【ムービー】ホンダS660は抜群の運動性能の高さを筑波コース1000で発揮!

【ムービー】ホンダS660は抜群の運動性能の高さを筑波コース1000で発揮!

コーナーリングスピードが圧倒的に速いのが特徴

 軽スポーツカーの楽しさを再確認させてくれたのがホンダS660だ。2シーターミッドシップレイアウトで後輪駆動という優立性を持つものの、830kgという車両重量はアルト勢の670kgに対してどれほどのディスアドバンテージとなるのか、早速全開チェックを行った。WEB CARTOP

 路面に手が届きそうな着座位置はサーキット走行では安定につながる。1コーナーに飛び込む瞬間から高いコーナーリングスピードを得ることが出来る。車重は重いので、速度の伸びはアルト勢に及ばないものの、高速で飛び込むコーナリングスピードの速さはダントツだ。限界は非常に高いため、どんどん攻め込んでいけるので病み付きになる。WEB CARTOP

 ブレーキも強力で他の軽スポーツと比べても唯一4輪ディスクブレーキを装着している。筑波コース1000のシケインから最終コーナーにかけて旋回遠心力を上手く利用すると、レーシングカーに匹敵するほどの運動性能を発揮し。ラップタイムは46秒212と軽スポーツ最速の実力を見せてくれた。

軽を越えたリアルスポーツ!

車種名ホンダS660
全長×全幅×全高(mm)
3395×1475×1180
ホイールベース(mm)
2285
車両重量(kg)
830
エンジン種類直列3気筒DOHCターボ
総排気量(cc)
658
最高出力 kW<PS>/rpm
47<64>/6000
最大トルク Nm<kg・m>/rpm
104<10.6>/2600
トランスミッション6速MT
JC08モード燃費(km/L)
駆動方式
MR
価格(消費税込み)\2.180.000

 [関連記事]

画像ギャラリー