2016年4月から首都高の料金体系が変更、実質値上げか!?

2016年4月から首都高の料金体系が変更、実質値上げか!?

普通車の現金払いと上限料金は930円から1300円へ大幅アップ

DSC_0405首都圏で、首都高を使っている自動車ユーザーならば、首都高の料金所などで「2016年4月から新料金体系になる」といった内容の表示が出ているのに気付いているのではないだろうか。そう、首都高は新たな料金体系に移行する予定なのだ。変更内容は大きく2つある。

WEB CARTOP1つ目は車種区分の変更だ。現在は、普通車(二輪、軽自動車、中型車含む)と大型車(大型車、特大車)の2車種区分となっているが、新体系では二輪&軽自動車、普通車、中型車、大型車、特大車の5車種区分となる。

それに伴い、それぞれの料金額が設定される。現金払いではETC通行での上限額を支払うというのは変わらないが、それぞれの車種区分における金額は次のようになる予定だ。

新料金体系による現金払い料金

軽・二輪 1070円

普通車 1300円

中型車 1380円

大型車 2040円

特大車 2600円

現在、普通車の通行料金の上限は930円である。それが1300円になるのだから大幅な料金アップということになる。WEB CARTOP

なお、ETCの料金は、「0.1km毎の料金距離に応じて10円単位で加算される料金体系」となる。そのため、普通車における下限は現行の510円から300円に下げられているので、ケースによって値下げになるルートもありえるが、全体としては値上げといえよう。WEB CARTOP

新料金体系によるETC料金(下限-上限)

軽・二輪 270円-1070円

普通車 300円-1300円

中型車 310円-1380円

大型車 390円-2040円

特大車 460円-2600円

画像ギャラリー