軽自動車に革命!? おもわず乗り換えたくなるコペンのシューティングブレーク

軽自動車に革命!? おもわず乗り換えたくなるコペンのシューティングブレーク

コンセプトもネーミングをワゴンにしないのもセンスよし

「ワゴンじゃなくてシューティングブレーク!」と気取って言いたくなるようなモデルが、コペン ローブ シューティングブレーク コンセプト。コペンに実用的に変えるという発想がかなりのブレイクスルーだshootingbrake_01オープンカーのコペンをワゴンにしてしまうという大胆な発想で作られたのが、コペン ローブ シューティングブレーク コンセプトだ。ふたり乗りの軽オープンスポーツゆえに荷物を置くスペースがほとんどない、ということで、興味はあっても手にすることが叶わないというユーザーも決して少なくない。コペン ローブ シューティングブレーク コンセプトなら日常的なシーンはもちろん、旅行に出かけるといった使い方にも十分対応できるはずだ。shootingbrake_03デザインテーマは「クール&ジェントル」。電動オープン機構ではなく、専用のデタッチャブルハードトップを装着しているというが、それでも手の込んだことをしているのは一目瞭然。ルーフの後端からテールゲートにかけて違和感なく取り付けるために、ピラーやリヤフェンダーなども作り替えている。コンセプトモデルだから、こんな大がかりなことができるのか、と思いきや、専用デタッチャブルハードトップは市販化が予定されているとのこと。もちろん、市場の評判次第だがシューティングブレイク仕様のコペンが販売される可能性は大いにある。shootingbrake_02
着せ替えができる、というのをウリに登場したコペンのドレスフォーメーションが本格的に動き出したことを強くアピールしていた。

ダイハツ公式ホームページ

 [関連記事]

[エコカー選び]人気ハイブリット中古車の魅力と誘惑

[ライバル比較]軽自動車6台! 1000kmツーリングで分かった真実

ワークスチューン一気乗り[スポーツカー編](STI/無限/NISMO)

画像ギャラリー