「お役立ち情報」の記事一覧 - 10ページ目

金欠ファミリー必見! 乗れば満足も不人気がゆえに安値の中古ミニバン4選

人気ジャンルミニバンも車種によって人気はまちまち  3列シートを備えて多人数乗車にうってつけなミニバンはファミリーカーとして人気のジャンルとなっている。しかし、どんな3列シートでもいいのかというとそうでもないらしく、同じ...

続きを読む...

クルマの大敵「使用感」を抑えるセルフ掃除のポイント6つ

まずは家で言う玄関にあたる部分をキレイにする  当然のことながら、車内には汚れがどんどんと溜まっていくのだが、不思議と多くの人が「うちのはそんなに汚れていない」という。徐々に汚れていくので、わかりにくいのだろうが、もちろ…

続きを読む...

ブームなのに不人気だから安値! 中身で勝負の中古SUV車4選

マイナーながら名車と同じエンジンを搭載したクルマも存在  未だに衰えを感じないSUV人気。そのため、いままで高級車やスポーツカーしか作ってこなかった海外メーカーも続々と新型SUVをリリースしているほどだ。しかし、出せば売...

続きを読む...

高級感は抜群だけど「布」のほうがいい場合も! 本革シートのもつデメリットとは

クルマの使用目的によってはファブリックシートに軍配が上がる  高級感があり、肌触りの良さと風合い、使い込んでいくほどに味が出てくるのが本革シートの魅力。そんな本革シートにあこがれる人も多いだろうが、高価な本革シートにもデ…

続きを読む...

非降雪地域のひとほど油断しがち! 今すぐ備えておくべきクルマの冬支度4選

軽く見ているポイントほど重要  暖冬だと言われていたら、ドカ雪が降ったりするのが昨今の冬だ。逆に降ると言われていて、降らないなら取り越し苦労で終わるのでいいが、それでも準備はしっかりとしておきたい。  冬に備えるための支.…

続きを読む...

じつは消耗品! 最近クルマの風切り音がうるさいと感じたら疑うべきパーツとは

ドアや窓まわりに使われているゴム部品の劣化で音が出る  運転中に耳障りなのが、風切り音だ。最近は風洞での実測だけでなく、シミュレーション技術も発達したことから、以前に比べればかなり抑えられてはきている。実際、ヒューヒュー…

続きを読む...

ヘッドライトの種類を徹底比較! ハロゲンやHIDをLEDにアップデートするメリットはあるのか

いま純正のヘッドライトはLEDが主流  クルマのヘッドライトの主な光源は、ハロゲンランプ(電球)、HID、LEDの3種類。歴史的にも、ハロゲン、HID、LEDの順に進化してきて、最近の純正ヘッドライトはLEDが増えてきて...

続きを読む...

マメに洗車をしてるのに……なぜか「くたびれ感」の出た愛車に「シャッキリ感」を取り戻す方法7つ

蓄積した汚れや小キズがくたびれたように見えてしまう原因  あんなに新車のときはピカピカして、見た目もシャッキリしていたのに、長く乗るにつれてなんともくたびれた感じになってきたなんていうことは誰もがあるのではないだろうか。…

続きを読む...

橋の上は危険? 7月は事故が多い? 意外と知らないクルマの日常走行での危険なシチュエーションとは

リスクの大きい場所を知っていれば事故の減少も可能  できれば避けたい交通事故だが、交通事故のリスクは条件によって大きく変わる。  たとえば、基本的に季節の変わり目は事故が多い。交通事故総合分析センターのデータによると、1...

続きを読む...

ベテランでも間違いがちなクルマのウインカー&ハザードの正しい使い方とは

安全な交通のためにも今一度ルールを確認しておきたい  教習所で習ったけどすっかり忘れたり、守っていないことはいろいろある。実際に即していないから必要ないものもあるが、今一度思い出すことで安全性が高まるものもある。後者の筆…

続きを読む...

失敗しない新車購入のための「良いディーラー」を見分ける方法5つ

少しでもいいディーラーと巡りあうためのヒントは5つ  “良いディーラーと悪いディーラー”というのは、個々の価値観の違いなどでその判断基準は異なる。それゆえ一概には語り切れない部分もあるが、その見分け方のヒントはいくつかあ...

続きを読む...

あの忌まわしきギラギラよさらば! そもそもフロントガラスに油膜を発生させない方法とは

意外にもボディのワックスが原因のひとつに!  フロントウインドウに付く、油膜というのはイヤなものである。雨が降ると、水滴が変に張り付いたりするし、夜ともなればまわりの明かりがギラギラとして視界は激悪になる。ワイパーを動か…

続きを読む...

ガチの悪路は走らない! そんな人にメリットの大きいクロスオーバーSUV5台とその中身

立体駐車場へ入庫できるかがポイントのひとつに  世界的にブレークしているクロスオーバーSUVには興味津々ながら、本格SUVまでは必要なし。扱いやすくて燃費も良く、比較的手ごろな価格のクロスオーバーモデルはないものか? 今...

続きを読む...

いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

見た目はもちろん運動性能の面でメリットは大きい  最近は純正装着でも17インチ、さらには19インチも当たり前。扁平も45や35なんていうのも珍しくない。軽自動車でも15インチを装着しているモデルは多い。つまりホイールは大...

続きを読む...

所詮軽……の時代は終わった! 200万円以下で安全&運転支援装備が充実した軽自動車4選

普通車に負けない安全装備を装着した軽自動車も多い  消費税10%へのアップがほぼ確実となった今、それまでに家族のクルマを手に入れたいな〜、って考えている皆さんも多いのではないでしょうか? 購入費用だけでなく、買ってからの...

続きを読む...

ウィークリーランキング