「お役立ち情報」の記事一覧 - 60ページ目

維持費を抑えるならコレ! 自動車税の安いクルマ8選

激速モデルでも激安のクルマも結構ある  毎年5月に送付される自動車税の通知は、金額の大小はさておき自動車ユーザーにとってズシリとくる便りだ。  自動車税は、エンジンの排気量が大きいほど高額になるが、クルマのジャンルや最近...

続きを読む...

クルマの走行中に助手席の背もたれを倒して寝てもいいのか?

法律的にはシロに近いグレーだが安全の観点からはヤメるべき  楽しく遊んだ帰り道、あるいは出張帰りでも、助手席の同乗者が眠くなるのはよくあること。また、居眠り運転を避けるため、同乗者と運転を交代して、片方の人が助手席で仮眠…

続きを読む...

同じルートでも金額が違う!? タクシー料金の決まり方とは

交通渋滞時は料金の加算基準が距離から時間へ変わる  タクシーの使い方はひとぞれぞれだが、オフィスから最寄りのターミナル駅までなど、決まったルートを頻繁に使うひとも多いはずだ。そのような使い方をしているときに、同じルートを…

続きを読む...

簡単なのにやらない人多し! ワイパーの点検と交換方法とは

降雨時に使ってダメなことがわかるのでは遅い! 普段から点検を  梅雨以外でも長雨だったりして、ワイパーは1年を通して大活躍だ。それだけに日頃からメンテナンスはしっかりしておきたいのだが、これがまた忘れがちだったりする。結.…

続きを読む...

【世界の名車】オークション高額取引の常連フェラーリ・デイトナ

デイトナ24時間レースの活躍から愛称が付けられた  フェラーリといえば歴代、数々の名車が名を連ねているのは、改めて言う必要もないだろう。現存モデルについては、芸術品同様、非常に希少価値があるとされ、価格は億レベルだったり...

続きを読む...

急激なEV化の流れのなかトヨタ肝いりの水素戦略はどうなる?

再生可能エネルギーの利用においてFCVは重要  世界的に電気自動車の波はますます大きくなっている。イギリス、フランス、ドイツといった欧州各国ではゼロエミッションビークル(ZEV=有害な排ガスを出さないクルマ)へのニーズを...

続きを読む...

日本GPの裏側! 関係者以外入れないルノーF1のホスピタリティに潜入

本格コース料理も用意! カーボンの達磨など遊び心も満載  F1開催時のサーキットのパドックには、各チームのホスピタリティユニットが組み立てられる。ここはドライバーやスタッフなどチームの関係者のみが、食事や休憩、打ち合わせ...

続きを読む...

【意外と知らない】エンジンの圧縮比って何?

燃焼室容積と排気量によって決まる  圧縮比というのはエンジンにとって、とても重要なスペックです。ピストンがシリンダーのなかを上下に動きますが、その上限と下限の動きで生れる容積が排気量ということになります。そして上限の時に…

続きを読む...

なんと1年で674万件! 交通違反検挙ランキング・トップ5

速度違反がトップだが2位は意外にも……  出来ればお世話になりたくない交通違反の取り締まり。ルールを遵守するのが一番だが、納得のいかない取り締まりがあるのも事実。そんな交通違反の取り締まりの現状を、データで確認してみよう...

続きを読む...

今どきの洗車機は愛車に傷が付かないってホント?

センサーやブラシの進化によって傷が入りにくい  場所がないなど、環境的に厳しいのが自宅洗車。とくに月極駐車場だと、ほぼ洗車はできないと言っていい。となると、洗車場やガソリンスタンドの洗車メニューが頼りになる。  洗車場に.…

続きを読む...

新車時の10分の1! 激安でも高級感満点の国産中古車3選

新車時の価格では到底手の届かないクルマを狙える  中古車というものは基本的に年式に比例して価格は安くなるもの。もちろんクラシックカーの領域まで古くなってしまえば話は別だが、おおよそ10年~15年落ちくらいのモデルはほとん...

続きを読む...

【忘れがちな道交法】高速のトラックマークのレーンを一般車は走っていい?

普通車やバイクなどが走ってもまったく問題なし  高速道路の第一通行帯(一番左のレーン)に、トラックのマークが書かれていることがある。あれをトラック専用車線と思っている人がいるかもしれないが、あの表示は「特定の種類の車両の…

続きを読む...

エンジンの性能を表す単位はなぜ「馬力」というのか

実際に馬のする仕事から割り出された仕事率  馬力とはエンジンの出力単位として使われていてるのというのは、クルマ好きならご存知だろう。使用単位として法律的に定められているのでカタログには必ず記載されている。最近は国際基準に…

続きを読む...

高速の渋滞時に「合流車線へ車線変更して」前に行くのはあり?

前提として合流するクルマは気後れせずに先端まで行くべき  行楽シーズンの高速道路。渋滞している本線に加速レーンから合流するとき、合流車線の先端までスイスイ進んで合流するのは、本線上で並んでいる他のドライバーを出し抜くよう…

続きを読む...

ウィークリーランキング