「お役立ち情報」の記事一覧 - 60ページ目

クルマのバッテリーの劣化度合いはどうチェックする?

比重にて希硫酸の濃度を測定する  バッテリーというのは、性能や劣化具合が見ただけではわかるわけはない。それだけに、現在どのような状況なのか心配になるのだが、劣化具合を測る方法はある。最近は液剤を補充しなくてもいい、メンテ…

続きを読む...

現金より値引き拡大のケースも! 自動車ローンでの購入メリットとは

中古買い取り価格の強いクルマはローン向き  クルマを購入する際の支払いでローンを組むことのメリットは、何と言っても手持ちのお金がなくてもクルマを手に入れられるという、夢のような話に尽きる。何らかの就業をしていて一定の収入…

続きを読む...

見落としがちな車内の汚れ! 健康のためにも掃除が必須なポイント4つ

雑菌の繁殖もあるので小まめに掃除すべき  外観をきれいに保つというのはもちろん重要だけど、基本的には健康に害などがあるわけではなし。一方、車内というのは見た目はもちろん、下手をすれば健康を害することだってあるのだ。  今.…

続きを読む...

複数段変速のないクルマも多いEV時代の到来でトランスミッションメーカーの未来は?

よりモーターの効率を高めるための多段変速機構の役割はある  自動車メーカーがさまざまなサプライヤー(部品メーカー)からパーツを仕入れて、一台のクルマとして仕上げているのは、ご存じの通り。タイヤまで含めると、すべてのパーツ…

続きを読む...

飛び石で後続のクルマが破損した場合飛ばした側の責任にはならない?

現実的には責任を問うことは難しい  先日、高速道路上にスペアタイヤを落としてしまい、それにぶつかった乗用車が破損、路肩で避難したところに、スペアタイヤにあたった後続のトレーラーが突っ込んできてしまい、二人が亡くなるという…

続きを読む...

時代によって流行がある! 一世を風靡したクルマのテール形状4選

流行の形状には名前も付けられている  クルマにとってデザインは重要なものだが、ただ感性に任せて自由にやっているというわけではなく、専門的に定番化されたディテールというのもあって、それをうまく取り入れたりもする。そうするこ…

続きを読む...

フロントのナンバープレートを外して乗っても良いのか?

50万円以下の罰金というペナルティがある  封印されているリアのナンバープレートと違い、フロントのナンバープレートは簡単に取り外しが可能。ラジエターの前にあって、冷却性能面でマイナスだったり、ルックス的にも好ましくないし...

続きを読む...

試乗はちょっと……な人でも新車購入前にディーラーの展示車で絶対に確認すべきこと5つ

購入後に乗る可能性のあるなら家族全員で行くべき  クルマの購入を検討する際のディーラーでの試乗は必ず行って欲しいことであるが、女性など「自分のものでない上に慣れていないディーラーの試乗車に乗るのは気が乗らない」という人も…

続きを読む...

ホンダ・スポーツEVコンセプトは発売される? デザイン統括担当者に直撃インタビュー

新開発のEV専用プラットフォームの可能性を探っている段階  ホンダは東京モーターショー2017で、新開発のEV専用プラットフォームを採用し、2019年に欧州、2020年に日本で発売する小型ハッチバック「アーバンEVコンセ...

続きを読む...

スタッドレスへの交換で外した夏タイヤの正しい保管方法とは

ホイール付きの場合は空気圧を落とすことも大切  スタッドレスタイヤのシーズンが近づいてきた。外した夏タイヤをどう保管するか。これにもちょっとしたコツがあるので、おさらいしておこう。    まず、保管する前に、水洗いで土や...

続きを読む...

できれば避けたい!? ガソリンスタンドマンが苦手とするクルマとは

プロフェッショナルにも苦手なクルマや人はある  自動車ユーザーなら必ずお世話になるガソリンスタンド(EVを除く?)。身近な存在であるがゆえに、できれば良好な関係を保ちたいところだが、なかには歓迎されない客もいる……。どん...

続きを読む...

自己防衛のためにも注意したい! 「アオられやすい」運転とは

煽る側が悪いのだがそうしたクルマをイライラさせないことも大切  2017年6月の東名高速での追突事故以来、大きな社会問題になっている「煽り運転」。煽り運転というのは、従来、前方のクルマに対して思いっきり車間距離を詰めるな...

続きを読む...

ウィークリーランキング