FRスポーツカー2台への期待のボルテージは大阪オートメッセでマックスに!?

FRスポーツカー2台への期待のボルテージは大阪オートメッセでマックスに!?

TOYOTA GAZOO Racingに飾られた[SF-R][FT-1]は関西でも抜群の注目度!

 2015年の東京モーターショー、オートサロン、そして大阪オートメッセにもスポーツカーファンがその登場を待ち望むフロントエンジン・リア駆動のFRマシンであるFT-1、S-FRがお披露目された。時期こそ未定ながら、市販化に向けた期待のボルテージは、この大阪でマックスになったはずだ。WEB CARTOP

 ショーに出展されるたびに、多くのクルマ好きが「いつ出るの?」「出たら絶対に手に入れたい」と話題にあがるFT-1とS-FR。大阪オートメッセのトヨタブースでもこの2台への注目度は高く、86に次ぐトヨタ製スポーツカーに向けた来場者の視線はかなり熱を帯びていた。WEB CARTOP

 次期スープラと目されているFT-1は、曲線美を強調したスポーツカーらしいフォルムを特徴としている。ロングノーズ&ショートデッキのスタイルは、往年の名車「トヨタ 2000GT」を彷彿とさせる。ダイナミックな吸排気口やフェンダーまわりのデザインはいわゆるショーカー然としたものといえるが、かつて86が「FT-86」というネーミングのコンセプトモデルのスタイルをそのまま市販化したことを鑑みると、FT-1の大胆な造形もあながち非現実的なものではないと思わせてくれる。WEB CARTOPそもそもデザインコンセプトであるがゆえに、スペックの詳細はいまだ明らかになっていないが、FT=「Future Toyota」、頂点を意味する「1」を意味する車名からは、トヨタの本気が十分に垣間見られる。WEB CARTOP

 もう一台、本気で市販化して欲しい!と熱望するファンが多数存在するのがS-FRだ。2015年の東京モーターショーで初お披露目されたライトウェイトスポーツは、東京モーターショーで発表された「S-FR」は、コンセプトカーとして出展されたモデルだが、あえて量産型に近い形に作り上げていたことで、市販化確実かと思われていた。WEB CARTOPしかし、「世の中の反響や後押しが必要」というトヨタの見解に肩すかしされた思いのユーザーも決して少なくなかったはずだ。大阪オートメッセに現れた「S-FR Racing Concept」は、サーキット走行を視野にいれたS-FRのカスタマイズコンセプトであり、S-FRの楽しみ方を提案したものとなっている。WEB CARTOP

 S660、ロードスターといったスポーツモデルが注目を集め、大阪オートメッセではこれらをベースにしたカスタマイズカーが数多く出展されていた。そのなかにあってトヨタが提案する二台は単なるコンセプトモデルではないと信じたい。そう願い「もう寸止めはやめて!」と願うスポーツカー好きは決して少なくないはずだ。

トヨタがズーレーシング公式ホームページ

画像ギャラリー