【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

【お宝】もしも車庫に眠っていれば高値が付く超人気の中古車4選

当時は「普通」のクルマでも今ならファン垂涎の名車!

 最近は旧車ブームとも言える状態で、昔は手頃な価格で取引されていた車種がビックリするような値札で店頭に並べられているのを見て、驚いた経験がある人も多いだろう。しかし、アラフォー世代から見ればまだまだ最近のクルマに思える車種であっても、最近免許を取得した若いユーザーから見れば間違いなく旧車。なぜならすでに今年は平成28年。昭和を知らない平成生まれ世代ですらアラサーとなる時代なのだ。

056B2045

 ということで、今回は昔は手頃な価格だったのに、今は高値で取引されている車種をご紹介。ここに登場したクルマが車庫で眠っているような方がいれば、すぐさま専門店に査定を依頼してみよう。

 ちなみに、アメリカでは「バーンファインド “BARN(納屋)でFIND(見つける)”」という言葉が存在し、専用のTV番組やサイトも存在するほどだ。

  

●トヨタ・カローラレビン/スプリンタートレノ(AE86)

 言わずと知れた元祖「ハチロク」。90年代中盤までのハチロクと言えば、手頃な価格で買えるFR車で、モータースポーツでも活躍していたことから、アフターパーツも豊富なドラテクを磨くのに最適というクルマだった。車両価格もあってないようなもので、先輩や友人から数万円で譲ってもらうなんてこともザラ。WEB CARTOP

 しかし、漫画「頭文字D(イニシャルD)」の人気と共に中古車価格も右肩上がり! 連載が終了した現在でもその人気は健在だ。フルノーマルの低走行車は300万近いプライスタグが付けられている状況。なお、AE86の程度の良い個体が減少しているため、SOHCエンジンを搭載するAE85もベース車として高値で取引されている。

056B2040

●いすゞ・117クーペ

 カロッツェリア・ギア在籍時代のジョルジェット・ジウジアーロがデザインを担当した美しいボディが特徴のいすゞの117クーペ。WEB CARTOP

 1968年のデビューから72年まではセミ・ハンドメイドで入念に仕上げられたボディをまとっていたため、セミ・ハンドメイドモデルのみが珍重され、その後のモデルは安価であった時代が長く続いたが、現在では中期のプレス成型モデルや後期の角目ライトモデルにもスポットが当たるようになってきている。

オーナーズミーティング113

 総生産台数は決して多くないものの、1981年まで商品改良を重ねながら生産が続けられていたこともあり、程度良好な高年式車が存在する可能性も高い車種だ。

●ホンダ・CR-X(EF8)

 ホンダのコンパクトカー、シビックをベースにさらにホイールベースを短縮してコンパクトに仕上げたのがCR-Xである。そのショートホイールベースの機敏さと軽量コンパクトなボディを生かしてモータースポーツでも活躍を見せていたが、じつはセカンドカーや女性ユーザーからの支持も一定数あったのが同車なのだ。WEB CARTOPモータースポーツやスポーツ走行で荒く使用された車両は姿を消しつつあるが、スピードと無縁のデイリーユースで使われているCR-Xであれば、奇跡のコンディションで現存している可能性も捨てきれない。人気の中心はもちろん160馬力を発生するVTECエンジン搭載のSiRだが、ベーシックな1.5リッターモデルでも比較的高値で取引されているのが現状だ。

crx

●トヨタ・マークⅡ チェイサー クレスタ(70系)

 読者の中には子供の頃、家のクルマがマークⅡ三兄弟だったという方も多くいるのではないだろうか? そんなどこにでもいたクルマも今や驚くような価格で取引されている。当時は、親から譲り受けたオヤジセダンをなんとかカッコよく見せるためにムリヤリシャコタンにしてみたり、直管マフラーで爆音を奏でてみたり、そして最後は屋根をぶった切られて初日の出暴走……なんてヤンチャなお兄さん御用達クルマだったのに……。WEB CARTOP

 今では、当時のようにヤンチャな見た目だが普段も乗れるようにキッチリ仕上げてあったり、フルノーマルでバリっと乗ったりと楽しみ方もさまざま。昔乗ってたけど、車検が切れてそのまま庭に置いてある。そんなクルマにも値段が付く時代となった。

●番外編 ワンボックスカー

 今の若者に人気の車種と言えば、スポーツカーでも高級セダンでもなく、ミニバン。こんな日がくるとは80年代には想像もつかなかったことだろう。そもそもミニバンという言葉がなかった時代。当時はすべて「ワンボックスカー」とひとくくりにされていたのだ。そして、ワンボックスカーは、どちらかというと大人数をまとめて運びたい人向けの乗り物で、現場に向かう職人さんや旅館の送迎用車両というイメージが主だった。WEB CARTOP

 そんな働くクルマだったワンボックスカーは、役目を終えるとその大柄のボディを生かし、倉庫として余生を送るのが常。敷地の片隅や畑の片隅でひっそりと佇む姿を見たことがあるだろう。しかし、にわかに旧車ブームが再燃してくると、「大人数が乗れる」ということを隠れ蓑にして家族の了承を取り付けるユーザーが増えてきた。中には本当に倉庫から路上復帰を果たした車両もあるというから驚きだ。

 このように、もはや無価値のように思われる古いクルマも、時代の流れとともに価値のあるものへと変貌している可能性もある。もし、あなたの周りにそのようなクルマがあったら、一度専門店に問い合わせてみてはいかがだろうか。思わぬ臨時収入になるかもしれない。

  

画像ギャラリー