• TOP > テクノロジー

「テクノロジー」の記事一覧

2020年の実用化は不可能!? 自動運転車の実現に立ちはだかる壁

インフラから変更しないと厳しい状況にある  最近、自動車産業を悩ませている巨大な難題は、やはり自動運転でしょう。これまで自由に移動することこそが最大の魅力だったはずの自動車を、道路の上を走る電車のような存在へと変身させよ…

続きを読む...

クルマを実際に走らせるとカタログに記載されている「燃費」が出ないワケ

カタログ表記の燃費測定はそもそも交通状況が理想的な状況  燃費に対する市場の期待や視線が強まり、カタログ表記をするための燃費測定方法が、JC08モードからWLTCへ転換が進んでいる。とはいえ、カタログ数値と実走行燃費の差...

続きを読む...

初代セルシオから始まり軽にまで普及した自発光式メーターって何? そのメリット・デメリットとは

昼夜問わず視認性は高いがヘッドライトの点灯忘れという弊害も  夕方や夜間に使うメーターの照明がメーター自体を明るくする通常のアナログメーターに対し、メーターの裏側から照明を当て常時発光させ、画面が浮き上がるように見える自…

続きを読む...

クルマのエンジンはなぜバイクのように1万回転以上回らない?

重たいクルマを動かすためにはロングストローク化する必要がある  バイクのエンジンが1万回転を超えるような高回転で回るのは、ショートストロークであることと、それを可能にする車両重量の軽さによる。1000ccクラスの大型バイ...

続きを読む...

ミシュランタイヤの静粛性は日本の群馬に秘密あり! 太田サイトの研究現場を覗いた

静粛性やノイズの研究開発は日本でのみ行われる  日本ミシュランタイヤは、同社の三大開発拠点のひとつである「ミシュラン太田サイト」にて、静粛性に関する勉強会を報道陣向けに開催した。ミシュランの開発拠点は日本のほか、フランス…

続きを読む...

世界の道を走りこんで進化した新型スズキ・ジムニーのメカニズムをチェック

オフロードでの走行性と信頼性が格段に向上  ジムニーのエンジンは、従来のK6Aターボからほかのスズキ車と同じR06Aターボへチェンジした。このエンジンはFF用では横置きレイアウトだが、新型ジムニーは伝統のFRレイアウトを...

続きを読む...

大きな駆動用バッテリーがあってもEVやHVが12Vの補機バッテリーを積む理由とは

電圧を下げて使うよりも効率がいい  電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)、あるいはハイブリッド車(HV)など、いわゆる電動化されたクルマは、容量の大きなバッテリーを搭載している。同時に、エンジン車と同じ...

続きを読む...

軽自動車にディーゼルエンジン搭載車がない理由とは?

重量とコストを考えると軽自動車のメリットを損なう  軽自動車規格の変遷において、ディーゼルエンジンではいけないという記載はない。だが、直噴ターボディーゼルが誕生するまでのディーゼルエンジンは、大排気量で、低回転で大きな力…

続きを読む...

システムはありきたりでもフォレスターの悪路走破性がライバルに優るワケ

ドライブシャフトの強度のポイントがある  スバルから新型フォレスターが登場した。5代目にして「e-BOXER」と呼ばれるハイブリッドが設定されたのに対して、ついにターボエンジンのラインアップが消えたことは古くからのファン...

続きを読む...

先代モデルの良さを受け継いだスバル新型フォレスターのディテールをチェック

SUVの機能性を追求し正常進化を果たした  先代フォレスターは、SUVとしての機能を形にしたスタイリングで人気を博した。新型はそのSUVらしい躍動感や力強さをさらに強調したデザインに進化。フロントグリルからヘッドライトま...

続きを読む...

マツダのロータリーエンジン復活は不可能? どうしても乗り越えられない壁とは

細長い燃焼室形状による熱効率の厳しさ  マツダという自動車メーカーにとって、ロータリーエンジンは至宝です。なにしろ世界中の自動車メーカーが注目し、チャレンジしたにもかかわらず、世界に先駆けて量産化できたのはマツダ(当時は…

続きを読む...

ハイブリッド車のカタログ燃費と実燃費がガソリン車に比べかけ離れるワケ

複雑な制御が可能なゆえにモード走行に合わせやすい 「ハイブリッドは、実燃費との乖離が大きい!」といった声は、あちこちで聞きますね。何故でしょうか? それはカタログ燃費が良く出過ぎるからです。実燃費が悪いというのは、つまり…

続きを読む...

理想のユニットにならない? ダウンサイジングターボ+ハイブリッドの組み合わせを見かけない理由とは

メルセデス・ベンツが実用化しているが小型車には向かない  ダウンサイジングターボエンジン+ハイブリッドのパワーユニット、じつはすでに存在する。ダイムラーがメルセデス・ベンツS450に搭載したM256という直列6気筒エンジ...

続きを読む...

小さなボディに最新技術を凝縮! かわいい見た目だけじゃないスズキ・クロスビーのメカニズムを解説

目指したのはサイズを感じさせない力強さ  クロスビーのパワーユニットは、自然吸気エンジンの1.5Lに相当する高出力と大トルクを発揮する1LのK10C型直列3気筒直噴ターボエンジンを搭載。このエンジンはバレーノ(ハイオク仕...

続きを読む...

1 / 1412345...10...最後 »

ウィークリーランキング

  1. レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

    一般には語られない難しすぎる操縦性 今や500馬力は当たり前。700馬...

  2. トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    トヨタはC! ホンダは音楽! メーカーごとの不思議な車名の共通性

    最近は共通性が崩れつつあるケースも 最近はそうでもないが、かつてクルマ...

  3. 中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    中古ゆえに安いはずが新車よりも高値が付くクルマのパターン3つとは

    当然鍵は希少性だが売れまくった車種でも高値になる可能性も クラシックカ...

  4. 一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    一般人には理解不能! クルマ好きのやりがちな行為5つに意味はあるのか

    昔は意味があったが今となっては不要な行為も サーキットのパドック、ある...

  5. 新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    新車を買ってすぐに「やってはいけない」こと3選

    「急」「高」「長」を控えたほうがいい 念願の新車を購入し、いよいよ納車...

  6. 先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代の3倍の売れ行き! トヨタ・カムリ成功の裏にあるプリウスの苦悩

    先代カムリの700台に対し2400台という月販目標 2017年7月10...

  7. 【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    【奇才】カウンタックを手がけた「ガンディーニ」デザインのクルマ5選

    現役デザイナーからも尊敬される才能の持ち主 マルチェロ・ガンディーニ。...

  8. 「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    「ハチマキ・ヨンメリ・水中メガネ」一風変わった愛称で親しまれたクルマ7選

    愛称が付けられるということは人気車種の証 大好評の第1弾に引き続き、ま...

  9. 電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    電気で走れる楽しさがさらにアップ! 日産ノートe-POWERのチューニングアイテム登場

    走りの良さだけでなく燃費を重視したモードも 日産のモータースポーツ活動...

  10. 販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

    販売ランキング下位なのがおかしいほど魅力あふれる現行車5選

    クルマを操るという楽しさを存分に味わうことができる 21世紀になって大...