【デトロイトショー2016】FCAはフィアット124スパイダーを展示

【デトロイトショー2016】FCAはフィアット124スパイダーを展示

アバルト仕様の124スパイダーの登場に期待

 2015年のロサンゼルスショーで初公開されたマツダ・ロードスターをベースに製作されたフィアット124スパイダー。2016年1月11日より開催となったデトロイトショー(北米国際オートショー2016(North American International Auto Show 2016)で展示がされた。124Spider03124スパイダーのインテリアは、マツダ・ロードスターとの兄弟車であることを隠さずに、ステアリングホイール中央の「FIAT」エンブレムを除くと、ロードスターと同様である。

 今回、展示された「PRIMA EDIZIONE」は、専用のダイナミックブルーマイカのボディカラーを採用している。初代124のように海辺が似合うボディカラーや、デトロイトに展示をしたことからも北米での販売に力を入れていくのではないだろうか?

 [関連記事]

懐かしいグループ4前夜のラリーカー(1961~1982年)[ランチア/フィアット/ルノー]

フィアット500が可愛さと機能倍増で1月23日に発売!

フィアット・パンダに待望のマニュアルミッション限定車が登場!

画像ギャラリー