【東京オートサロン】ロータスはエヴォーラ400&SGT-EVORAなど展示

【東京オートサロン】ロータスはエヴォーラ400&SGT-EVORAなど展示

2015年に発売されたエヴォーラ400のほか、人気キャンギャルも登場!

 ライトウェイトスポーツカーの代名詞ロータスが2016年1⽉15⽇(⾦)から17⽇(⽇)の3⽇間で行われる東京オートサロンに出展する。エルシーアイ株式会社は、千葉県美浜区にある幕張メッセで開催される東京オートサロンに「EVORA 400」、「SGT-EVORA」、「LCJ-EXIGE S」の3台を出展する。

【関連記事】一見「バカっ速」! 乗ると「遅い」! 想像より「ローパワー」なスポーツモデル4選

WT1_0790

 ロータス史上最速のロードゴーイングカーのエヴォーラ400は、2015年11月に日本に上陸したばかりだ。エヴォーラ400は、最高時速300km/hを可能にしたスーパーカーを視野に入れたモデルだ。ポルシェ911を直接のライバルとしているだけに今後も目が離せないモデルとなる。関東エリアでは、初の一般公開となる。04

 2015年よりスーパーGT300シリーズに参戦しているSGT-EVORA。 マザーシャーシという専用のモノコックを採用しシーズン中、2回のポールポジションを獲得した。

 LCJ-EXIGE Sは、ロータス車両によるナンバー付ワンメークレースシリーズ。V型6気筒スーパーチャージャーエンジンを搭載したエキシージSをベースに、LCJ指定のJAF安全装備パッケージ等の架装が施されている。2015シーズンは、Classの最速モデルとして人気を集め、注目されているマシンである。0019

 また、ロータスブースではコンパニオンに水谷 望愛/華ちゃんを呼ぶほか、SGT-EVORAオリジナルTシャツの販売も予定している。サイズは各S/M/Lで3000円となっている。

 [関連記事]

ポルシェ911 が仮想敵の新型ロータス・エヴォーラを性能分析

550台のロータスが富士に集結したJAPAN LOTUS DAY 2015

スポーツカーの原点を追求したエヴォーラS

画像ギャラリー