EVレース第2戦にトヨタMIRAIが挑戦するも優勝の夢は果たせず! (1/2ページ)

初開催となるスパ西浦で熱く静かなバトルが繰り広げられた

 JEVRA(全日本電気自動車グランプリ)シリーズの第2戦が開催された。今回の開催地は、愛知県にあるスパ西浦モーターパーク。このEVレースシリーズ初の中部圏での開催であり、一部のドライバーを除き、その多くが初めて走行するというコースである。

【関連記事】[動画]トヨタMIRAI(FCV・燃料電池車)が走った!

Jevra21周わずか1561mのコースに3つものタイトコーナーを持つレイアウト、そして一般道と同じ舗装を施された路面、そして立体交差を持つのが特徴。1コーナーから左へ下りながら左へ回り込んでいく前半セクションと、タイトコーナーが続く後半セクションをいかに電費よく走るか、が肝となる。ちなみに、JEVRAシリーズはこのコースを32周する50kmレースだ。

Jevra2KunisawaTanaka今回も2台の燃料電池車トヨタMIRAIが登場。2016シーズンの開幕戦EV-Fクラスを優勝した金井亮忠選手のNATSミライと、ドイツのWRCラリー、そして新城ラリーに参戦し、このEVレースに初挑戦となる国沢光宏選手のMIRAIがエントリーしている。この日は豊田市からも近いということで、田中主査をはじめとするMIRAIの開発スタッフも現場へ応援に駆け付けた。

Jevra2_28mira2また、FIA(国際自動車連盟) Women in motorsport commissionアジア代表委員のレーシングドライバー井原慶子さんとマツダが協力して立ち上がったプロジェクト「Mazda Women in Motorsport Project」に、2015年から参加し、今年2期目のメンバーにも残留している村里早織選手が、コンバートEVの#28 ウェルマー☆ビルズ☆EVミラで参戦する。このJEVRAシリーズにMWIMプロジェクトのメンバーが参戦するのは、これで5人目となる。

Jevra2_3986午前中に行なわれた予選では、各選手ともにコース慣れに時間を費やしたこともあって、多くのマシンが周回を重ねた。その結果、ポールポジションは、1分7秒006のタイムでトヨタ86コンバートEVの金沢秀好選手(#39 ウェルマー☆ビルズ☆FT86EV)。2番手には1分9秒482で金井選手(#72 チームNATS・日本自動車大学校・ミライ)、3番手には1分9秒630のレーサー鹿島選手(#88 東洋電産LEAF)となった。

画像ギャラリー