ニュル仕込みの「86 GRMN」はトヨタの本気度合いが別格!

ニュル仕込みの「86 GRMN」はトヨタの本気度合いが別格!

GAZOO Racingの魂とノウハウを結集したスペシャル仕様86

 TOYOTA GAZOO Racingが作り上げた86は、見た目はもちろん中身も“走り”にとことんこだわった逸品だ。トヨタのコンプリートカーブランドである『GRMN』のなかでも、ニュルブリンクとの繋がりを強く感じさせてくれる1台だ。

【関連記事】大人気「ゆえに」ヤリスクロスを勧められない! カローラクロス導入予定で悩むディーラーの現場

86_01

 2016年のオートサロンでもトヨタ86がスポーツカーカスタムの主役であることを強く印象づけていた。事実、各社ともに86をカスタマイズしたデモカーを出展し、クルマのポテンシャルはもとより、86がカスタマイズベースとして魅力と可能性を秘めていることをアピール。
そんななか、まさに“本家”ともいうべきトヨタブースでは、ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦で得た知見を活かして作り上げた86“GRMN”を出展。発売は2月1日に予定され、全国限定抽選100台(応募は2016年1月22日まで)というプレミアム感と相まって他の86とは明らかに異なる雰囲気を醸し出していた。

 


車両価格は648万円。ベースモデルの車両価格(248万8909円~317万3237円)を考慮すると相当なプライスアップとなっている。それもそのはず。吸排気系変更に加え、エンジン内部パーツも変更して低フリクション化し、エンジンのレスポンスを向上。エンジンの性能を最大限に引き出すべく、トランスミッションはギヤ比をクロスレシオさせた6速MTを組み合わせている。

 


外装はエンジンフードおよびトランクリッドとルーフパネルをCFRP素材とし、ポリカーボネート製のリヤウインドウ、クォーターウインドウを採用することによって軽量化を図る。同時に補強材追加によるボディ剛性向上とともに、サスペンションの専用チューニング、前後異径タイヤ採用、ブレーキ性能を強化するなど、走りに関するカスタムは一切の手抜きナシ。生産も専用ラインを使い「匠」の技能を有する職人が組み上げるという。文字通りスペシャルなクルマであることはいうまでもなく。600万円超の車両価格は相当に買い得だといえるだろう。

86GRMN公式ホームページ

 [関連記事]

トヨタ86GRMN(コンセプトカー)を銀座でいち早く観察可能!

[速攻インプレ]ガズーレーシングの最新コンプリートカー86GRMN試乗!

【ニュル24hレース特集】ニュルの86GRMN Prototypeをドイツ初公開

86のことなら間違いなくココ!

画像ギャラリー