• TOP > テクノロジー

「テクノロジー」の記事一覧

サスペンションの伸縮でクルマが勝手に曲がる! バンプステアって何?

サスペンションの構造上ストロークすると舵角が発生する  サスペンションはタイヤを上下させることで、路面からの衝撃を吸収し、タイヤのグリップ力を確保する働きをしています。そのサスペションがストロークする時、タイヤはキレイに…

続きを読む...

アクセルを踏むとクルマが右や左に振られる! 故障ではないこの現象の正体とは

左右の駆動力が異なることで発生するトルクステア  アクセルペダルを踏み込むと、ステアリング操作していないのに、クルマが左右どちらかに曲がろうとする現象を、トルクステアと呼びます。この現象は、エンジンの駆動力が駆動輪の左右…

続きを読む...

運転技術に応じた保険料計算からローン審査まで! 単にクルマのスマホ化じゃないコネクティッドカーとは

単にネットワークの情報を入手できるシステムじゃない  自動運転が注目を浴びる中、その周辺技術のひとつとしてコネクティッドカーがあります。これはクルマを情報ネットワークと繋いで(=コネクトして)、さまざまなサービスや管理機…

続きを読む...

じつは潤滑だけじゃない! エンジンオイルがもつ5つの役割とは

潤滑・密封・冷却・洗浄・防錆の5つを担っている  エンジンオイル、どのくらいのスパンで交換していますか? 高性能なターボエンジンだったら3,000kmという人も居ることでしょう。逆にメーカーの取扱説明書通りに、15,00...

続きを読む...

スピードメーターに表示される速度はどう測っている?

昔はケーブルを接続してメーターを回していた  スピードメーターの表示はどこで測っているのだろうか? 不思議に思ったことはないだろうか。じつはここにも技術の進化というのはあるのだ。  まずクルマがアナログだった時代ではミッ...

続きを読む...

【意外と知らない】自動車エンジンの「気筒休止システム」って何?

ピストンは動いているが何気筒かの燃焼を休止させる省燃費技術  エンジンの省燃費技術のひとつで、日本でもホンダがかなり積極的にやって来ました。実際にいくつかのモデルのエンジンに採用されていたので、乗ったことがある人もいるこ…

続きを読む...

レシプロエンジンは同じ排気量でもボア×ストロークが変わると何が変わる?

燃焼室の形状に影響して熱効率が変わってくる  カタログの主要諸元という表の中には、いろいろな数値が並んでいますね。とても重要な数値から、あまり意味のない数値まで、幅広く表示されています。エンジンのスペックの中に、ボア×ス.…

続きを読む...

デザインだけが注目じゃない! 新型トヨタ・カムリは安全面がスゴイ

安全かつ運転を支援する最新デバイスが満載  新型カムリはパッシブセーフティ、アクティブセーフティの両面でも最新の機能を備える。  まずパッシブセーフティでは、衝撃吸収ボディと高強度キャビンによる衝突安全ボディを採用。高張.…

続きを読む...

50歳以上しか知らない!? クルマの「キャブレター」とは

燃料を気化して混合気を作る装置  日本語では「気化器」です。燃料を気化する装置で、エンジンの吸気系のなか、エアクリーナーとエンジンの中間に配置されていました。過去形なのは、現在はキャブレターを使用している自動車用エンジン…

続きを読む...

【新型トヨタ・カムリ詳細解説】低重心が生み出す「優れた走り」がセダンに復権には必要だった

 TNGAに基づく新型プラットフォームとして、新型カムリで初投入となる「Kプラットフォーム」。今後、ミドル〜アッパーミドルクラスのトヨタ車のプラットフォームとして使われることもあって、ボディ&シャシーとしての基本性能を徹...

続きを読む...

油圧パワステが消え電動パワステが主流になった理由とは?

油圧式は常時ポンプを作動させるため燃費に影響する  パワーステアリングというのは、ステアリングを回す力を軽くしてくれる装置です。ドライバーがステアリングを回し始めた瞬間から、それに追従して力を加えてくれて、回す力が軽くな…

続きを読む...

【新型トヨタ・カムリ詳細解説】数値に表れない「扱いやすさ」を追求したパワーユニット

ハイブリッドシステムはよりコンパクトかつ軽量化  新型カムリには新開発のパワーユニットが搭載されることとなった。従来モデル同様、日本仕様ではハイブリッドエンジンのみとなるが、プラットフォームと同時進行で開発が行なわれたこ…

続きを読む...

【意外と知らない】クルマ好きが言う「デフ」って何?

左右の駆動輪の回転差を吸収する装置 「デフが効かない」「デフから音が出ている」「デフのセッティングを変える」なんていう言葉を聞くことがありますか? そうだとすると、それはモータースポーツに関わっているか、あるいはハードな.…

続きを読む...

今どきのクルマに続々採用される「バイ・ワイヤ」とはどんな技術?

機械的に力を伝えるのではなく電気信号で伝えるシステム  ワイヤって聞くと金属のヒモをイメージしますよね? クレーンがつり上げるワイヤーケーブルや、自転車のブレーキワイヤーをイメージするのが一般的だと思います。しかし最近の…

続きを読む...

1 / 1112345...10...最後 »