【東京オートサロン】ブリヂストンブースではモータースポーツ体験ができる

【東京オートサロン】ブリヂストンブースではモータースポーツ体験ができる

RE71Rを装着したレクサスLF-AやGT-Rなどを展示

「最高の走りの歓び」を足元から支えていく、株式会社ブリヂストンは、2016年1月15日(金)から17日(日)の3日間、千葉県にある幕張メッセ(千葉市)で開催される東京オートサロン2016に出展する。
ブリジストンブースでは、国内外におけるさまざまなモータースポーツ活動や「POTENZA」の魅力を感じることが出来るので、ぜひとも訪れて頂きたい。

【関連記事】関係性はドコに? タイヤメーカーがゴルフギアを手がけるワケ

2016010801

POTENZA/モータースポーツ 展示
「POTENZA RACING TIRE」を装着したSUPER GT500クラスの「AUTOBACS RACING TEAM AGURI」のマシンや「POTENZA S001」を新車から装着する「LEXUS LFA」、また「POTENZA RE-71R」を装着した「日産GT-R」などを展示する。さらに、「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」を舞台にした映像をブースで上映し、モータースポーツ活動を紹介する。

メインステージ トークショー
人とタイヤが一体になり、最高のドライビングパフォーマンスを発揮する「Zone(アスリートが極限の集中力を発揮したときに到達する極限の状態)」をテーマに、「Indy Carシリーズ」、「SUPER GT」、「ニュルブルクリンク24時間耐久レース」、「GAZOO Racing 86/BRZ Race」、「ジムカーナ」の参戦ドライバーなど、数多くのゲストを招いたトークショーを開催する。

Zone体感コーナー
レーシングドライバーが体験している「Zone」を、アメリカ最高峰のフォーミュラカーレース「IndyCarシリーズ」で活躍する佐藤琢磨選手のオンボード映像とナレーションを通じて、疑似体験をすることができる。

[関連記事]

[自動車博物館探訪]F1とル・マンを制したフランスの名門マトラ:レース編①

スポーツカーレース創世記のレーシングカー[フェラーリ/ポルシェ/ジャガー/ベンツ/マセラティ]

ル・マンに挑んだ日本の勇敢なチャレンジャーたち[トヨタ/日産/マツダ]

画像ギャラリー