初めからあれもこれも装着されているオーテックパーツのお得感が魅力

初めからあれもこれも装着されているオーテックパーツのお得感が魅力

クルマのキャラを考慮したカスタムのメソッドに注目

 クルマによってカスタムの手法はさまざまだ。どんなパーツをチョイスするかも悩みどころ。そこでオススメなのがオーテックジャパンが手がけたスペシャルモデル。トータルでコーディネイトされた質の高さもウリだ。

【関連記事】日産リーフが仕様変更を実施! 新ボディカラーの追加や抗菌シート&ステアリングを一部グレードに採用

autech_01

 オーテックジャパンが手がけるスペシャルモデルも展示されていた。各車ともエクステリアを中心としたカスタマイズとなるが、エルグランド Rider HIGH PERFORMANCE SPEC Black Lineのように専用チューニングコンピューターを採用して、最高出力や最大トルクを引き上げるなど走行性能を追求したモデルもある。こちらはディーラーで購入できる。

 


リーフ aero styleも専用のエアロパーツを装着し、室内もモダンホワイトレザーシートを特別装備され、リーフにスポーティイメージを付加している。autech_06
シルフィ S Touringとエクストレイル Mode Premierは内外装に特別装備を加えて洗練度をアップ。デイズに設定されたBoleroはエレガントさを、Riderはスタイリッシュなイメージに仕上げられている。
好みのパーツを選んで自分流にカスタマイズするのも楽しいが、さまざまなパーツが初めから装着されているモデルならではの完成度は、所有する満足感を高めてくれるはずだ。もちろんお得感も得られるなど、いいこと尽くめなのである。

 [関連記事]

[デトロイトショー2016]インフィニティQ60スポーツ登場!

[写真まとめ]スカイライン&GT-Rが300台以上集まり大運動会!

[物欲刺激]デスクに飾りたくなる日産のスマホスタンド

画像ギャラリー