大人気のスズキ・アルトワークスはFFと4WDのどちらが買い!?

大人気のスズキ・アルトワークスはFFと4WDのどちらが買い!?

FFと4WDの購入差額は10万8000円と悩むところ…

 わずか670kgの車重に、64馬力の「走りを磨きあげた硬派なホットハッチ」、新型スズキ・アルトワークス。興味関心のある人も多いはずなので、WEB CT取材班が実際の購入に役立ちそうなシミュレーションを行ってみたので参考にして頂きたい。WEB CARTOP

駆動方式で車重が50キロも変わってしまう

 アルトワークス最大の武器は、670kgの軽量ボディ。これはFFの5MTの車重であり、4WDになると50kgのプラスになる。車両価格も10万8000円(FFアルトワークス:150万9840円 4WDアルトワークス:161万7840円)の違いがあり、さらに燃費もJC08モードで、FFの5MTが、23.0km/L、AGSが23.6km/Lで、エコカー減税(減税率=取得税20%、重量税25%)対象となるのに、4WDは、それぞれ1km/Lのビハインドがある。WEB CARTOP

 これらのファクターを考えると、雪国以外の人は、迷わずFFでいいのではないだろうか。

トランスミッションは5MTがマル。

 次は、トランスミッションの選択。新型アルトワークスには、5MTとAGSの二種類の設定があるが、アルトターボRSが登場したときから、「5MT仕様があれば……」と、アルトワークスの登場を待ちわびていた人は、躊躇なく5MTで決まりだろう。WEB CARTOP

 とはいえ、AGS車には、5MTにはつかない、下記の装備が付くので、見逃せない。

・アイドリングストップシステム

・レーダーブレーキサポート

・誤発進抑制機能

・エマージェンシーストップシグナル

・ヒールホールドコントロール

・エコクール

・パドルシフト

・シフトインジケーター

  

安全デバイスを重視するならAGSを選択

 これらの先進の安全デバイスを重視するなら、AGS仕様というチョイスも当然ありだろう。もし、AGS車で大丈夫であれば、FFで22万9400円、4WDで26万4160円安い、アルトターボRSの存在も気になってくる。

 どちらも最高出力は同じだし(トルクは2Nm、アルトワークスの方が上)、車重も変わらない。ただし、アルトワークスにはレカロシートや専用アルミホイールなどの装備が付く。WEB CARTOP

最終的な問題は、予算次第となるが……

 非常に悩ましいが、この価格差をどう考えるかは、人それぞれだ。結果的に見ると、雪国じゃない地域ではFF、そうある地域は4WDというのが、まとめである。

 まずは、見積もりシミュレーションの表を見ながら、じっくり考えていただきたい。
詳しくは、スズキ公式サイト・アルトワークス見積もりシミュレーションを参照。WEB CARTOP

 また、月々の支払いを押さえたい人は、スズキファイナンスの残価設定クレジット「かえるプラン」がおすすめだ。

画像ギャラリー