ボディにあしらった赤いラインがNISMOの証

ボディにあしらった赤いラインがNISMOの証

ミニバンやSUVも走行性能を飛躍的に向上させる

 ニスモの手にかかればミニバンやSUVもスポーティなフィーリングがプラスできる。動力性能、足まわり、さらに空力性能。これらすべてを別次元へと進化させるのがNISMOパフォーマンスパッケージなのだ。nismo_01

 NISMO(ニスモ)といえば、日産のモータースポーツ部門として世界的にも知られており、市販車にもレースで得たノウハウを活かして作り上げたパーツをリリースするなど、日産車のカスタム&チューニングでは欠かせないブランドとなっている。そのニスモがスポーツカーのみならず、ミニバンやコンパクトカー、SUV用のNISMOパフォーマンスパッケージをラインアップ。日産ブースの目玉として注目を集めていた。

 GT-R、ノート、セレナ、エクストレイルの4台は、どれもハイレベルな空力性能と迫力あるスタイリングを両立したエクステリアパーツが装備され、動力性能はハンドリング性能などを高次元でバランスさせるスポーツパッケージが備えられている。もちろん車種ごとの特性を踏まえ、キャラクターに合ったカスタムとなっているのは言わずもがないである。nismo_08
NISSAN GT-R NISMO NISMO N Attack Packageは、ワークス直系であることをあらゆる部分で実感できるスーパースポーツに仕上がっている。スタイルはもちろん、中身もレーシングカー譲りで、その究極ともいえる性能は公道最強と言っても過言ではないだろう。まさにニスモブランドの旗艦ともいうべきモデルだ。

 


スポーツカー好きだけに止まらず、ニスモの存在をさらに拡大させる役割を担うのがノートNISMO S NISMO SPORTSだ。ノート NISMO Sをベースに、本格的なサーキット走行を楽しむためのパーツをふんだんに採用。サスペンションやブレーキ、駆動系パーツが装備される。
ミニバンでも走りにこだわりたいユーザーに向けての提案がセレナ NISMO Performance Package。モデル末期ながらいまだ好調な販売を続けているセレナだが、人気車種ゆえに他人と同じになる可能性が高い。ダイナミックなエクステリアは他車との差別化に有効で、もちろん走りも高いレベルにある。ファミリーカーでスポーツ性を追求すると快適性が犠牲になるケースは多いが、家族も納得の乗り味を実現し、使い勝手にも影響はない。これなら奥様も納得してくれるのではないだろうか。nismo_05
エクストレイル NISMO Performance Packageも見た目はスポーティ色が強調されている。空力性能も考慮したエクステリアパーツにより、高速走行時の安定性は抜群だ。

 


こうした多種多様なニーズに合わせたカスタムができるのも、ニスモが豊富なノウハウを有しているからだといえるだろう。

 [関連記事]

[デトロイトショー2016]インフィニティQ60スポーツ登場!

[写真まとめ]スカイライン&GT-Rが300台以上集まり大運動会!

[物欲刺激]デスクに飾りたくなる日産のスマホスタンド

画像ギャラリー