「お役立ち情報」の記事一覧 - 80ページ目

【今さら聞けない】縁石にぶつけず路肩に上手にクルマを寄せるコツとは

まずは正しいシートポジションを決める  狭い道でのすれ違いや、路肩に寄せて停車するとき、自分ではギリギリまで寄せたつもりなのに、クルマを降りてみると、まだまだたっぷりスペースが残っていたり、反対にいつもタイヤを路肩にヒッ…

続きを読む...

【無意識に使っていることも】間違いやすい自動車用語6つ!

文字にすると間違いがわかるためSNSで突っ込まれることも  基本的に横文字の多い自動車用語たち。会話の中で出てくるときはスルーされてしまうが、こうやって文字にすると間違いが目立ってしまうもの。SNSやブログなどで間違って...

続きを読む...

【選んで納得】新車購入時のおすすめオプションとは?

オートスライドドアと安全&運転支援系の装備は重視したい 新車購入時に選べるオプションは、大きく分けて2種類。クルマを生産する工場の出荷時点で装着されるメーカーオプションと、販売店で納車前に装着されるディーラーオプションの…

続きを読む...

自動車メーカーが本気で闘ったレースカテゴリー「グループC」って何?

排気量も過給も自由なエンジンによる耐久レース  グループCとは1982年から1992年まで世界を熱狂させた、クローズド・ボディのレーシングスポーツカーによる耐久レースのカテゴリーのこと。  国際自動車スポーツ連盟(FIS...

続きを読む...

【今さら聞けない】アプローチ・デパーチャー・ランプブレークオーバーアングルって何?

悪路走破性の高さを示す指標のひとつ  日本車でいうと、スズキ・ジムニー、三菱パジェロ、トヨタ・ランドクルーザー……いわゆる「クロカン(クロスカントリー)四駆」というカテゴリーのクルマにおいて重要なスペックが「アプローチア...

続きを読む...

クルマを選ぶなら標準モデルより特別仕様車のほうが買いか?

基本的には特別仕様車のほうがお買い得になっている 結論からいうと、特別仕様車の多くは非常にお買い得な内容となっており、一般的なユーザーにとっては積極的に選ぶ価値が高い場合が多い。 特別仕様車を設定する理由は「お買い得感を.…

続きを読む...

【疑問】ガソリンのようにクルマのオイルが「腐る」ことはあるのか?

使わなくても酸化と水分の混入で劣化する ガソリンが腐るというのはご存じの方も多いだろうけど、同じ原油から作られる(一部異なる)オイルはどうなのだろうか。実際のところ、使用しないでも劣化していくのだが、厳密には酸化していく...

続きを読む...

【ムービー】トップラリースト奴田原文雄が公道の雪道テクを伝授

雪道を走る可能性のあるすべてのドライバー必見  舗装路から未舗装路、雪道まであらゆる路面を制するラリードライバー。今回は日本のトップラリースト、奴田原文雄さんが、一般道を走る上で役に立つドライビングテクニックを動画で指南…

続きを読む...

【噂の真相】あまり乗らないとガソリンが「腐る」ってホント?

数年放置すると配管の洗浄などが必要になることも  ガソリンが腐るというのは、バイク乗りの方なら体験したことがあるかもしれない。乗らないでタンクに入れたまま放置しておくと、なんとも言えない悪臭を放つようになり、見た目も黄色…

続きを読む...

クルマの進化や時代の流れで消えた懐かしのドラテク7選

昔のクルマでは重要だったが今では必要ないテクニックもある  クルマやタイヤの性能向上とともに、時代遅れというか、有効性が失われたドライビングテクニックがいくつかある。 ①ダブルクラッチ  典型的なのはダブルクラッチ。ダブ...

続きを読む...

【今さら聞けない】オーバーフェンダーって何?

幅の広いタイヤを収めるためにボディを拡大するパーツ  簡単にいえば、クルマの全幅を広げるためにメーカー純正ボディのノーマルフェンダーに被せる、三日月形の追加のボディパーツのこと。 何のためにボディの全幅を広げるかというと.…

続きを読む...

エアバッグ付きハンドルをエアバッグなしの社外品に交換しても大丈夫?

警告灯の対策や保険の確認などを行えば問題ない  昔、愛車のハンドルを社外製3本スポークに交換して車内のドレスアップをしたことはないだろうか。現在はエアバッグ付きのハンドルのため交換する人が減ってしまった。しかし、結論から.…

続きを読む...

【マツダだけじゃない】こんなにある今日本で買えるディーゼル車まとめ 

軽油の安さを考えれば長距離が多いユーザーはメリット大  マツダが2012年2月に発売した先代CX-5が火付け役となり、クリーンディーゼルと呼ばれるガソリンエンジン並の排ガスのクリーン度を持つディーゼルエンジン搭載車の普及...

続きを読む...

【疑問】クルマのエンジンは水がかかっても大丈夫?

じつはエンジン本体になら水がかかっても問題ない  エンジンに水がかかると非常に良くない気はする。だからこそ、ボンネットという密閉空間に収められているのだろうと想像できるし、悪いと思うのが普通だろう。  しかし、エンジン単.…

続きを読む...

【今さら聞けない】ブレーキを踏んだときの「キィー」という音の正体は?

今まで鳴らなかった音が出て収まらないなら要点検  ブレーキを踏んだ時に、キィーという異音が出ることがある。この異音は「鳴き」と呼ばれるが、その主な原因は下記のとおり。 ①ブレーキパッドが減ってきた場合  ブレーキローター...

続きを読む...

ウィークリーランキング

  1. 一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    一度経験すると付いていないクルマに乗れなくなるほど便利な装備11選

    愛車選びの参考にすべき「必須」装備はこれ! 仕事柄、さまざまな新車に試...

  2. 巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    巨大メーカーでも計算違い? 姿を消した一発屋のトヨタ車7選

    クセが強すぎて1代で終わってしまったクルマも存在 クルマの系譜というの...

  3. 3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    3列シート+スライドドアでもダメ! 人気ジャンルなのに売れないミニバン5選とその理由

    5ナンバーサイズで全高1700mmオーバーが好調だ 今日のクルマの売れ...

  4. 悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    悪燃費ゆえの巨大胃袋!? バカでかいガソリンタンク容量をもつ国産乗用車4選

    空の状態から満タンで軽く1万円以上になるモデルたち 先日燃料タンクが車...

  5. この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    この3列目は使えない! 6人以上で乗るなら選ばないほうがいいミニバン&SUV5選

    椅子はあるけれど日常的に座ることは厳しい! ミニバンだけでなく、最近は...

  6. 「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    「トナラー」以外にもあった! 最近のドライバーの理解しがたい習性3選

    サンバイザーは下げた状態がスタンダード!? トナラーについての拙稿への...

  7. 若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    若者のクルマ離れ……って言われても買えないんじゃ! 新車の高額化が止まらないワケ

    走りや安全性の追求が車両価格を上げる 最近、よく耳にするのが、「最近の...

  8. 10万円以下で中古車を販売しても利益が出るカラクリとは

    10万円以下で中古車を販売しても利益が出るカラクリとは

    本体価格だけでなく納車整備や手数料などで利益が出る 中古車情報サイトな...

  9. 【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

    当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車! 最近は旧車ブームと...

  10. 修理ばかりで乗れない……じゃない! 維持費のかからない気軽に楽しめる旧車5選

    修理ばかりで乗れない……じゃない! 維持費のかからない気軽に楽しめる旧車5選

    基本的なメンテナンスのみで乗れる旧車もある! 今のクルマはいいけど、な...