の絶滅度合いは世界でもトップレベル! 日本のAT比率が圧倒的に高い理由

この記事をまとめると ■日本は世界的に見てもAT比率が高いと言われている ■現在、日本での新車販売の99%前後はATだ ■ATが増えていった背景について解説する かつてATには高級なイメージがあった  日本の自動車市場は...

続きを読む...

いまだ全盛なのは日本だけ! 自動車のトランスミッション「CVT」の未来は非常に厳しかった

この記事をまとめると ■CVTは革新的なトランスミッションとして注目を浴びた時期があった ■通常のAT方式の多段化と変速制御の高度化によりCVTの存在意義は失われた ■パワープラントの電気モーター化でATはトルクコンバー...

続きを読む...

MT車の駐車で入れておくギヤは「何速」が正解? 同時に必須だけど「ほとんどの人がやらない」こととは

この記事をまとめると ■MT車を駐車する際はギヤをN以外の場所に入れておくと言われる ■状況別に入れるギヤを選択すべきかについて解説する ■筆者はギヤをどこに入れるかよりも大切なことがあると述べている ギヤをどこかに入れ...

続きを読む...

セドグロの5速に驚いたがいまや10速も当たり前! ATがドンドン多段化するワケ

この記事をまとめると ■AT車は多段化が進み、いまでは10速ATも存在するほどだ ■多段化のメリットは滑らかでスムースな走りを可能とすること ■しかし、ただ多ければ多いほどいいわけではない 話題の新型フェアレディZも9速...

続きを読む...

「ダイヤル」「ボタン」「スイッチ」! ストレートorゲート式だったATのシフトが多様化した理由とは

ひと口にATとはいってもその種類や操作方式はさまざま  いまや自動車の変速方式はATが圧倒的多数で、MTは珍しい存在となっている。ATが持つイージードライブ性やAT自体の高性能化が進んだためだ。逆にMTは、動力伝達のロス...

続きを読む...

このご時世に「70%超え」の猛者も! MTが売れまくりのクルマとは

MT率が圧倒的に高いモデルも存在!  直近のデータでは、国内で販売される乗用車の99%はAT車というこの時代に、3ペダルのMT車のほうが売れている車種がいくつかある。そうしたMT車が支持されているクルマをピックアップして...

続きを読む...

MT車の販売比率はわずか1%程度! それでも新規免許取得者は半数が「非AT限定」! 需要はどこにある?

いまだ軽トラは7割がMT車!  いまや乗用車の新車販売において99%がAT(オートマチックトランスミッション)になっているといわれている。その一方で、新規に運転免許を取得する人においてはAT限定ではなく、MT(マニュアル...

続きを読む...

想像より影響は大きい! 日常的にやりがちなクルマの燃費を悪化させる行為6つ

エアコンを入れると12%ほど燃費が悪化するというデータも!  この冬は、新型コロナの影響でボーナスを引き下げられたり、懐の寒い人も多いはず!? そうしたなか、改めて気になるのはクルマの燃費。そこで燃費に影響する行為と落ち...

続きを読む...

いまや軽自動車にも採用される「パドルシフト」! 「一緒に回る」ステアリング側と「位置固定」のコラム側が混在するワケ

自動変速ではモノ足らずに広がっていったシフトスイッチ  いまやスポーティなモデルでは珍しくなくなった、パドルシフト。オートマティックトランスミッション(AT)やCVTなど、本来はギヤをシフトする必要がない変速装置に、あえ...

続きを読む...

趣味性だけじゃなかった! 日本と違ってヨーロッパや経済新興国では「MT車」がまだまだ人気なワケ

欧州では車両価格や燃費を気にしてMT車を選ぶ傾向にある  ドイツやスイスなど、欧州各地の空港でホテルの送迎車を待っていると……。  10人乗り程度までの商業バンだと、MT(マニュアルトランスミッション)車がけっこう多い。...

続きを読む...

MT・AT・DCT・CVT! クルマのトランスミッションはなぜこんなに種類が必要?

技術の進歩でATでもダイレクトな走りが味わえるように進化  かつてトランスミッションといえばマニュアル(MT)式かフルオートマチック(AT)しか選択肢がなかった。MTはクラッチを備えるスリーペダルが当たり前で、ギヤ段数は...

続きを読む...

「使われないクルマ」と「使ったことない人」が大半! ATシフトレバー横の「シフトロック」ボタンの使い道とは?

エンジンをかけられないときに使う緊急用のボタン  AT車のシフトゲートの脇にあるシフトロックの解除ボタン(ボタンではなく、キーを差し込むタイプのものもある)。基本的に普段使うものではなく、あまりにも出番がなさ過ぎて、存在...

続きを読む...

なぜ個性的な配列がない? 基本世界中でAT車のシフトパターンが「P-R-N-D」の順な理由

誤操作を防ぐために考えられたシフトパターン  AT車の歴史はけっこう古く、フルードカップリング+4段変速を備えた世界初のATは、1939年に登場したGMのオールズモビルのATだった。それ以降、アメリカのビッグ3とボーグワ...

続きを読む...

オートマじゃなく自動MT? スバルも日産もポルシェも挑戦した「オートクラッチ」とは

ストレスなくATが使えるのは1980年代後半あたりから  マニュアルミッションを操作するというのは楽しいものだが、ときには面倒なこともある。その結果がATなのだが、技術が発達していない時代ではその制御や耐久性は完璧でなか...

続きを読む...

デイリーランキング