【デトロイトショー2016】 ポルシェ991型911ターボついに登場

【デトロイトショー2016】 ポルシェ991型911ターボついに登場

ポルシェ初の0-100km/h2秒台、最高速330km/hを実現!

 ポルシェ911シリーズの最高峰モデル、911ターボ、そして911ターボSのクーペおよびカブリオレが、北米国際オートショー2016(North American International Auto Show 2016、通称:デトロイトショー)でお披露目された。

【関連記事】「国境」どころか「大陸」を越えた兄弟も! キャラや見た目が違いすぎる「プラットフォーム共用」のクルマ5組10台!

911新形状のサイドエアブレード付フロントエンドと細長いダブルフィレット付LEDフロントライト、そしてセンターエアインテークのフィンとともによりワイドなイメージを与えるフロントフェイスとなった。また、ホイールは、911ターボがホイールサイズが前後とも0.5インチずつワイドになり、911ターボSと同サイズとなった。ドアハンドルは、カレラ同様にプラスチック製シェルインサートが廃止されている。リアも911カレラシリーズ同様4灯のブレーキライトとオーラ風の照明を備えた3Dリアライトとなる。リアのエグゾーストシステム用アウトレット開口部とデュアルテールパイプも見直され、リアリッドグリルは、垂直ルーバーを備えた左右セクションと、吸気を最適化するセパレートカバーを備えたセンターセクションの3つのコンポーネントで構成されている。

 搭載するツインターボエンジンの最高出力はそれぞれ先代モデルを15kW(20ps)上回り、911ターボが397kW(540ps)、911ターボSが 427kW(580ps)となった。その引き上げられたパワーによって加速力と最高速度がさらに向上。0→100km/h加速タイムはともに先代を0.2 秒上回り、ターボクーペの3.0秒、そして911ターボSは、ついに911シリーズ初となる2秒台に突入した2.9秒となった。最高速度は 330km/h(911ターボS)で12km/h増(911ターボは320km/hで5km/h増)となっている。燃費性能も噴射圧を高めエアフローを改 善したことで向上し、クーペの複合燃費(NEDC)で9.1L/100km(=10.99km/L)、コンバーチブルの燃費は9.3L /100km(=10.75km/L)となり100km当たりの燃料消費量が0.6L少なくなる計算である。

 新しいダイナミックブースト機能はパーシャルスロットル時に過給圧を維持し、コーナーを脱出するときなどのエンジンレスポンスを向上。また、標準装備のスポーツクロノパッケージには、新しい機能であるスポーツレスポンススイッチがステアリングのモードスイッチに用意される。これは、追い越し時などにスイッチを押すと、エンジンとトランスミッションのレスポンスが最高レベルになるように設定されるものである。

 インテリアでは、簡単な操作ができるオンライナビゲーションと最新式タッチスクリーン付ポルシェ・コミュニケーションマネージメントシステムが採用されている。これには、リアルタイム交通情報、GoogleEarthおよびGoogleStreetViewが含まれる、としている。

911turbo06すでに、約ひと月半前の2015年12月から日本国内での価格も発表され、予約も受け付けている。

ポルシェ公式ホームページ

 [関連記事]

混迷と変貌のポスト・グループC(1993-2011)

[自動車博物館探訪]ドイツ・シュトゥットガルトのポルシェ博物館:レーシングマシン②

画像ギャラリー