スバルの命! 水平対向エンジン50周年記念車の第1弾を発表

スバルの命! 水平対向エンジン50周年記念車の第1弾を発表

クロスオーバーSUVのXVに特別装備をプラスしてお買い得に

「BOXER(ボクサー)エンジン」と呼ばれる水平対向エンジン、そして「シンメトリカルAWD」と名付けられた4WDシステムがスバル車のアイデンティティである。その水平対向エンジンが初めて搭載されたモデルは、1966年5月14日に発売された「スバル1000」。つまり2016年で水平対向エンジン生誕50周年ということになる。

webcartopスバル10002
それを記念した特別記念車の第1弾、「スバルXV 2.0i EyeSight Proud Edition(XV 2.0iアイサイト・プラウド・エディション」が発表された。

XV16501
ベースとなるのはクロスオーバーSUVの「スバルXV 2.0i EyeSight」。これに特別装備として

・メッキ加飾付ピアノブラック調フロントグリル
・ブラックカラードドアミラー
・HIDロービームランプ
・運転席&助手席8ウェイパワーシート
・キーレスアクセス&プッシュスタート
・クリアビューパック(フロントワイパーデアイサー、ヒーテッドドアミラー、撥水加工フロントドアガラス)

 が採用される。ベース車のXV 2.0i EyeSightが239.76万円であるのに対し、この特別仕様車、XV 2.0i EyeSight Proud Editionは246.24万円とわずか6.48万円高! 装備を考えれば間違いなくお買い得な1台といえる。発売は5月31日だ。

XV spec Sheet1

画像ギャラリー